お祭りで、かき氷屋、焼きそば屋で出店体験談

【お祭りの時、かき氷屋のお店を出した。】

20代の前半に街の夏のお祭りの時に、露天商のような商売のアルバイトをしたことがあります。
地元の商店会の企画で夏祭りの時に、お祭りの日だけ、自分たちのアイディアでなにか催しものをやるのです。
お祭りの路上や、自分のお店の前に、オブジェクトをおいたり、手品を見せていたり、ベーゴマ大会など何か催し物を出したり、アイディア商品を売るような企画がされました。

まだ商店街に活気があって、街がにぎやかな時代の話です。

お店をやっている知り合いに声をかけられ友人達と4人で、そのお店の前のお祭りの通りでかき氷や焼きそばを売ってみないかと出店の誘いを受けたのです.
3日位でしたけど店主の真似をさせていただきました。

【夏祭りの路上販売店をやる かき氷、焼きそば ジュースを売る】

1 パラソルのお店を出す。

かき氷や焼きそば、ジュース販売、(氷を砕いて入れ、かき氷用のシロップを入れ水で溶かしてストローで飲みます。)を売ることにしました。

そのアルバイトを友人と4人でやりました。
男2人女2人で、道にビーチパラソルを出し、その下に氷の機械と焼きそばを作るガスコンロと鉄板を用意してもらいました。
道具は商店会の人達が準備してくれたのです。
かき氷や焼きそばと書いてある のぼり旗 も出しました。
夏祭りの出店(デミセ)と同じようです。
大人たちが地元の為に職業体験をさせてくれたようです。

「好き勝手に売っていいよ。」とお店や商店会の人たちに言われました。
本当に好き勝手にやらせてくれたのです。
氷もシロップも焼きそばの食材も何もかも商店会の人達が用意してくれました。
自分たちだけで、お店ができるのです。
お店の経験がない我々4人でやりました。

夕方5時頃から準備して、かき氷は商店会の氷屋さんが最初だけ氷の機械のやり方を教えてくれました。
家庭にある氷かきとは違って木材をカンナで削ったように柔らかくふわふわのかき氷が出てきた時はちょっと感動でした。
シロップをかけて試食しました。「お店で売っているのと同じ感じだ!」
発泡剤のお椀にプラスチックのスプーンを差してお客さんに出します。
値段は、かき氷は100円、焼きソバは200円だったと思います。
これも我々で値段を決めていいのです。
ヤキソバは女の子ができました。
私も炒めた麺をプラスチックの容器に入れて輪ゴム止めして、割りばしをつけて客に出すということはできました。

2 かき氷店、焼きそば屋の営業開始

何回か練習して6時には商売開始です。
「こんなことで売れるのかなあ?」と我々は不安でした。

4人は練習をしながら不安でいました。
近くに商店会の人がいますから、わからなかったら聞けばいいやと思っても、初めての商売ですから不安でした。

ビーチパラソルのお店で、かき氷と焼きソバののぼり旗を出して
「これだけで売れるのか?」

スポンサードリンク

しかし心配ご無用
何と売れたのです!

暗くなると夏祭りのお客さんが、どんどん通ります。

最初のお客さんは 小学生位の子供だったと思います。
大サービスの氷の大盛りを出したと思います。
子供だと気楽です。
「ありがとうございます」と元気に言えたと思います。

かき氷は小さな子供や若い女の子のお客さんが多かったようです。
意外に売れるのです。
子供がかき氷を買ってくれました。忙しかったです。
焼きそばも結構売れるのです。
人がたくさんいて、夏のお祭りという開放的で、何かお金を使いに来ているようで 売れました。

こんな私たちからも、かき氷と焼きそば、ジュースを買ってくれるのです。
物は需要があれば売れる。
商品と場所、客層が合えば商売は成功するのかもしれません。
9時くらいまで売って忙しかった記憶があります。
商売は面白いと思いました。

【商売は面白い。物を売ってお金を稼ぐ面白さがある】

・物を売るにはコツがある筈

ここで売れたからと言って、他のところで同じようにかき氷や焼きそばを売るお店を出してもきっと売れないと思います。

2日目は夜早くから雨が降り始め、かき氷は全く売れません でした。
焼きソバも少ししか売れません。

雨が降るとお客さんはいなくなります。退屈でつまらなくなります。
同じことをやっているのによっては稼げたり稼げなかったりします。

商売の楽しさと厳しさを教えていただきました。
売れると面白いです。
何が売れるか考えて、将来お店をやろうと思ったことを思い出しました。

・商売は場所、条件が重要

移動販売車で、アイス、パン屋、今川焼、イモフライ、サンドイッチなどを売っているのを見かけますが、人のいるところを探して売れば結構稼げるかもしれません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加