仕事や転職に必要とされる職業の経験、資格、技術、営業力は何だ

私自身が色々経験してきたり、周りの人の仕事や転職の状況を見てきて
仕事替えをしたり、勤務先を変えたりする場合、

経験や資格などの仕事に必要な能力を問われることがありましたが、

それに関して自分なりに思うことを書いてみました。

【転職に必要な能力に、その仕事の経験がある】

転職の際問われるのが、その業種の経験のことや、関心具合だと思います。

経験者は、そく働いてもらえますから、雇う側にとってはいい筈です。
経験も その人の能力の一つです。

未経験でも、簡単な職種だと意気込みがあれば
仕事を覚えてくれるのも早いと思って、雇用してくれると思います。

スポンサードリンク

しかし、経験もなく、その職業に関心もないと
雇ってもらえないことは明らかですが、

楽で、給与がいいなら、関心がない仕事でもやってみたいと思います。
やってみて好きになる仕事もあるかもしれません。
転職の際、やはりその職業の経験がある場合には優先されますから
若いうちにたくさんの仕事を経験しておくことも良いと思います。


ですが、いつまでも職種が絞れないと、
専門性がもてなく、熟練した職業の技術が身につかないので
ある程度、一つの職業に専念して働く必要もあると思います。

中高年になってから転職する場合、
今までどんなことをしてきたかと 問われることが多いです。

その人の生き方みたいなことも採用時に問われます。

転職の際、募集する会社にとっても、
その人の職歴によって、技術の他
人望、人脈なども、職場で生かせるかどうか、気になるところだと思います。

採用する側の気持ちになって考えると、
面接の時に、どうゆう風に自分の経験を生かしたアピールをしたらいいか
分かるようになると思います。

仕事の経験は、自分の能力になる筈です。

【募集する会社が資格者を要求する場合】

募集する会社が、ある職業に関する資格を有している人を
必要とする場合には、
やはりその資格が必要です。

資格も、
起業や転職の際の仕事の能力になることは当たり前です。

国家資格が重要視されている職業もあります。
大型運転免許、看護師、介護士などは、
その資格を持っている人が足りないようです。

看護師の資格を持っている人は全然足りないので、給料は高額です。

勤務する病院によっては、仕事も大変そうですが、
大変でない職場も選べます。

これからも 看護師の資格があれば
仕事にも お金にも困ることはないと 思われます。

看護師に興味がある人は、とっておくといいと思います。

資格さえ取って置けば、病院以外でも勤務することができるいい資格です。
男の人でも、女性で30歳を過ぎてからでも、
看護学校などに行って看護師の資格を取る人はいるようです。

知っている人で、
30歳後半から看護学校に行って、看護師の資格を取った男女がいます。
また、男の人は
大型運転免許や介護関係の資格を持っている求人の募集は多いようです。

高齢になってパソコンなどの民間の資格をとっても
就職に有利とは、言いきれないと思います。

若い学生さんでも事務職につけない人が多いと聞きます。

年配になってからパソコンの民間資格を狙うなら、
趣味でやるつもりの方がいいかもしれません。

年配の男の人の仕事では、建設系
(フォークリフト、建設重機 大型運転免許 電気工事士)などの資格を取った方が
募集が多いので、仕事にありつけると思います。

建設現場や、倉庫の仕事をしていた時、
建設重機やフォークリフトを運転できる人の方が、
楽で、人に指示できていいなあと思っていました。

友人で、工場勤務の人が何人かいますが、

「フォークなんて持っていたって、仕方ないよ。
みんな持っているよ。 それで就職に有利か?」

と言う人もいれば

「フォークはなくちゃダメだよ。使うよ」

と言う人もいます。
でも私は、
60歳以降になって、働く気がある場合
特に建設現場やホームセンターなどで働くとすれば、

これらの資格は、
時間があったら とっておいた方が良いと思います。

【技能を必要とする場合】

その仕事に対して、
国家資格が、用意されていないものもたくさんあります。

国家資格を必要としなくてもできる仕事も多く、
色々な技術職があります。

物を作ることを、仕事としている場合、
その作ることを、ずっと行っていると
それを作ることに優れてきます。

長年の作業や研究、鍛錬、訓練などによって、

誰よりも上手に早く、
立派に作ることができるようになってくる手作業があると思います。

ある業種の手作業ができることは、立派な能力です。
マッサージ師や測量士、パイロットなども技術ですが、
国家資格があり、養成所で教えてもらえますが、
そういう国家が証明する資格があるものでなくても

腕を見てもらえばわかる職人技の仕事もあります。

ソバ、ラーメン、パンなどの料理を作ること
墨絵、ペンキ塗装、看板作り、自転車修理、パソコンの修理など

運送の技術、儲かる自販機の設定場所の選定、おいしいトマトを作る、
工場製品を作る技術など

その職業を長くやっている人に 身に付いてくる技術があると思います。

同じ職業をずっとやっていると、そういう技が身に付きてきますから、

それを武器にすれば、次の仕事をする際に役立つと思います。
その人の技を必要とする会社が現れてくる場合があります。

会計事務所に勤めて事務処理をやっていた女性は、
会計ソフトを使って帳簿を作成することができるようになります。

会計事務所から、もっと給与のいい株式会社に転職する時、
その帳簿作成技術が評価され、転職時に優遇されることがあります。

スポンサードリンク

【今の時代に必要なコミュニケーション能力】

今の人は、人との会話する力や、
相手の感情を理解しながら話したり行動したりする
コミュニケーション能力が劣るという教育者もいます。

商売がうまくいかない、トラブルになってしまった
という場合、
コミュニケーション能力の欠如が原因の場合もあります。

確かに、第三者から見ると、
避けられる人間関係のトラブルもあるような気がします。

そんなことを言うから相手は怒る。」

「その一言が 余計だ」

「そんなことをされたら、相手は傷つくでしょう」

そういうことも良くあると思います。



交渉して、何とかいい方向に持っていくことができる能力、

お客さんになってもらう為の行動力、

買ってもらう為の話術など

長年営業職や交渉作業をやって来た人に、
自然に備わってくるものがあると思います。
接遇検定や茶道などのマナーを教えてくれるものもありますが、

それとは違って、現場の経験で身につけた
営業力や交渉力リーダーシップなどは、大変必要とされるものだと思います。
しかし、この素晴らしい力を、面接時に見抜ける人が少ないと思います。

交渉力やリーダーシップがある人が、転職する場合に、
その会社の面接する人に、営業力や交渉力等の有無を
見抜ける能力がないとわかりません。

営業検定3級などわかりやすいものがあるといいですが、
そんなものができても、当てにならないと思います。
仕事を取るのに営業力、企画力が必要です。

値段交渉や、
こちらの商品を使ってもらうために説得力や交渉力が必要です。

その場に応じた話ができて、
相手の心理、心づかいを読み取り、
人に好かれ、信頼される人になれれば
仕事に困らないと思います。

仕事にコミュニケーション能力が必要です。

独立開業にはこれはなくてはならない技だと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加