30代50代の転職:昇級しても少な過ぎて50歳になっても生活が苦しい

50代の転職はかなりきびしいからと

30代のうちに転職したい人

【 浄化槽屋さん40歳と話して 】

浄化槽設備の管理会社に勤務している40歳の人と
仕事や給料のことを聞きました。

中高年の転職先に、
電気や水道の設備工事や管理の仕事がいい
と言うことも聞くので、
浄化槽・設備管理会社の状況についても
知りたかったので聞いてみました。

「浄化槽管理の仕事も忙しいでしょう、給与はどうですか?」

と私が効くと

「よくないですよ」
最近若い社員が3人位辞めちゃったんですよ。

「えっ?なぜですか?」
「4月に入って昇級があったんですよ」
「よかったじゃないですか」
「それで辞めちゃったんですよ」
え?どうして・・・

上昇

・昇級したら社員が辞めた

昇給があったのに 3人も辞めちゃうって

どういうことかなあと思って
よく聞きました。

この会社は4月に昇級があって、

月1500円アップしたそうです。
今は景気がいい時期、人手不足の時期で
コンビニのバイトだって
時給1000円、1100円とどんどん上がっています。

こんなに景気がいいのに、
正社員の自分達の給与は、1500円しか上がらない。

このまま40歳、50歳になった時
自分の月給は少な過ぎないか?

将来の給与がこんな低いのかと思い
将来のことが心配になったようなのです。

20万の月給で、毎年1,500円上がって、

10年後に215,000円か?

ボーナスだって一回が、1か月分くらいだ、

こんな給与じゃ、
中高年になって生活できるわけないだろう!
こんなに良い時代でさえ
昇級が1,500円しかないんじゃ
この後景気が悪くなったらどうなるんだ。

年間2万円位しか上がらない。
十年経っても
今より年間給与が20万円しか多くならない。
40歳50歳になって
20万円台の給料じゃ食っていけない。

40代になったら。
思うような転職なんかできないだろう
50歳になったら
正社員で雇ってくれる会社なんかあるものだろうか?
と、不安になったようなのです。

それで今の若い時に転職しようと思ったらしいです。

社員7人中、30代の3人が辞めてしまったそうです。


スポンサードリンク

・募集したら来たのは50代の人

社員が3人、半分も辞めてしまったので、
その会社は社員を慌てて募集したらしいのですが、

応募に来た人は
50代後半の人達しか来ないそうです。
若い人は全然応募がなく、
50代の後半の人しか来ないそうです。

応募に来た人達は、
浄化槽の会社に勤務していた経験者や、
運送会社、建設業などで働いていた
未経験者の人達だそうです。

若い社員は、給与が安くて辞めたようですが

その安い給与で募集したのですが、
応募にきた50代後半の人達は、
その給与でもよいそうです。

なぜなら、
今働いている会社は
もっと給与が安いらしいのです。

その設備工事会社の給与よりも安かったので、
面接に来たらしいのです。

今回募集した給与ははっきりとはわかりませんが
たぶん月給20万から25万円位だと思います。

求職してきた人達の今の月給は、
手取りで十数万円しかないそうです。

・辞めた人達は、うまく転職できるだろうか?

辞めた若い社員は、
40歳50歳になった時を心配して、
こんな給与じゃやって行けない」といって辞めたのに、
応募にきた50代後半の人達は、
「今の給与よりもたくさんもらえるから」
という理由で入社面接に来たのです。
浄化槽の40代の社員も

転職してこの会社に入ってきていますし、
勤めている浄化槽の会社に
就職してくる人達も知っています。

中年の転職の厳しさを
よく知っているので続けて教えてくれました。

「あの辞めてった奴らも、将来大変かもしれませんよ」

「俺だって、こんな給与じゃ辞めたいけど、
もっと給与をくれる会社に行ったって
辛い仕事じゃ、つとまんないでしょう。
俺ももう40ですから、
そんなに仕事なんか選べないっすよ」

「みんなこんなんすっよ・・・」

スポンサードリンク

50代の転職は
建設業ではいいとか、研究の仕事をしていると
いいとか言います。
そういう良い転職ができる人もいるでしょう。

でもヘッドハンティングなどということを
雑誌などで聞きますが、
そんないい話を
私のまわりでは聞いたことがありません。

多くの50代の男の転職は、
仕事は選べないし、
給与は安い ので本当に辛いようです。

今の会社にいられるなら
食らいついてでもいた方が良いと思います。
「50代の人が後輩ですよ。
俺なんかよりも
うんと上の人に教えるのも大変っすよ。気ィ使うし」

「50で、うちの会社の初任給じゃ 辛いですよ」
「50後半で 20万ちょっとしかもらえないんじゃ・・・

嫌になっちゃいますよ」

そんなことを
浄化槽設備管理会社に勤める40歳の社員の人に
教えてもらいました。

そして私の周りの40代50代の会社員の
給与や生活ぶりを見ると
貧富の差がかなり激しい気がします。

【50代以降、貧富の差はかなり開く】

私は、夫婦でそれぞれ年収1,000万円クラスの
公務員夫婦や、学校の教員夫婦を知っています。
この人達は、老後、莫大な退職金をもらい、
一般の人よりも
多い共済年金を生涯受取り続けられます。
しかも夫婦でです。

会社に土地を貸して
地代月100万超の農民の方も知っています。
ゆとり多い人を何人も知っています。

農民の方は借りてくれる会社がある限り
月100万円超の地代収入を受け取り続けられます。
何もしなくても
毎月100万円超のお金が入ってくるなんて
夢のような話です。


これ以外の人たちは、
老後どうやって生きていけばいいのだろうか?

浄化槽管理会社を辞めていった30代の人達、
入ってきた50代後半の人達は、
これからどうなっていくんだろうか?

ひとごとではありません。
私もこれからの
自分のお金や仕事のことを考えると不安です。
50代も
かなり必死に生きていかなければならないんだなあ
と思いました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加