スポーツが好きな人が得意な運動を生かした職業を考えてもいい

【スポーツが好きな人が 得意な種目で仕事に就く】

・得意な運動で 安定企業で高収入

スポーツが好きな人、得意な人は、
そのスポーツのプロを目指している人もいるでしょう?

プロはかなり難しいようです。

プロスポーツ選手になった後 は
コーチや指導者の道もあるようです。

有名な大会で優勝した場合には、
大学や専門学校などから
コーチなどの仕事を任せられることもあるようです。
スポーツ選手になった後、
スポーツをすること以外の仕事にもつけるようですが、
スポーツが好きな場合
プロになる以外にも

スポーツに関係した仕事に就けるようです

体育の教師、
好きなスポーツ用品の販売会社の社員、

スポーツ道具の開発会社、
スポーツ施設の会社、実業団、インストラクターなどがあります。

トレーナーや柔道整復師などの職業に就いた場合でも
経験してきた得意なスポーツが生かせるようです。

バーベル

【 実業団のある会社に入る 】

高校で部活動をやっていた人で、
地域大会の上位に入ることが常連の選手だった人は、
実業団に入った人も 私の身近にいます。

企業が宣伝の為に会社に、

スポーツクラブを設けています。

そのスポーツが上手な人は、
その会社の会社員として入社しますが、
同時にそのスポーツクラブに入る選手としても
会社に入るようです。

あくまで 会社員として雇用されますが、
スポーツ選手としても 会社に入るのです。

普段は会社員として、
他の従業員と同じようにその会社の仕事を普通にします。

仕事が終わってから、又は休日に
その会社で、そのスポーツをします。

大会などに出て企業の名前を宣伝してくることが
仕事になると思います。

警備会社では柔道選手等がコマーシャルによく出ています。

水泳選手などもいます。社会人野球、バレーなど
いくつかの社会人のスポーツ団体があります。

高齢になって、そのスポーツができなくなっても
解雇されることもないようで
好きなスポーツをやりながら
大きな会社の社員でいられていいようです。

実業団があるような企業は大きな会社ですから
給与も退職金も高いところが多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

【 スポーツ施設などで働く 】

・スポーツ店に勤める

好きなスポーツ用品の販売店員
得意なスポーツの商品開発会社に入社する方法もあります。

好きなスポーツの道具やスポーツウエア―を販売したり、
商品開発の研究や製造をしたりする仕事です。

当然に自分がやっているスポーツに関しての
商品知識はある筈です。
自分が使っている道具や着ているウエアや靴などについて
お客さんにアドバイスをすればいいので
やりやすい仕事だと思います。

街にはスポーツ店がたくさんありますから、

就職先は少なくはないと思います。

しかし、販売店の場合には、

若い店員さんが多いのが気になります。

・スポーツジムに勤める

スポーツジムに就職することもいいかもしれません。

健康管理の為に、行政から健康指導があり、
マスコミ等でもスポーツが奨励されていますから、
運動を行う為の施設が増えてきています。

その為、
スポーツ施設で働く人も求められていると思います。

そういう場所で、
得意なスポーツのインストラクターを目指してもいいかもしれません。

筋肉の重要性をよく言われるようになってきています

筋トレのコーチも人気が出てくると
給料に反映されてくるかもしれません。
器具の使い方の他、お客さんの健康管理、
トレーニングの日程の管理や
摂取カロリーの計算もするとことがあるようです。

スポーツ施設で働く人には、
筋肉や栄養関係の知識も必要とされています

その他に、受付事務 管理経営補助としての
仕事もあると思います。

・ダンスのコーチなど

最近はダンスをやる人が大変増えてきました。
その為 ダンススクールや
スポーツジム内でのダンス教室もたくさんあります。

そういうところで
ダンスのインストラクターの仕事もいいかもしれません。

ダンスは 小さな子供から高齢者までと
年齢の幅が大変広く
年齢に応じた教え方を学ぶ必要があります。

またダンスは流行りすたりがあるので、
常に流行を意識しなければならないダンスもあれば、
不変的伝統的なダンスもあります。

コーチとして先生として魅力があると
独自の教室を儲け、独立する人もいます。

スポンサードリンク

【 柔道整復師、マッサージ師、トレーナー 】

スポーツをやっていた人の中には、
医療の学問をする人もいます。

自分が選手としてその運動をしていると、
筋肉を傷めたり、怪我をしたりして
苦しんだ経験があります。
どうしたら治るのだろう、
どうしたらケガをしないで済むだろう、
回復する為のリハビリはどうしたらいいのだろうか
と自分で悩んだ経験があると思います。
その為、専門的知識を学び
それを職業にすることも大変いいのではないでしょうか。

実際に自分がその運動を通じて、
ケガをしたり、リハビリしたりしていますから、

教科書に書いてあるケガの施術やリハビリ、
トレーニング方法の検証ができます。
これは大変いいことだと思います。
理学療法士などになるには大学に行くことになります。
その為、高校時代に運動系の部活動をやっていた人で
運動系の仕事を考えている場合には、
早いうちから進路を決めた方が良いです。

【 普通の人でもスポーツは職業にできる 】

スポーツができる人や運動に関心がある人は、
スポーツに関係する職業を考えてもいいのではないかと思います。

スポーツの種類や職業の種類によっては
これからもいいのではないでしょうか?

高齢者が増えている現在、
高齢者の運動を指導する職業もあります。
人口知能が発達しても、
マッサージやリハビリ、コーチなど

その人独自のもの や 人に接するものは

コンピューターでは、まだまだできないかもしれません。

スポーツ関係の仕事もなくならない気がします。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加