威張る歯医者、そこで働く歯科衛生士。歯医者さんでの仕事事情

【十数年以上、歯科衛生士を募集している歯医者】

Y歯医者さんはかなり長いこと、求人が出ています。
地元の求人誌にも新聞の折り込み広告にも十数年以上ずっと掲載しています。

歯科衛生士と歯科助手の募集をしています。
なんでこんなにずっと募集しているのか、給与は相場のようで安いわけでもなく、
勤務時間も休日も普通だと思えました。

残業がきついのか、それとも他に何か原因があるのか、なんで人が来ないのか?
それともすぐに辞めちゃうのか?
なぜだろう。

でも、あそこに歯科医院があるということは、
これでわかるので人に知らしめる効果はあるようです。

私がよく通る道沿いにある歯医者さんだったので、気になっていました。

写真付きのイメージのいい歯科医院のように思える求人広告です。
ひらがなの歯科医院で漢字を使わず、やさしいイメージを出したり、
パステルカラーを院内や求人広告にも使ってお金をかけて宣伝していることが分かります。
イメージ戦略などにもお金を変えている歯医者さんです。


【歯科衛生士さんの勤務事情】

・歯医者さん、歯科衛生さんの仕事事情を聞いてみた

かかり付けの歯医者さんの家族と世間話をする機会があったので、聞いてみました。

その歯医者も衛生士を募集しているようですが、ぜんぜん人が来ない らしいのです。

職安に求人の募集をしても、歯科衛生士からの問合せが全然来ないというのです。
また職安の募集要項も細かいことを書くので嫌になると先生は言っていました。

仕方なしに、新聞のチラシに求人広告を載せたと言っていました。
従業員を募集する為に、何万円もかかるので納得できない感じでした。

「近所に、仕事をしていない歯科衛生士さんいないのかな?」と困っていました。
資格がない人に働いてもらうと歯科医院の信用にかかわってくるので、
うちは衛生士の人しか働いてもらうつもりは、今のところはないと言っていました。

でもこのままだと、どうなるかわからないようでした。
給与をたくさん出せば来るかもしれませんが、
歯科医院も経営が昔ほど良くないようで、
そんなに給与は払えないようです。
歯科衛生士さんは女性なので、家庭のこともしなければいけません。
独身ならいいですが
家族持ちだと、正社員でフルに働いてくれる人は少ないようです。

大きな病院なら働く人達も多くて、従業員が各々の事情に合わせて
勤務する時間を調整できますが、
個人病院だと 従業員は少ししかいないので、
働く時間帯の調整が難しいようです。

≫関連記事 4月入社後に即転職。辞める人、帰郷する人、復学する人、失恋した人

・女性は家庭の仕事もあるので、働ける時間に制限がある

女性には、それぞれの家族事情があるので、
女性を雇うには労働条件などの問題があり、
女性の職場では色々大変なこともあるようです。

女の人は家庭の仕事もあるので
個人の歯医者さんで、歯科衛生士を見つけることが大変なようです。

小さい子供がいる家庭は子供の送迎もあるのです。
子供の幼稚園が終わる時間には仕事を終えたいし、

こどもが学校や幼稚園に言っている時間内に働きたいようです。

子供が2人いれば幼稚園と小学校の二か所に迎えに行くこともあります。

夕方から、習いごと、通院、買い物もあります。
自宅に帰ってから食事の準備やお風呂入れをして、明日の準備もしなければなりません。

同じ年頃の衛生士だと、仕事ができる時間帯がみな同じなので
ローテーションが組めないかもしれないと言うのです

家庭をもった女が外で働くことは大変です。
夫だけの給与で生活ができるようにした方が少子化対策になるとおもうのですが、
そうはいかないのでしょうか?

最近は介護の問題も出てきているので、
女性が、夫と自分の両方の親の面倒を見なければならなくなりました
女性はやることがたくさんあるのです。

スポンサードリンク

・歯医者さんも儲からなくなっているので高い給与は払えない

者数も減っています し、診療報酬規定もきつくなっているようで
歯医者さんの売上もよくないのです。

その為従業員もたくさん雇えず、給与もいい額を払えない ので、
歯医者さんで働く人もいなくなってしまいます。

すると仕事がスムーズにできなくなります。治療が思うようにできなくなり、
さらに収入が減ってしまうから、もっと給与が払えなくなります。
良い設備も入れられなくなり、
最新の器材も買えないようなことになってしまうこともあるかもしれません。

・歯医者さんの売上が下がるから歯科技工所もよくないようです

歯医者さんの収入に関係する仕事は、歯科衛生士、歯科助手の他にも 歯科材料、薬品会社や歯科技工士がいます。
歯科医院の経営状態によって、その人達の収入も影響を受けます。

特に歯科技工士は個人で独立開業している人も多いですから、
歯医者さんの売上が下がれば、技工士の人達の生活費も取れなくなっていきます。

歯医者さんの売上がこれ以上下がれば、歯科技工士は食べられなくなるということも聞いたことがあります。

歯科技工士だけでなく、衛生士さん、薬局、歯科材料、歯科治療器の会社も
みんな収入が減ってしまうのでしょう。


【歯科医院の間を行き来する人によって内部事情が分かる】

・いつも衛生士を募集している歯医者の理由

かかり付けの歯医者さんの家族に、Y歯科のことが気になるので聞いてみました。
「Y歯科医院はいつも衛生士の募集をしいるのですけど
、相当従業員を雇っているのですか?
それともなにか事情があるのですか? 知っていますか」
「ああ、そうみたいね」
「Y歯科は求人広告を出し続けて十年以上経ちますよ。いつも求人のチラシに出ていますよね。」
「ああ、あの先生、衛生士にものを投げつけるらしいのだよ。」
「何か気に入らないことがあると、衛生士さんにその辺の物を投げつけるらしいよ。」
へえ、そんな暴力的なのか・・・

患者さんは口の中の歯を直す大変細かい仕事をしているせいか、
ストレスがたまるのかもしれません。

その歯科医は、不満があると物を投げたり、怒鳴り散らしたりするというのです
衛生士さんの態度が気に入らなかったり、嫌なことがあると物に当たるらしく、
治療室のものを壊したり、従業員に物を投げつけたりして八つ当たりするというらしいのです。

それで歯科衛生士の人は辞めちゃうというのです。

歯科衛生士や助手の仕事は、一日中診療室という狭い部屋で、
その歯医者さんと一緒に仕事をしなければなりません。

お互いに相性などがよければ仕事はすんなりとできるでしょうが、
相性が合わなかったり、嫌な人同士だったりすると一緒にいることが辛くなります

威張ったり怒り続けられたりしたら、そんな職場で働きたくなくなります。

従業員をいつもいつも募集している職場はそれなりの理由があるのです。


【歯科業会は狭いのです。】

技工士、衛生士、助士は、自宅から通える歯科医院に転職します。
転職先も前職も歯医者さんに勤めていることが多いのです。

その為、歯科医院の情報は、転職者や出入りの業者を通じて漏れてしまいます

どこの歯科はインチキ治療をするとか、
腕がよくないとか、威張る先生だとか、やたらと高い治療を勧めるということを
知っています。
それに耐えられなくて転職する人もいます。
衛生士さんは、良い勤め先の情報を衛生士仲間などから聞いて、
仕事先を変えることもあります。

もともと歯科衛生士で専門学校が同じく同級生だったり、
職場が同じですから友人も同業者の人が多いのです。
歯科医院の情報はお互いに交換し合っています

当然、良い職場、悪い職場のことも知っています。
歯科医院を何件か転職していると、腕のいい歯科医や腕の悪い歯科医もわかってきます。
これはやばい歯科医だ、という情報も衛生士さんたちは知っています。

歯科技工士も、どこの歯科医師はお金儲けが上手だとか、
腕がいいとか、安い材料を使ってばかりいるということも知っているようです。

歯医者さんにかかる時は、
その業界の人に聞いてお勧めの歯科医院を教えてもらうようにするといいです。


スポンサードリンク

・歯科医同士も情報交換をしている

歯科医師は同一地域の歯科医組合に入っていて 定期的に集まっています。
歯科治療や税金の講習などを受けています。
その為、先生通しも地域に仲良しの友人ができます
仲良し同士だと色々な情報の交換もします。
一緒にゴルフに行ったり遊びに行くこともよくあるようです。
治療器具や治療の話の他、我々が友人と話すような会話も歯科医師の友人同士で話します。
すると当然に、技工士や衛生士のことも話すようです。

「先生のところで勤務していた衛生士さんが面接に来たよ」
「先生のところの技工士はどう? いい仕事してくれる?」
そう言う情報を交換しているかもしれません。

衛生士仲間も 技工士仲間も 歯科医師の情報を伝え合うように
歯科医師仲間でも従業員に関する情報を交換しています。

だから 歯科医師さんもある程度、その衛生士や技工士がどんな人なのか、
仲間からきいて知っていることもあるようです。

問題がある衛生士の人などは、うわさが流れることがあるかもしれません。


・ある衛生士さんの転職の理由

下手な歯医者さんで、あんな所にはいかない方がいいと言うことを患者だけでなく、
歯科の関係者にも聞いたことはありました。

下手なだけでも嫌なのに、お金の為だけの歯医者には行きたくありません

ある衛生士さんが、転職する為に他の歯科医院から面接に来た時の話です。
面接の時、退職の理由を歯医者の奥さんが聞きました。

「あの歯科医院はやたらと削ってしまうのです。
虫歯でもないのにどんどん削っちゃうんです。」

「悪くない歯を削って治療費を取ることに耐えられません。」

患者さんが気の毒で見ていられないらしいのです。

そして自由診療で高い義歯を、仕向けるように言われることもあるようです

また営業ノルマも強いられるというのです。

「月に何本自由診療を取るように」
「検診も、月に何人とらなければいけない」

などという理由でした。

それが歯科医院の経営だから仕方ないのかも知れないでしょうが、
衛生士さんの本来の仕事は営業ではないから、嫌がる人もいるようです。

(この歯医者さんはきちんとした歯医者さんだから良かったですが、
もしここの歯医者さんも同じだったら、この人は困ったことになるところでした。)
検診やフッ素加工、歯ブラシの購入を勧める歯科医院は多いです。

しつこいところもありました。
検診を勧めるのは、患者の健康の為で仕方がない場合もあると思いますが、
しつこくされるのは嫌です。

治療の帰り際に受付の人に
「3か月に1回は、健康診断に来るようにしてください。
予約入れておきましょうか?」

「来られなくなるかもしれないからいいです」

「キャンセルできます」

「そんな先のことは、わからないので、予約できません」

「大丈夫ですよ、変更も電話でできます。」

放っておくと、虫歯になっているかもしれませんよ。」

すごくしつこい! この受付の人も言えと言われているらしいのです。

スポンサードリンク

関連記事≫ 歯科助手の仕事内容は衛生士みたい、覚えることが多い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加