就職、転職、進学で引越する時。2月3月は引越手続きが大混雑

【就職や転職で引越。1月2月3月は引越業者も電気屋も忙しい】

・毎年1月2月3月は工事渋滞もあるし、携帯電話会社も待たされる

毎年、1月後半、2月3月は、道路工事もたくさんあって嫌になります。
予算の消化のために、やらなくてもいい道路工事をそこいら中でするので渋滞します。
たぶん みんなイライラして怒っていると思います。

混んでいるのは道路だけでなく、家電屋さんも すごいのです。
携帯電話のことで電気屋に行くとまたされます
臨時従業員を雇っていますが、詳しいことは社員でないとわからないのです。

結構待たされます。この時期に新規に加入する人もたくさんいますので、
その手続きに2時間以上掛かるらしいのです。

進学して新しくスマフォなどに加入する人や
新社会人になる人の抱え込みで各通信会社はヤッキです。

引っ越し先でのインターネット利用の為の一般電話回線の顧客の争奪戦も
激しく通信会社は大忙しです
進学や就職の為に引越する人が、たくさんいますから、家電屋さんは大混雑です。


スポンサードリンク

・引越の準備は早めにする

この時期、新たに1人暮らしする人はたくさんいます。
一人暮らしで使う家電製品は早めに準備しなければ、いいものはなくなってしまいます。
冷蔵庫、テレビ、こたつ、洗濯機 これらはなくなるようです。

また、購入した電気製品を新しい住所に運んでくれますが、
その手続きが早ければ 希望日に配達してくれますが、

遅くなると、入社日に間に合わないこともあります。
学生の場合、早い人だと年の暮れには進学先が分かっているので、
引越の準備ができますが、
2月になると進学先もだんだん決まってきますから、
遅いともう品物もなくなってしまうだけでなく、配送の日も遅れてしまいます。
電話回線の工事は、早めにおさえないと遅れてしまいます。

3月に入って遅くに申し込むと
電話配線工事は会社や学校が始まってからになることもあります
入社日が4月1日より前の早い会社だと
社会人になることが決まったら、急いで手続きを取らないと入社日に間に合わなくなります。

オリエンテーションなどがある会社に入る場合には、
家電製品、電話回線、家具は特に早めに準備した方がいいです。


・生活必需品はこっちで買っていった方がいい

食器や日常品、身の回り品は、
新しい町に引っ越してきてからでもどうせあっちで変える。
運送料もかかるし、持って行くにも荷物になる。
そう思っている人も多いのです。

でも、引っ越し先では届けられた荷物の整理や、
水道電気電話の設置工事に時間をとられたり、
荷物の整理などに終われるので、生活用品を買いにいく時間がありません。

荷物の整理や部屋の整理だけでもへとへとに疲れます。
地元で用意して行った方が楽です。


・アパートを探す。ネットで2月中には申し込む

就職や進学でも行き先が決まったら 先ずアパートを決めます。

会社や学校の寮がある人や県民の宿舎などがある人はそちらで準備すればいいですが、
それ以外の一般の人は、行き先が決まり次第アパートを探すことです。

インターネットで物件を調べることができますから、
出向かなくてもだいたいのことはわかります。
アパートの外観や間取りなどが写真付きで掲載されています。
どんな感じか色々見比べてみるといいです

でも、本来は住む所は実際に現物を見て決めた方がいいです。

実際のものとホームページの写真とではかなり違います。
部屋の痛み具合、もろさ、陽の当たり方、防音、きしみ音などは
実際に行ってみないとわかりません。

隣近所がどんなようだかもわかりません。
女性なら防犯のこともあります。

今は昔よりも物件は多いので、3月になっても空き物件はあるようですが、
安くていいもの、交通の便がいいとか、日当たりがよく、買い物も便利な
立地条件のいいものは 早くなくなります

都会の場合、都心に学校があるので早く決まった学生の入居がすぐに決まります。
都心にあるアパートマンションから決まっていくので、
どんどん遠くの駅に行かなければ空き物件は見つからないことになります。

都心の場合は通勤時間が1時間なら近い方だと思います。
高い家賃を出せば都心のマンションも空いていると思います。

・ネットで決める場合、急ぎの場合、とりあえずでも・・・

引越先に行ってアパートやマンション探すには何日かかかってしまいます。

しかしそんな時間がない場合は、インターネットでアパートを探し、
良さそうなものがあったら担当の不動産屋に電話して、空きの確認やアパートの様子を聞くといいです
もし早めに決まってしまう様でしたら、仮予約でおさえて置き、
現地に確認に行ってもいいし、
他の物件も教えてもらえるように来店日を予約しておけば、

一日でアパートが決められるかもしれません。

また、何年も済む場合には、最初は安い物件に住んで
そちらの生活に慣れてから気に入ったアパートを探してもいい場合もあります。
その新しい町に実際に暮らして、引越先の町のことをよく知ってから
いい所をゆっくりと探してもいいかも知れません。

最初は安いアパートを借りて置けば金銭的に安心です。
新しく引っ越す場合最初の家賃はできるだけ安い部屋を借りるべきです。

多少会社から遠くなっても家賃は安い所がいいと思います。
思いもよらないことが起きることもあります。
入社後配置転換で遠くの職場になることも考えられます。

アパートに入居する際は 権利金が昔はかかりましたが、
権利金が不要のアパートも増えています。


・引越業者も早めに抑える

とにかく移動の時期が2月3月に収集する為、住宅の引越に関するものは忙しくなります。

運送屋さんは家電の配達も家具の配達もあり、
引越業者も早く押さえないといっぱいになります。

アパートが決まり次第業者も抑えなければ行けません。

スポンサードリンク

・レンタカーで引越する場合もある。

自分たちで引越する場合、軽トラや2トントラック、バンなどを
レンタカー屋さんで借りることもいいですが、レンタカーも予約でいっぱいになります。

ちょっとの荷物やせっかく行くなら車を借りて行けば荷物も載せられる。
と考える人はいますから、レンタカーも早めの予約が必要です。
若い人ならいいですが、年配の場合引越作業を自分でやることは疲れます。

引っ越し後の荷物の整理もありますから、
荷物が多く家具などもある方は業者に頼んだ方がいいです。
荷物が少なければいいですが。
数日後には緊張の入社もありますし、慣れない町でいろいろ疲れることもあります。

できるだけ体力は温存した方がいいと思います。

・住所変更手続き

住民票、免許などの登録変更も早めにした方がいいです。
住民票の移転も会社が始まる前にしないと社会保険の手続きが遅れます。
保険証も持て行かないと困ります。


・新しい住まいや会社が始まると緊張するから心のケアもする

引越先で慣れない生活を送ることになり、新社会人になること 新しい職場になることの
喜びも期待も不安もあり心身が疲れます。

緊張している時はストレスも疲労も感じにくくなっています

会社が始まると緊張の日々が続くと思います。

ゴールデンウイークには実家に帰って気を休めるといいと思います
5月病何てことも聞きますから

GWに帰れない人でも夏休みには帰郷するといいと思います。
田舎に帰ると結構気が休まることに気づくと思います。
引越も新しい職場も心が張りつめますから、休めることは必要だと思います
地元に変えることは温泉などに行くよりも休まります。

スポンサードリンク

関連記事≫ 仕事、転職の為、田舎から都会に引越する場合のお金や生活の悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加