お花が好きな人に合った仕事、花屋で独立開業、副業を考える

小資本でも、不景気でも、
需要がある仕事は何だろう?
人口知能が普及されても
生き残れそうな仕事はなにか?

人が減ってもやっていけるお店はないか?
稼げそうな個人業はないか・・・

そんなことを考えていたら
花屋さんはどうだろうと思いました。

どうして、花屋さんはなくならないのかなあ?

気になって花屋さんについて調べてみました。

花屋

【 生花店の経営ってどうなのか? 】

街には昔から生花店があります。

ホームセンターやスーパーにも
生花は売られていますが、

大型店舗で売られるような商品で
商売はしにくいとおもうのですが、

個人の花屋さん

依然として 経営し続けている所が多い気がします。

生花を買う人が そんなにたくさんいるのだろうか?

いまからでも
花屋さんで独立開業することはできるのだろうか?

食べるものや住む所着るものに

先ずお金をかけると思うのですが、
花を買うということは贅沢な気がします。

花がなくても生きていけるので、

お花は、お金に余裕がある人が買うような気がします。

・生花を買う人はどんな人

個人的にお祝やお見舞いの時に
花束が必要になると思います。
生花は、開店祝、入学祝などの
個人間のお付き合い時に用いられると思います。

しかし、最近はお店を新規開業する人も少ないし、
人との交流も減ってきているので、
生花や花束の需要も減ってきた気がしますが、

やはりそれでも

何かの慶弔ごとの時には

花は必要だと思います。

個人が生花を求める場合もあれば
企業が買い求める場合もあるでしょう。

結婚式やなにかのセレモニー、大会などの時に

たくさんの花を必要とします。

スポンサードリンク

・花の需要はある

デパート、商業施設、展示会場、
ギフトセット等に花を付けて売る方法もあるようです。

高級レストランや、ペンションなど、
個人の飲食店でもコースメニューの時にも
花は使われるようです。

生花の需要はあるようです

・花屋さんをやる地域

花屋さんは社交的な場面で利用する場合が多いので

花屋さんをやるとすると
都心がいいかもしれません。

実際に花屋さんは都会の方が多いようです。

繁華街にも見かけます。
またスナックや
お気に入りの芸能人の女性に
好意を抱いている男の人は

スナック等の女性によく花を贈ることが多いので、

そういう客をターゲットにした花商売もあるようです。

夜の花屋さんで
数坪の狭いテナントや
移動式の花屋さんもあるようです。

そういう小さいお店、狭い客層を狙っても
かなり売上があると
起業系の本に記載されていた記憶があります。

・花農家を経営している人

花を栽培している農家の人もいます。
農業はコメや野菜などの食べ物の他にも

花や生きものを育てる仕事をしている人もいます。

花農家は、農協や大手企業に出荷している場合や
個人の花屋さんに販売している場合があります。

また、
自分の農園に
小屋のような店舗を構え小売している場合もあります。

最近は若い農業承継者がいると
花をネットで販売することもしているようです。

花農家

【日曜農園で花を作ってみてもいいかも】

農民の高齢化と後継者がいなくなってきたため、
一般の人に農地を貸している農民の方もいます。

商業利用できそうな特殊な花を栽培して、
栽培の方法を習得すれば
お小遣いが稼げる可能性もあるようです。

植物を育てることが趣味の人は大変多くて、
植物にもブームがあるようです。

室内用の観葉植物が話題になると
観葉植物を求める人が増えてきます。

果肉植物が話題になると

果肉植物を求める人が多くなってきます。

一度ブームに乗れれば、事業化できたり
多少のお金を手にすることも
できるようになるかもしれません。

スポンサードリンク

【 花屋で働いてみる 】

私は、花屋で働いたことはないので
仕事内容はわかりませんが、

花屋を開業する場合や
生花で稼ごうと考えた場合には、
やはり花屋さんで働いてみるといいです。

花屋さん自体が少ないので
花屋さんの求人の募集は少ないと思いますが、

他の商品と 花を販売しているお店はたくさんあります。

ホームセンター、道の駅や観光地のお土産販売所、
スーパーにもあると思います。

≫ 仕事探しの関連記事  バイトルでアルバイト先を探す

【花屋の仕入れや経営を考える】

一般に花屋さんは
花の卸売市場で仕入れるようですが、
花農家から仕入れる場合もあるようです。

どういう人に売りたいか、
どういう人の求めに応じた販売をするかによって
仕入れ先も仕入れの花もかわってくると思います。

その他花屋さんの経営について

・花屋さんは小さい店舗が多い

・店舗を構えると
建築コストや冷蔵庫などの設備も必要なので
お金がかかるかもしれない。

・包装やラッピングの工夫が必要
・取引先の獲得をどうするかが問題
・やり方次第では小資本で稼げるかもしれない
・都心の方に花屋は多い
・繁華街などでターゲットを絞った経営もできる
・原価率は低く儲けやすい
・生花はうまく売らないと枯れてしまい無駄になる

そういうことを考えて
花が好きな人は花屋で働いたり
副業を考えたりしてみてはいかがでしょうか?

私は、花屋さんは悪くない仕事だと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加