解体や廃棄物の仕事や便利屋で独立する中高年。軽トラは稼げる

【中高年、高齢者達の解体業・軽トラで事業をする人】

・古い建物などの取り壊しをする便利屋

知り合いは、住まいに古い離れの家があります。
その古い家を取り壊す解体工事をしていました。

作業員たちは、70歳以降の方と思われる高齢者の方ばかりです

4人で、古い住宅と物置や塀などを取り壊していました。

餅をつくときのような大きな金づち(ハンマー)で、
古い家をはたき壊し、大きなドリルなどでコンクリートを砕いています。

高齢者(おじいさん達)が、すごいパワーだなと思って見ていました。

取り壊しているのは、
高齢の親子2人(父と子)と、他の高齢者2人です。
それぞれが、自営業者らしいです。

人手が必要な解体作業や荷物整理の時に協力し合っているようでした。

その人達は、解体業か、外仕事系の便利屋さんのようで、
個人の家の取り壊しの他、草刈りや部屋のゴミ片付けもやっているようです。

スポンサードリンク

・ガスバーナーで建物を壊す

建物を取り壊す道具は、ハンマーや振動ドリル以外に、
ガスバーナーを使っていました。
建物の中に鉄の柱やブロック塀の中に鉄心が入っているので、
それを切るのにガスバーナーを使っていました。

ガス溶接の機械で鉄の棒を焼き切っていました。

その家には、鉄の扉や鉄の柱があったので、
その鉄の扉や鉄の柱をガス溶接の機械で分離解体していました。

・草刈りや植木の伐採もする

さらに庭には、雑草が生い茂り、庭の隅には木が植わっています。
雑草は、丸いのこぎりの刃がついた草刈機で刈ります。

ノコギリの刃のついた草刈機を使うことは、
やったことがある人なら分かると思いますが、結構怖いです。
ケガをすることもあると言っていました。
近寄らない方が良いです。
1時間もやっていると腰が痛くなって疲れてきます。
高齢者なのにすごいパワー持久力だと思いました。

さらに、木の処分も大変です。
木の枝をノコギリで少しずつ切っていきます。
次に、幹の部分を大きなのこぎりで切って解体します。

根っこが厄介です。木の根っこは
手ではほじくり返すことがなかなかできないので、
時間がかかるようです。

知合いの建設業者に建設機械の小さなバックホーを借りて、
木の根っこを取ることもあるらしいです。
今回はスコップや大きな釘抜きでほじくり返すようです。
刈った草木は軽トラに載せて処分場に持って行くそうです。
「どこかで、燃すわけに行かないのですか?」と聞くと
「だめだ。そんなことしたら怒られちまう!」
庭で燃すことを野焼きと言うらしいのですが、
今は野焼きをしていけなくなったそうです

自分の家庭ででた草や植木のゴミを自分の庭で燃すと、
罰金がある市もあるのです

それに近所迷惑になるからする、燃やすわけに行きません。

市の運営しているごみ焼却場に持って行って、
お金を払って焼却してもらうようです。

廃棄処分するのに自宅の庭に埋めることもできないそうです。


【ゴミも金になる。廃棄物の処理と販売】

取り壊した家は、の部分や瓦、壁部分などに分別して、
軽トラで処分場に運びます。

仕事の内容についてちょっと教えてもらえたのですが、
廃棄処分するのにお金を払うことになるのです。

しかし
物によってはお金に替えられるものもあると言うのです。

鉄やアルミなどの金属類は、
買い取ってくれる廃棄物処理業者のところに持って行くと
買ってもらえるのだそうです。

その時の相場のようなものがあって、
買い取り額の高い時と安い時があるようです。

その他にも売れる家庭のいらない物があるので
家庭のゴミ処理や引越時に引き取ると、お金になるようです

その時は、鉄の扉や柱があったので、
「これは、少しはお金になるな」と教えてくれました。

その他にも、家庭から出る廃棄物が場所や時期によって
お金に替えられることを教えてくれました。

スポンサードリンク

【軽トラと経験があれば便利屋で起業できる】

今回は数日かかりましたが
3から4人の高齢の作業員で建物の解体や草刈りなどの庭木の処分、
いらない家庭ごみの廃棄処分の作業でした。

道具は、
ハンマー ドリル ガスバーナー 軽トラ ノコギリ
大きな釘抜き(バール)
軽トラ

これで作業ができるのです。

解体屋なのか便利屋なのかよくわかりませんが、
便利屋と呼んでいいような気がしました。

この人達は、従業員でなく、それぞれが独立した自営業者のようです。

親子の人は息子と父親ですが、
息子の方が50代だと言っていましたから父親は何歳なんだ?
と驚くくらい元気でした。

他に70代の人2人です。

この仕事で生活してきたらしいですから、いいような、すごいような気がしました。

今の仕事の状態について聞くと、
一人住まいの高齢者の方が、増えてきて
ゴミ処理の他に、庭の雑草の草刈りの仕事
生活ごみ がたまってしまうので
その処分の仕事もあるようです。

最近は、ハクビシンや
ネズミの処理やスズメバチの巣の排除の依頼もあるらしいです。

「高齢者の方でも、便利屋で自立してがんばっているのだなあ。」

「私ももっと年を取ったら、この仕事をやろうかなあ?」と思いました。

ちょっと、弟子入りを考えたくらいです。

軽トラと、ガス溶接の資格があればできそうな気がしました。
気楽にできそうなのがいいです。

また、ゴミが売れるので副収入も望めます。

面白そうな仕事だと思いました。

◆ 関連資格・・・建設機械技能、ガス溶接技能講習 古物商許可 廃棄物収集運搬

≫ 関連記事  軽トラ運送(軽貨物運送業者)の失敗談:仕事や営業上の問題点


≫関連記事  解体工事現場の仕事内容:土木系は建設機械の免許があるといい

解体工事現場について、別の話を記載していますが、
廃棄物の処分や不用品の売却などの話が似ていまが、全く別の人達の話です

別の県の業者同士で、会社の規模もやっている工事の大きさも全く違います。

ここでの話は、個人業の高齢者の規模が小さい解体や便利屋的な仕事の話です。
廃棄物関係の仕事をしている人は、皆同じようなことをしているようです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加