自分に向いている職業は何?自分に合った仕事はあるの?

【パソコンを教える業務をやってみて】

・教わる側から教える側に

ウインドウズパソコンが普及しだしてから多くの人がパソコンを操作するようになった頃、多くの人達がパソコンを習い始めました。今では学校でもパソコンの授業があるので若い人はワープロソフトも操作できます。
その時代に事務員をやっていた私は、勤め先のお客さんにウインドウズの基本的操作とワードの操作を教えに行かなければならなくなりました。
今までは何でも人に教えてもらう立場だったのですが、教える方の立場も経験しなければならなくなったのです。
一つの職場に長くいたことがないので、人に教わることばかりでした
どこに行ってもまだ後輩はできませんでしたが、
人に物ごとを教えるような業務も出てきたのです。
年齢的にも、教わる立場から教える立場に変わらなければなりません。

スポンサードリンク

【教える難しさ】

・伝わらない 伝えられない

私自身がパソコンに詳しいわけでありません。仕事でパソコンを使うようになったので、ウインドウズのテキストを読んで操作方法を覚えようと大変でした。
パソコン教室のワードの基礎講座に通い、基本操作ができるようになったら、得意先に、ウインドウズとワードの基本操作を教えに行かされました。
教える人は2,3人でいいのですが、60代以上の経営者たちです。

得意先一人一人の事務所に行って、仕事用のパソコンと得意先の経営者に教えます。
電源を入れるのも切るのも、いちいち教えなければならず、
マウス、ポインター、アイコン、クリックなど基本的なパソコン用語を教え、
「これをこっちにもってきて、左のボタンを押す」
こういうことを。一人に何回も何回も言わなければなりません。
それでも、時より専門用語のマウスとかアイコンとかが出ると「何?」と手が止まってしまい、困惑した状態になるのです。

機械いじりが好きな人は、どんどん操作して覚えていきますが、やりすぎておかしくなります。
間違いを怖がる人は、なかなか先に進みません。
私も詳しいわけでないので、変な操作をされるとわからなくなってしまいます。
教えるということは大変な仕事だと思いました。

・覚える気があるのかと思われても、苦手なことはみんなやりたくない!

教えに行くと、その時はできるのですが、
その後忘れてしまうようで、私が仕事場にいると、やり方が分からなくなったとよく電話がかかってくるのです。
一度聞いたくらいじゃ覚えられないと思うので、メモでもしてくれれば覚える気があるのかと思うのですが、それすらもせず聞いたら聞きっぱなしなのです。
ワードのアイコンをダブルクリックすれば開くとか、
シャットダウンなどはできるのですが、
ワードの操作は経験がないと、なかなか覚えられないと思います。いつもやっていれば自然に覚えていくと思いますが、機械いじりが好きでないとワープロソフトなどは操作したくないと思います。
ですから、なかなか教えた通りにできるようになってくれません。

ワードで請求書や納品書を作成しなければならなくなり、みんなパソコンを覚えるのに一生懸命でした。今までのように手書きの請求書などでもいいと思いましたが、世の中の流れに従ってパソコンは覚える必要があります。
パソコンをいじるのが好きな人はそれなりに自分で覚え、私と同じくパソコン教室に通いました。関心がない人は全然進みません。
人には それぞれ できることできないことがあると思いました。
仕事は人それぞれ向き不向きがあります

毎日やること ですから、嫌だと思ったことを毎日毎日やるのは辛いです。
私にはよくわかります。

・やったことがない業務を通じて自分の仕事を発見

人に物を教えたり伝えたりすることが自分にできるとは、全く考えていなかったのです。
伝える、教えるという職業や業務もあります。
専門的なことを学び人に伝えるという仕事も転職先の候補になりました。
私は、人に物を教えることが嫌でなさそうです。
そんな気がしました。
自分の発見ができました。♪~

今の仕事の業務の中に、人にものを教えること、説明することもあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加