人手不足で、求人も仕事場も増える。時給も自分の価値も上がる。

【働く人が足りない。従業員に辞められたら困る。】

・人手不足、従業員が集まらない

求人雑誌を見るとかなり仕事が選べるようです。
そして最近はアルバイトの時給がたいへん上がっています

正社員の給与はそんなにあがっていない ようですが、
私が住んでいる地域のアルバイトの時給が1000円、1200円と上がっていて、
派遣社員や期間工の並みのアルバイトの時給になっているようです。

正社員の給与が上がっていないということは、
企業自体にはまだ力がないのか、又は、
企業の考えが、この先はよくならず忙しいのは一時的だから、アルバイトでその場をしのごうと思っているのかも知れません。

この先の景気について、まだどうなるかわからないと思っている経営者が多いのだと思います。
いや、これから悪くなるだろうと不安視している会社役員がほとんどだと思います。
その為、給与を上げて正社員を募集し雇うわけにはいかないのかもしれません。

・会社の社会保険料の負担が重い

それに正社員にすると社会保険の会社負担が大変重くのしかかってきます。
20万円の給与に対して、健康保険と厚生年金の会社負担額が、30,000円位かかってきます。
月給20万円の人を正社員で雇うと人件費が23万円になるということです。

バイトの時給が上がったとは言っても正社員よりは低く、
さらにボーナスも支払わないで済みます。
また、健康保険と厚生年金の会社負担分もは払わなくて済みます。
バイトの時給を多少上げても正社員より会社負担額が少なくて済みます。

さらに、業績が悪くなった時、
アルバイトだと、すぐに辞めてもらうこともできますが、
正社員だとそう簡単に解雇することができません。

スポンサードリンク

・人件費が上がると物が高くなる。

アルバイトの給与がこんなに上がると、物の値段も上がってしまうのではないかと心配します。
従業員給与という人件費が上がると
企業が以前と同じ利益を上げるには、販売価額をあげなければなりません
従業員の時給が上がった分は販売価額に上乗せします。

たとえばバイクメーカーなどの大会社の従業員の給与は高額なので、
人件費が高くなりバイクの販売価額をあげなければなりませんが、
あまりにも販売価額が高いとバイクを買う人がいなくなります
今でもオートバイの値段は大変高くなっています。

そこで人件費が安い海外で生産することにより人件費を下げることができます。
それによって販売価額をあげなくて済みますが、
そういうことをしていると日本での働き先がなくなってしまうのです

・給与が上がるとそのうち仕事がなくなる

給与を上げないと働き手が集まらない。
給与をあげてしまうと、商品を値上げする為、買ってもらえなくなる。
悪循環になっています。

消費税が8%に上がって物が高くなって、今度は人件費が上がって物が上がってしまうのでしょう。

そして物が高いと買えない、売れないので、
お店がなくなって、勤め先がなくなってしまいそうです。
近頃近所のスーパーやレストランなどのお店がなくなってきています。
寂しいです。
さらにそれを製造する工場もなくなっていく筈です。

【従業員に辞められることを心配する経営者たち】

・高齢になった従業員、親の介護で退職する従業員

経営者の知合い達が、働き手が不足しているとよくいいます。
今いる従業員も高齢になっているので、いつ辞められてしまうか心配です。
という声をよく聞きます。

女性従業員の場合、子育ての為退職する人も多いのですが、
その後子供が大きくなって手が離れたので再び働きだしたら、
今度は親の介助で辞めたいという問題が出てきています。

女性従業員も年齢が高くなっていますが、親はもっと高齢です。
女性の場合、夫と親と自分の親の日常のお世話をしなければならないことが起こっています。一人で4人のお年寄りのお世話をする人もいるのです。

兄弟姉妹がいない女性も多く、
自分の親の通院や食事など日常の世話もしなければならなくなり、
かなり大変忙しくなっています。負担が多いようです。

女性従業員は親の介護などの為に退職をする人も出てきています。

働く人がほんとに不足しているようです。

【小企業の経営者は後継者がいない】

町の経営者たちも高齢になっています。
自分の子供を継がせようとする人も減ってきています
経営者たちは公務員やサラリーマンの方が楽で給与もいいと考えています。小企業の経営者は赤字会社が多い です。

そんな儲からない会社を自分の子供に継がせようと思う人は少ないのです。
その為、自分の代で仕事は辞めようと思っている人が多く
新しい人を雇っても、
いつまで仕事をやるかわからないから、責任が持てず正社員は雇えないのです。

また「募集しても就職希望者はこない」とも言っています。
中企業でも人は来ないのに
もっと小さい会社や個人業などの零細企業など
求人広告をだしてもなかなか勤めたい人は来ません。

スポンサードリンク

【求人が多くで時給が高いと自分の価値が上がったような気がします。】

正社員でなくてもいいのですが、アルバイトの募集がたくさんあると
いつでも働けると思い安心します。
いつ仕事を辞めても、とあえず働けそうな所があるということは、うれしいです
さらに高齢になっても募集があるのです。

この間はポうちのポストに
「70歳の方も元気に働いています。」
という配達の期間従業員の募集広告が入ってきました。

さらに知合いの70歳の女性は介護施設の食事のアルバイトに行き始めました。
週に3日位で時給は850円位です。
その年齢でアルバイトがあるのです。
厨房で簡単な食事の準備や洗い物、食器の整理だそうです。喜んでいました。

これからも使用人の時代が続くと思われます。

こんな自分でも、アルバイトがたくさんあって働く場所があり、
アルバイトの時給も1,000円台にまでなると、
なにか自分に価値があるような気がしてきます。

今までは「働かせてください。」と 頭を下げて働かせてもらっていたようですが、
今は「辞めないでください」とか
働きに来てください」と言われているようで、自分が価値ある人で、稼げる人になったかのようの思えて少しうれしいです。

働ける場所がいくつもあると思えるのは、うれしいことだと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加