稼げる土木コンサルトになってもストレスで体を壊す仕事では嫌

お金がある生活に大変憧れます。
ケチらないで生活してみたいし、
今月も足りなくなるという不安から
抜け出したいといつも思っています。

お金持ちって、さぞかしいい生活ができるんだろう
良い気分でいられるんだろうと思っていました。

しかし、
急にお金持ちになった人で、
仕事からのストレスで体を壊してしまった人がいます。

【土木系の経営コンサルタントで成功】

・月収100万超のコンサルタント

土木建設関係のコンサルティングをやっている同年代の人がいます。
現在、毎月百万以上の相談料と顧問収入があります。
その為、大変贅沢な生活をしています。

最初はコンサルティングの仕事などやってはいませんでした。
高校卒業後、
土木会社に勤めていて、
普通の作業員として働いていました。

その仕事に関する業務について、
大きな問題が生じ、その会社に人材がなかった為
その問題の業務をさせられることになったのでした。

その後、その仕事が重要な仕事になったのです。
大変忙しくなり、
他の会社からも指導を頼まれるようになりました。
単なる日給制の作業員で、早くから結婚した為
いつもお金がなく貧しい生活をしていたそうです。

しかし、会社でも重要な職務に就くようになり
給与も急激に上がりました。大感激したそうです。

そして、他の会社からも顧問としてやってくれないか
と言う依頼があるようになり、
給与だけでなく、社会からの評価も上がり、
土木系のコンサルタントとして独立するようになりました。

この30歳前で既に月給は100万円は超えていたそうです。
時代の波に乗り急激に収入を伸ばしたのです。

・大金がかかる仕事で、問題が多い業種だから報酬がいい

土木建設関係の仕事のコンサルティングは
問題がたくさんあり
しかも土木業は大変お金がかかる工事なので、
それに関する料金も高額です。

高いものを扱う仕事のコンサルト料は高いことが多いのです。

その仕事は教科書や資格講座はなく、
実務経験から得る知識のようです。

現場での経験から学ぶもので
誰でも真似ができるものではないそうです。

必要なものは、建築・土木や法律の知識でなく
業会の人脈、交渉力だそうです。

その業界の流れに詳しく、
人脈や交渉に優れている人が
稼げるようなコンサルティングだそうです。

情報が重要で本当の情報を知り分け、
信頼できる人と付き合うなどが
重要になる仕事だそうです。
かなり精神的なストレスがかかる仕事だと思います。

大変警戒する人で、結構一緒にいる時間があったのですが、
仕事の内容は全く教えてもらえませんでした。

その特殊性もあり普通の人ができない仕事のようです。

・稼げるが神経をすり減らす仕事

顧問している土木建設会社に問題が起きた時、
うまく、ことを勧めたり、収めたりすることも要求されます。

土木系の顧問という仕事を聞けば、
険しそうな、ちょっと怖そうな感じがします。
工事と言う大変大きなお金が動くため、
表の仕事ばかりでなく、怖い こともあり
裏の仕事の相談もあるそうです。

いつも神経を張りつめていて、
気持ちが休まる暇がなさそうでした。

こんな仕事をしていたら
ストレスで心も体も壊れそうな気がしました。
精神的な苦痛もかなりあったというのです。

しかし、大金は稼ぎますが、
朝から晩まで現場につきっきりでなく、
家にいる自由時間もかなりあって
お金と時間が若い時からありました。

・重要な仕事の為いつも神経をとがらせている

私があった時には、睡眠薬がないと眠れないと言っていました。
もう20年以上診療内科に通っているそうです。

睡眠薬の他にも安定剤などの
色々な精神上の薬をいつも飲んでいます。
やっぱりストレスで体を壊しているようです

時より不安が襲ってきて大変苦しくなることもあるそうです。
贅沢三昧の暮らしをしていますが、
この土木関係の顧問の仕事は、
大変金額がはるので、
失敗したら莫大な損失を負うことになるそうです。

敵も多く秘密が漏れたりしたら
大変なことになるのだそうです。

気が抜けないし、人の裏切りもあり
神経をピリピリ尖らせながら生きている ようです。
高級車を数台持っていても、
すごく高いスーツや靴を身に付けていて
見た目成功者のようですが

「こんな思いをして張りつめて生きていくのは嫌だ」

「お金だけが人生でないかもしれない」
と思い知らされました。

大金が稼げる仕事でも、
精神的にも 健康面でも おかしくなってしまうのでは
考えものだと思いました。

仕事選びは難しいようです。
「自分はこれでいい」
と思える 職業や会社に行ける人は幸せなようです。

・突如 起きられなくなる

今から十数年前に、突如、朝起きられなくなってしまったそうです
体が動かなくなったのだそうです。

どうしたんだろうと思って、
しばらく布団中から出られなかったそうです。
とにかく体が動かないのだそうです。
奥さんがお越しに来てくれましたが、
起きられなかったそうです。

救急車で病院に行き検査しても原因がわからず、
しばらく入院し、やがて動けるようになり、
再び仕事をするようになったそうです。

仕事のストレスが過剰にかかり続けるとこうなるのでしょうか、
これで朝、体が動かなくなったという人は 2人目でした。
しかも同い年の人です。

●関連記事  ストレスと疲労でうつになり退職。でもまじめな友人は再就職できた
原因は精神的なものだと本人は言っていました。
うつや心因症のようです。
その前から心療内科に通っていたので、
本人にはよくわかっているのです。

その為、精神的な治療薬には大変詳しく、
多くの薬を長年飲んでいますから、
お医者さんよりも詳しいと本人は言っていました。
入院した時に、
顧問料は、全くもらえなくなってしまったそうです

自分は、どうなるんだろう?
仕事も生活も体も どうなるんだろう?
と大変不安だったそうです。

この怖さがずっと残っていて、
倒れたら金がもらえなくなるという不安に
いつも襲われるそうです。

・普段からストレスがありすぎで体がおかしかった

私が、その人と慣れて話すようになってきたら、
その人の性格が、
なんとなく分かるようになってきました。

・いつも神経をとがらせている、
・細かい事をたくさん聞いてくる
・心配しても仕方がない事をしつこく相談してくるのです。

つまらないことでも、屁理屈を言い、
くどくて、不安な方に考えるのです。

普通に話をしていても、
こんな考えばかりしていたら、おかしくなると思いました。
例えば、
「今日は晴れているから、熱いみたいですね」
と言っても

「今晴れていても、いつ雨になるかわからないし、
夕立が来るかもしれない。」

「大丈夫でしょう、まだ昼だし」

「昼なら、夕立で雨が降らないという確証があるわけでもない」
「雨が降らない確率はどのくらいだと思う」

「それに暑いと熱中症が心配だ」

「水分補給しておく必要がある」
「なっ」
と奥さんに同意を求めます。
奥さんも
「そうだね」
「じゃ水分も補給しておこう」
「何飲む?」
「コーヒー? 栄養ドリンクにする?」
「そうだ、じゃ洗濯物をもう取りこんでおいた方がいいかな?」

ちょっとした話からも、こいう会話になるのです。

・妻も巻き込まれて

夫が変な考え方の為、
一緒にいる奥さんも、同じように体調が悪くなってしまっているのです

その為か、奥さんも睡眠薬がないと眠れません。
さらに、いつも頭痛に悩まされていて
頭痛薬を飲み続けているのだそうです。
この夫婦は、
いつ仕事がなくなってしまうかも知れない不安がつきまとい
お金がなくなることが たいへん恐ろしいのです。
そして人のことを いつも疑っています。
情報が漏れたり、裏切りにあったりしたら仕事はなくなり、
損失も出てしまうからだと言っています。

私にも、
「他に自分のことは言うんじゃないぞ」
ときつく口止めしてきます。
別に何を聞いたわけでもありません。

この人は、私の仕事先の親戚の人だったのです。
仕事先の社長のところで知り合いになり
話を聞かされる仲になっただけです。

土木建築関係のコンサルトは相手が相手だけあって、
大金がかかる為、
付き合う人も派手で、交際費も大変使う ようです。
舐められないように気を使い、
高級外車、高級スーツ、高いカバンや靴を身に付けています。

普通じゃない家族 なので もう近寄るのを辞めました。
こんなに稼ぐくせに、住まいは貸家です。
しかも築何十年も経過している戸建ての2間のアパートです。
トイレも水洗ではないのです。

お風呂は、すぐ近くの奥さんの実家に入りに行きます。
子供たちもそこにいます。
夫婦だけが古い貸家に寝泊まりしているのです。

大きな家に住むと、お金を持っていると思われるし、
貸家ならいざとなったら、
どこにでも引越ができるからだと言っています。

人にお金を持っていると思われたくなく、
仕事を知られると、
危険な目に合うとかなり心配しているのです。

でも、その古びた貸家の前に、
大きな高級外車が4,5台も止まっています。

出てくる人は高そうな身なりの人で、
昼間も結構家にいることも多いそうで、

近所では何をやっている人か?
変な人でないのか?
と噂されています。
どんなにお金があっても
こんな緊張した、変な生活をすることになるんじゃ嫌だなあ
と思いました。
お金がすべてじゃないな、と思いましたけど、
私はお金がなさすぎるので、これも困りものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加