近所の大金持ちは土地で稼いでいる。農民は田畑で大富豪になる。

私の身近にも金持ちはたくさんいます。
よく考えたら私よりも貧しい人はいないのかと思うくらい裕福な人たちが多いようです。

住まいも違う、外食の話も違う、着ている物 家族の持ち物も違うようです。
なんでそんなにお金を持っているのか不思議です。

【お金持ちは、先祖が土地をたくさん持っていた人達】

私や知人の周りの人で、働いていても、働かないでも 大金が入ってくる人達がたくさんいるような気がしました。
ちょっと考えてみました。
ああ あの人もそうだ、この人もそうだ と思い当たる人達がいます。

その人たちは、きちんと働いてもいるのです。
でも、働かなくても大金がたくさん入ってきます。
それでも働くのです。

お金が、何もしなくても入ってくる のに
さらに働いていて、あまり使っていないようでもあり、お金はどんどんたまっていくのではないかと思います。

知っている農業の人達はお金持ちのようです。

何か儲かることを考えて土地投資をやったわけでもなさそうで

持っている土地を売った人、貸しているだけでたくさんお金が入ってくる人もいます。

先祖が土地を持っていると子孫はこんなにもお金持ちになれるものかと
ちょっと悔しい気がしました。不公平感を感じざるを得ません。
まあ、うらやんでも 私がお金持ちになるわけでないですが、
それにしても農地を持っているということはすごくお金になるようです。

土地をたくさん持っている方や土地購入資金がある方は周りの土地持ちが
どのように土地を使っているか知っておくといいです。

土地持ちの裕福な生活を、自分たちも真似できるところがないかと考えてみました。

スポンサードリンク

【農民の大富豪 道路ができると田畑が大金に変わる】

・市に広大な土地を売却した

県や市が道路を作る為に、持っていた広い畑を売った農民の方がいます。

整骨院に通っていたら、他の患者たちがそんな話をしていました。

「○○さんの畑が道路になるって言うんで、○億円位はいったんだって」
「へーっ!いいね。あの辺で畑やっている人はいいや」
その人は、間接的に知っている家です。

さらに他の農民の方で、
公民館の増設の敷地として、体育館の駐車場として、行政の建物の用地として、
広大な土地を売却したという農家の人達がいました。
売っても、まだまだ土地をたくさん持っているのです。
さらに残った農地で毎日野菜をつくって良く働くのです。

こんな人が周りに何人かいます。

私の知っている人でも 何人かいますから、
この地域では大勢の人が億万長者になっていると思います。


新しい広い道路ができると、その道沿いの農地は、土地の利用価値が出てきます。
売って欲しいという工場、お店がでてきます。

今まで価値がなかった田畑の値段が急に上がります。
農民の方はそういう情報は知っています。近所と情報交換はしています。

誰がどのくらいの値段で土地を売ったかすぐわかります。
近所の田畑が売れると、いずれ自分にも誰かが売ってくれと来ることが予想され、
自分も土地をその値段以上で売ろうとします。

やがてその通りに業者が買いに来るようです。
良い道ができると、その近辺の農業を継いでいる人は大金持ちになるようです。

・農地は税金がかからない

農業の家は、農地を相続しても相続税がほとんどかかりません。

また固定資産税も大変安く農地の税金の負担がないので維持できるのです。

普通の人が相続で土地をもらうと巨額の相続税がとられますが、
農業を相続した人は相続税が激安なため売らなくても持っていられます。

また普通の人が土地を持っていると、
固定資産税がたくさんとられて、何かに利用しなければ払えないくらいかかってきます。

市街地の農地以外は固定資産税が激安なんです。
さらに道路などの為に行政に土地を売った場合には、税金が安くなる制度もあります。
公共事業を速やかに進められるように、税金を安くするから売ってくれと言うことなのでしょう。

・田畑を企業に貸している大地主

大店舗法の改正などにより大型店がどんどん地方にできてきました。

そういう大型店を作る為には、広くて安い土地がたくさんあるところがいいです。
郊外で空いている畑などを大手企業が買い取ります。

大型店が出ると、その周りに人は住むようになり、
田畑の分譲を始めるようになるのです。

すると生活用品を売る大型スーパーの出店があり、色々なお店がでてきます。

そうやって農耕地帯が生活地域に変わっていきます。

農地を持っている人たちは田畑を売っても、貸しても 大金が入ってくるようになるようです

農民の方たちの田畑を、不動産屋、スーパー、大型ショッピングモール、工場が買うのです。

農業をやっていても稼げないけど、
持っている土地を売れば億万長者になれるようです。

土地を売った人達の生活はすごいです。

そのまま見た目は じみな生活をつづけている質素な方々も多いのですが

中には大邸宅に住んで、子供に高級外車を買い納屋に置いている家もあります。
リッチな生活をしている農民の方は結構います。
近所の人達が、あの農家の家はどういうことをして金持ちになったか教えてくれます。
農民の方は
「いいなあ。言ったいいくらで売ったの?」
「すごいな。一杯お金が入ったんだって」
と周りから羨望の目で見られるようになります。
それを嫌がり人付き合いがなくなって行く人もいるようです。

大地主の人が、人を避けたり、高い塀で住まいを囲うようになったりするのは

こういう人からの妬み、ひがみを避けたいからかもしれません。

大地主の家は塀も立派です。


・畑を区分売りする人

同じ農民の方でも、一括に土地を売らないで、必要な時必要な分だけ畑を切り売りしている人もいます。
普通の人が土地を持っていると
固定資産税が大変かかるので持ち続けることはできませんが、

農業の場合、田畑は固定資産税が極端に安いので、いくらでも持っていることができます。

耕作をしていない土地でも農地ですから、固定資産税が激安なので持っていられます。

それで、旅行に行きたい、家を直す、子供にお金が必要になる、孫の学費がいるなど
まとまったお金が必要になると

1軒分の土地を売ったり、1区画分の分譲したりしてお金を得ています。

ちょっとした土地を売っても何百万、何千万円も入ってくるようです。

土地を持っている農民の方は本当にすごいです。

サラリーマンは同じことができませんから、こういうのは農民の特権です。

スポンサードリンク

・農地を大型テナントに貸す

ちょっとしっている農民の方ですが、大きな道路に面して畑をもっていました。

そこに大型スーパーが進出してきました。
毎月150万円の地代で貸す ことになりました。

一挙に大富豪です。

なにもしなくても毎月150万円も入ってくるようになりました。
もとは畑でしたが、高齢になってきたのであまり耕作していなかった土地です。

さらにそのお店が駐車場を拡大するということで、妻も農民の出でしたので隣接して畑を持っていました。
そこの畑も毎月30万から50万円で貸すことになりました。

夫婦で大企業の社長なみの月給です。
これ、すごいです!

近所の農民の方も、

「なんでうちにも貸してってこないんだ。うちも借りて欲しいな」と言っています。

「近所なのになぁ」


土地を売ると大金が入りますが、一時だけです。

そして自分のものでなくなってしまいます。

それがいやな農民の方は貸すことをします。

借りる会社も、土地は買うと経費にできませんが、
借りて地代を払いますがそれは経費になるので借りた方が税金が安くなるのです。
企業に土地を貸している農民の方はたくさんいます。

その他若い時から親に農地をもらった農民の家の子は
ファーストフード店に貸して毎月10万円入って来る人、
工場用地に毎月20万円で貸している
トラックの駐車場に毎月15万円で貸している人
そういう農業の子孫の方もいます。

農地を持っているということは大金持ちです。

【 土地を手放した人】

・悪い娘の夫

同級生で実家が畑を持っている女の人がいました。
この人の姉がちょっと怖い感じの男と結婚しました。

妻の家にたくさんの畑があるため、それを売って自分の家を建てるように妻に指示したのです。

娘の為に畑を売り、そのお金で長女夫婦は新居を建てました。

すると今度は事業をするから事業資金を用立てる為に 畑を売れ といてきました。

親は娘の為に持っていた畑を売り、長女の夫の為にお金を出しました。

そして、それを繰り返し、やがて持っていた畑の全部が抵当に入っていて、
事業失敗により畑は全部競売にかけられてしまいました。
先祖から受け継いだ広大な畑、がなくなってしまった農民の方もいました。

・土地の相続で家族がもめることも

農地の相続争いで訴訟になっているところもあります。

農地が大金になって、お金のある幸せな生活ができる農民の方もいるようですが、
それが原因で兄弟げんかになっているところも少しでしょうがあることも聞きます。

近くの農民の方で家族、兄弟姉妹で裁判になっている家もあります。
田舎だからすぐに話が広まります。
広大な土地をもっていない家に生まれた私には土地の思いはわかりませんが、
そういう農地の相続でもめる話を聞いても、
もらえるんだから、何分の一位少なくたって
相手が多くったっていいじゃないかと思いますが、
それは他人ごとで、当事者たちは、
長年の色々な不満が相続の時に出てくるのかもしれません。

・金持ちになるには土地だ

とにかく、農業の方たちはお金持ちがたくさんいる ということが分かりました。
働かなくても、体を動かさなくても、
何もしなくても土地が大金を稼いでくれていることがわかりました。

土地を、農民でなくても、うまく利用する方法がないかと考えようと思ったのです。

金持ちになるには土地だ、不動産だと思いました。

が、しかし不動産を買うお金がありません。

私は明日のお小遣いにも困っていますから、それどころではないのでした。
良いバイトを探して、お小遣いを何とかした方がよさそうです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加