給与が高い成功したサラリーマンになる為には子供の頃の態度も重要

【サラリーマンとして成功するには】

・勤続年数の長いサラリーマンたちに聞いた

もう数年で定年退職する友人達は、
サラリーマンとして一生を過ごすと思われます。
高校や大学を卒業した後、
転職もしないで一つの会社にずっと勤務し続けている人もいるし、
20代には転職はいくつかしたが、

その後は「俺にはこの会社だ!」という職場を見つけ、
長い間 同じ会社にずっと勤務している友人もいます。

中高年になってからも転職をした人もいますが、
歳を取ってから転職をすると、
給与がかなり下がってしまうようで、
良い給与を求めまた転職してしまう人もいます。

同じ会社に、20年30年と勤めている人の方が
サラリーマンとしては成功しているような気がします

何を持って成功かというと
やりがいとか 休日の多さとか 色々ありますが

一般に、給与が高く
社会的信用や会社での立場なども高い場合のことを
サラリーマンとして成功したと言えるのではないかと思います。

長年、一社のサラリーマンをやっている友人から聞いた話です。

スポンサードリンク

・上司の言うことを聞き、上司に好かれる人になる

サラリーマンの友人達と、
どうしたら成功したサラリーマンに成れるかと考えました。

サラリーマンとして成功するには、
小さい頃から学校の勉強をして、
良い成績をとり、進学校にいく。
先生の言うことだけを聞き、
悪いと言われたことや、してはいけない
と言うことはしない。

いい大学に行って、できるだけ大きな会社や役所に入る。
新卒で入った会社は、
一生辞めない覚悟で、その会社の上司の言うことを聞く

ちょっと聞いていると
学校での優等生と同じことを
社会人になってからも、するような気がしました。

学生の時は、先生に好かれる生徒になり、
会社に入ったら
上司に好かれる部下をやって行けばいいようです。

そして
一つの会社にずっといると、
やがてその会社の仕事のことが分かってくる。
上司は定年退職して行くし、
途中で辞めていく先輩や同僚が出てくる。

すると、仕事が分かっている順に出世していき、
給与が上がるし、役職もついてくる。
そうなると自分の自由にできることも増えてくるし、
後輩や部下も増えてきて仕事が面白くなって行くようです。

そこまでになるには
長い年月がかかり、下済み生活が辛いと思います。
それに耐えられないと良いサラリーマンになれないのでしょう。

・会社は部活動のような気がする

聞いていると会社員生活は、学校の部活と同じ気がします。

入部したての頃、
玉広いとか、道具片付けばかりやらされて、
素振りや基礎体力作りなどの
つまらないことばかりやらされます。
そこで辞めていく同級生もいます。

やがて ある程度できるようになってくと、
3年生が引退していき、プレーするチャンスが増えてきます。

翌年1年生が入ってきて、
自分がやってきたことを教え
自分たちは2年生としてプレーできるようになって行くのです。

月日が流れれば、そのうち部活をひっぱっていく3年生になります。

会社員も同じだと思いました。

会社員として生きるなら、
同じ会社にずっといた方がいいようです。

・大きな会社に勤められれば給与はたくさんもらえる

会社員として生きるなら、
できるだけ大きな会社に入る方がいいと言います。

大きな会社に勤務するといいことだらけです。
大きな会社はなくならない、
給与が高い、ボーナスもいい、
休みがたくさんある。
従業員が多いから、すぐに先輩になり、
部下がたくさんできるので偉くなれる。

下請け会社もたくさんいるので、
上の立場で、仕事ができる。

大きな会社だと、女子社員もたくさんいるから
結婚相手も見つけられるようです。

これはいいなあと思いました。

社内恋愛からの結婚も多いようです。

大きな企業はそれなりに知的な人も多いので、
給与も知識も高く、いい生活ができるようです。

だから、多くの人が大きな会社に入りたがるし、
入ることを勧めるのでしょう。

私も、職種によると思いますが
大きな会社に入れたら、入った方がいいと思います。

大きな会社でアルバイトをしたこともあるし、
町工場よりも小さな工場でも働いたことがありますから、
大きな会社と小さな会社での働き方、給与、待遇、社会的信頼など
その違いはよくわかっています。

スポンサードリンク

・退職金も定年後の再就職先もいい

大きな会社は給与やボーナスが高いだけでなく

定年の時には、莫大な額の退職金ももらえるのです。

ここでも一般企業とはかけ離れた退職金がもらえます。
また定年後は 下請け企業の就職もできます。

同じ会社員でも大きな会社の社員と、
一般企業の会社員とでは、
一生比べ物にならないほどいい生活ができるのです。

・成功するサラリーマンになる為には

成功するサラリーマンになるには、
子供の頃からの行動や考えが重要な気がします。

子供の頃、
社会とか仕事とかのことは、
大人に教えてもらわなければわからないと思います。
ですから、成功したサラリーマンは、
社会のこと、お金のこと、生活のことを
小さい頃から親に教えてもらい、しつけてもらっているような気がします。

きっと小さい頃から
大変な思いをして育ってきたのだと思います。

立派な会社に勤める人のいい生活を見て
「うらやましいなあ」と思っても
遊びほけて大人になった私がいけないのです。
ねたむ資格はありません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加