就職転職サイトで探す

【仕事の探し方】

1 職安ハローワークで
2 求人誌 求人広告
3 インターネットで登録

ハローワークに行けば仕事先が紹介されていますが、
それ以外でも、企業がお金を払って、
求人誌や求人サイトに
求人広告を出し従業員を募集することがあります。

職安でも労働基準法などを
順守したしっかりとした会社の募集は多いですが、
公的な機関なので、
会社に対して大変細かい理想的な指導や
書類の作成を要求するのです。
経営者が面倒くさがることが多いのです。

きちんとした会社であっても、
自分でそういう手続きをすることに
時間を取られることを嫌がります。

求人広告を取り扱う会社に頼めば
面倒な求人募集の概要や
記載すべきことを聞き取ってくれます。

求人広告の会社の人が聞いてきますから、
それに答えるだけでいいので経営者は楽です。
お金を払ってでも従業員を探している
まじめな会社はたくさんあります。

また職安だけでなく
求人広告を利用することによって、
より多くの人に目に触れる機会が増え

より良い人材を雇用することができ
会社の発展につながるのです。

職安に出しているだけでは、
職安がその企業の求人を積極的に斡旋してくれいないので
募集がないようです。
公務員なので、
民間の求人会社の従業員のような
斡旋努力が少ないようです。

その不足を補うために求人企業があります。
また仕事を探す人も求人誌、求人サイトなら、
職安の利用・閲覧時間の9時から5時までの時間外でも

ゆっくりと好きなように探せる ので
働ける会社を見つけられます。

職安でも民間求人広告会社でも
きちんとしたいい会社はあるようですし、
逆に職安の紹介だからと言っても
良い会社とも限らない場合もあります。


【インターネットで転職求人サイトを利用】

・出向かなくても家にいながら仕事探しができる時代

インターネットには転職サイトや求人募集の情報が掲載されたサイトがあり、
これも最近は利用者が多いのです。

アルバイトや未経験者の仕事も紹介せれたサイトもあります。

中高年OKのアルバイト情報
経験や経歴を気にしなくてOK!+若者正社員チャレンジ事業

 職業別の求人情報が掲載されていて、
簡単に職業別の求人情報が手に入ります。
地域別に求人を募集している会社がわかります。
説明会、相談会などの情報も掲載されています。

・掲載されている会社のホームページを閲覧してみる

求人サイトによっては
募集している会社のホームページも紹介している場合があります。

募集している会社について、よく調べてみるといいです。

仕事内容が記載されています。


その他、社長の人柄が分かるページ、
会社の様子、
従業員達や仕事場の雰囲気が

ホームページやブログでわかると思います。

候補の会社だけでなく
類似する会社のことも調べて比較し検討するといいでしょう。


【求人転職サイトに登録をする】

・登録の利点  面接や相談が受けられ、求人が出た時に連絡がもらえる

サイトによりますが、自分の 住所 氏名 希望業種 勤務地などを登録して
会員になると
希望に合った企業の就職情報が
メールなどで知ることができ、

掲載されている会社に面接することができます。


面接や説明を聞きたいと
求人サイトに連絡すれば、
面接前に求人サイトの人からメールなどで連絡が来て、
面接などをすることができます。

希望があれば 転職の相談にも応じてくれたり、
転職や面接のアドバイスをしてくれたりするところもあります。


求人サイトに入社したい会社があり、
話を聞いてみたければ、
求人サイトに連絡すると、
その会社との面接の話を勧めてくれます。


また今は希望就職先がない場合でも、


希望登録しておくと
希望職業が出た時にメールまたは
電話で連絡を受けることもできます。


すぐに転職する意思がない場合でも
登録しておくと、

希望に合った求人が出た時にメール等で連絡をくれます。

また今の仕事をどうするか悩んでいる場合でも、
登録して
転職時の参考に仕事先を調べておくこともいいと思われます。


【転職相談に乗ってもらうべき】

・自分のしたい仕事がわからない場合 アドバイザーに頼る

やりたい仕事が自分ではわからない、
見つからないこともあります。
転職するのは、
自分が思っていた仕事と
実際した仕事が違っていた場合もあります。

仕事を変えることが多くなると
だんだん疲れてきます。

自分が悪いこともあるでしょうが、
向き不向きもあるし、
我慢しなければならないこともあります。

そう言うことに、

自分が気づいていない場合もあると思います。


誰かに相談すると少しだけでも


解決に近づくことができる
と思います。


【転職の準備】

・転職サイトのHPには転職に関する多くの情報が掲載されています。

履歴書の書き方、転職する上での悩み
面接する上での注意点などが
サイトに掲載されています。

・職歴 転職歴

転職経験は、良い印象も悪い印象もあると思います。

転職が多いと
この人は、会社で嫌なことがちょっとあっただけで、
すぐに辞めてしまう人なのかと
思ってしまうこともあります。

仕事を教えても、すぐに辞められると
教える時間が無駄になります。
できない人にも
給与を払わなければなりません。
求人広告にもお金をかけています。
企業としては損失になります。


きちんと長く勤務してもらいたと思っています。
ですから
自分の会社に来てもちょっと嫌なことがあると
「自分には向かない」と即判断しないで、
少しは辛抱しできるようでないと

いけないかもしれません。

できると思って勤務してみたら できなかったという場合も

あると思いますが、
きちんとした理由があれば、
色々な仕事の経験が、
次の就職の時に役立つ場合もある かもしれません。

職歴に関しては自分の強みになる場合もありますので
よく思い出してしっかりとメモしておくといいです。

・転職が多くても悪いとは限らない

いくつも転職していることが悪いとは限りません。

いつか自分に合った仕事が見つかるかもしれません。
また転職が評価されることもあります。

いろいろな経験をしている人ですから、
苦しみも知っている筈です。
負けずに頑張っているんだ」

と考えることもできます。

求人広告の会社、労務事務所などのように、
仕事のことをよく知っている人が有利な場合もあります。
また転職していても、
大工、基礎工事など建築業ばかりに転職してたら
建築の専門家みたいです。
料理も同じようにラーメン屋、うどん屋 そば屋で働いていたら
麺の専門家です。

料理の人材としては、いい のではないでしょうか。
そう言うことも
求人サイトの人に相談してみるといいのではないでしょうか?


【履歴書の記入や面接で話せることを準備する】

面接でよく聞かれること

面接の時によく聞かれることがありますから、
そのことについてはよく考えておくといいです。
≫ 面接した時によく聞かれること
・今まで何をやってきた
・今の仕事をやめる理由
・我が社を希望する理由は
・家族について
・できること 特技資格
・当社に希望することやりたい業務、欲しい給与額

これらは必ず聞かれると思います。

特技や趣味も面接で言えるようにするといいです。

私が初対面の人と話す時、
よく趣味の話を持ちだします。
趣味の合う人は話して楽しいです。
趣味が合わなくても
関心を持ってくれるといい人だと思います。

お互いに趣味の話ができるような状況を作りだせると
会話は弾みます。

面接でいい人だと思われることは、
大切なことだと思います。
そういうやり取りから、
人柄を見抜こうとする役員たちもいます
から、
和やかに話せることも考えておくといいです。

自分の強みも言うべきかも

自分はこんな素晴らしい人間です。
こんないいことをしてきました。
などと言えません。

しかし、
入社の面接の時はある程度必要かもしれません。

相手は自分のことをまったく知らないのに、
短時間で人柄を見抜き、
一緒に働く仲間として
受けいれるかどうか判断しなければなりません。

自分のことをいいように言う人は
あまり信じられませんが、
面接の場合は、
ある程度は自分の良い所も
言えるようにした方がいいかも知れません。

恥ずかしいですが、
少しは自分をよく言えるようなことを
履歴書に書いたり、
言えるようにした方がいいと思います。

転職する理由もきちんとアドバイザーに説明しておく

転職の理由がある筈です。それを企業は知りたいはずです。

給与が安い
意地悪な人がいる
人事に不満
接客に疲れたので作業仕事がしたい
転勤命令があった
事務仕事がしたい
パソコンの能力を生かせる仕事がしたいなど

人によって違うと思います。

アドバイザーは、
その人の求める仕事を探そうと動いてくれますから、
転職の理由もきちんと説明しておいた方がいいです。

仕事を探す為に、

転職の理由にそった仕事を探すのに必要な情報になります。
言わなければ、
また同じような条件の仕事を斡旋されてしまい、
アドバイザーも
希望者も無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

遠慮なく転職の理由を告げるべきです。


【転職サイトを利用して不満があった人】

1)登録して斡旋を受けたら希望していた雇用形態ではなかった
試用期間が長く 正社員になれないような企業でした。
正社員を希望していたのに時間の無駄でした。

・・・確かにアドバイザーが
自分の意向をきちんと組み入れていないかもしれません。
しかし、仕事を探している人の職歴や転職の状態、
仕事の能力などから判断して、
希望する職業や給与額などを考えた場合、
それを見たす仕事がなかったのかもしれません。
それでも何とか希望にかなう仕事先を見つけてくれたのかもしれません。

もし正直に
「あなた自分のことを顧みて、そんないい仕事

よっぽどの人でないと無理ですよ。」
と言われたらショックではないでしょうか?

アドバイザーも

精いっぱい仕事を紹介してくれたのかもしれません。

それを説明する時間も、説明することも

何らかの理由でできなかったのかもしれません。
仕事を紹介してもらえただけでも、

チャンスがもらえてよかった 


と考えることができればいいような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2)求人登録をしたら、忙しい時間に連絡がくる し、
希望した仕事とは違う仕事の斡旋をしてくる。しつこくて嫌になる。

・・・電話連絡が嫌な場合は、登録前に確認するといいです。
紹介の電話がしつこくて嫌なら電話しないでと断りの連絡をしたり、
着信拒否設定をするか 解約すればいいと思います。
それでもしつこければ相談所に連絡するといいです。

転職サイトのアドバイザーも、
労働者で勤務時間中に連絡したい ので、
自分の都合のいい時間ばかりを考えて
連絡してくれることも少ないと思います。
また 相談者がたくさんいる と思いますから
仕方がないのかもしれません。

希望した職業や勤務地でないものを

斡旋してくるのは、
自分が伝えた希望を

全部満足させた仕事がないからかもしれません
希望した仕事に

近いものをアドバイザーの判断によって選んだ仕事が、
自分が伝えたこととずれていたのかもしれません。

また希望を完全に満たす仕事がなく、

できるだけ希望に沿った仕事だと思い連絡したのかもしれません。
しつこいのは熱心なのかもしれません。

仕事を求めている人は、求人を斡旋してくれて嬉しいと思います。
自分ができそうな仕事なら面接すればいいし、

嫌なものなら断って
次を探してもらい

早く良い仕事に出会えるよう

引っ張っていってもらえると

思えばいいのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3)登録しても連絡が来ない。
・・・知り合いが登録しても、全く連絡がありませんでした。
知人の希望した仕事はなかったようです。
条件が自宅から通えるところで、

その職業が特殊でした。

そういう仕事は田舎にはなかったようです。

もしあったとしても、

アドバイザーも忙しく、

埋もれてしまったのかもしれません。
本気で転職を考えているなら

待っていないでもう一度問い合わせてみるべきです


********************

仕事場が工場専門の仕事紹介のサイトもあります。
作業も勤務地も勤務体系も、いくつか選べます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加