老後が心配。働かなくても稼ぐ人のよくある資産運用とずる賢い金持ち

【 働かないで収入を得る資産運用 】

・働かないでお金がもらえるのはやっぱり年金

働かないで収入を得ることは、やっぱり厚生年金や公務員の共済年金です。
もともと年金は働かなくても暮らせるようにするためのものです。
ただ共済年金はほんとにすごい金脈です。

多額の年金が入れば働かなくても贅沢に暮らせます。

国民年金では平均年金額は50万円位らしいですから、これでは生活できません。

自営業者や国民年金の場合にはあっと言う間に来る老後のことを考え
何とかしなければなりません。
今の国民年金受給者の場合は、 いい時期もあって
貯蓄や財産を築いた方がたくさんいるからいいですが、
我々以下の世代は例え厚生年金であっても心配です。

私の場合に、今すぐにでも生活費を何とかしなければなりません。

スポンサードリンク

【 資産を使って稼ぐ 】

年配の人でお金がありそうな人は、仕事以外でどんなことで収入を得ているかきになりました。
年配の知合い達に、働かないでどんなことをして収入を得ているか聞いたり、知らべたりしました。
やっぱりよく聞くようなことでした。

・株式投資などの金融商品で稼ぐ

一番多いのは、株式投資、投資信託、国債などの有価証券関係のようです。

売却益で稼ぐほか、配当金ももらえます

配当金というお金でもらう他に、
株主優待券や食品会社等は会社の食品を配当としてもくれるらしいです。

ホームセンターや外食産業などの株を買うと
株主割引券や食事券をくれるのでお金でもらえなくても現物利益はあります。

外貨建ての積み立て保険で、かなり稼げたことがあるという人もいました。

・不動産投資で稼ぐ

アパート経営者は多いです。
儲かっているのは、最近建てたわけでなく、かなり昔に建てた人たちです。
住まいがまだ足りない時代に建て、返済も済んでいます
借金がないと大家は儲かるようです。

中古住宅をリフォームして貸し付けることが流行っているようです。

駐車場経営もいけるということですが、場所がかなり影響すると思われます。

良いところに土地を持っている人は土地で稼げます。

・生命保険の個人年金

厚生年金は政府が扱う年金ですが、民間の生命保険会社が行う個人年金に加入していた人は
60歳から10年間位の間、毎年何十万円かもらえるようです。

何十年も前の若い時から、保険料を積み立てて60歳になるともらえる民間の年金です。

これも若い時に、積立保険料を長い年数におよんで支払っていたからこそ、
もらえるお金です。
結局 若い時から年金保険料を払えるだけの余裕があった人だからこそ、もらえるものです。

・金投資で稼ぐ

金やプラチナなどの投資で、設けたという人もいます。
金、プラチナなどを買っておいて、
買った時よりも高くなった時に売ることにより売却益を得ます。
金は世界的に安定している経済的価値のあるもののようです。

・とにかくお金がある人が資産で稼ぐ

どれを聞いても、最初に大金がかかります時間もかかります
その人達の親がお金持ちだったとか、土地持ちだったとかいう場合でないと
お金を使って儲けることがしにくい気がします。

やっぱりお金は、お金がある人のところに集まるようです。

・お金がない人は

後は、お金が少しでも買える宝くじが多いようです。
これはサラリーマンや主婦の小遣いで買える投資ですが、当たらないですよね。

年を取ってから働かないで収入がある人は、若い時からお金に余裕があった人だと思います。

余裕資金で、保険とか株とか金とかの長期的金融資産を買い、
不動産に投資できた人だけがもらえる利益のようです
個人年金なんか、給与もたくさん稼げた時代の人ができた貯蓄ですし、

アパートや駐車場運用も農民の方など、
親が土地を持っていたようなお金持ちや資産持ちの人だからこそできるものです。
金がない人は、働ける時に、働いて働いて働きまくるしかないようです
そうすることによって何か見えてくるかもしれません。

スポンサードリンク

【 事業で成功してお金がある人。人を使う経営者 】

・お金持ちはずるい人が多いのか

土木業のずるい経営者、建設業のずるい経営者、不動産業のずるい経営者に
お金にずる賢いといわれている人達がいますが、

やっぱりその人達は大きな家に住んでいるし、生活は派手で、お金があるのは本当のようでした。

その人達は、お金が大好きなんです。
好きなことは上手になります。

ゴルフが好きな人はゴルフがうまいです。
よっぽど才能がなくても、ゴルフが好きでゴルフばっかりやっていれば、
やがていつか ゴルフが上手になってくると思います。

それを同じようにお金が大好きで、お金を稼ぐために経営者にもなって
もっともっとお金を稼ぐことばかり考えていると
やはりお金持ちになるのかもしれません。

お金のある人は、サラリーマンではなく
経営者になってどんどん稼いでいた時代があったようです。
ずるそうに見えるのは、お金は人から取るものだからかもしれません。
お金持ちは、悪い言い方をすると、多くの人から、たくさんのお金を取った人です。

人はお金をとられることも、払うことを嫌がります。
人の嫌がることを、いつもしているからずるそうに見えてしまうのかもしれません。

まあ、そんなことは無理やり言いましたが、冒頭にあげた職業の人は
私の高校時代からの友人の友人で、親の後を継いで会社を経営している者達です。
確かに学生時代からずるがしこかったです。
お小遣いもたくさんもらっていて、若い時から抜け目なくずるい感じがしていました。

しかし親の基盤があったからとはいえ、
不況の時代もあったのに、きちんと稼いで良くやっている気もします。
ただのずる賢いやつらではありませんでした。

若い時は率先して働いたのだと思います。
そして、お金の使い方もうまく、人の使い方もうまい から、
今はそんなに、自分が体を動かし働かなくても大金を稼いでいます。

お金を使って儲けるか、従業員や関係会社の従業員を使うなど、
人を使って儲けている人にお金持ちは多いようです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加