腰痛で欠勤して仮病と思われ、日給月給の為給料も減る電気工事士

【腰痛で仕事ができなくなって、給与も減った電気工事士】

・腰痛持ち 仕事と趣味が原因かも

近所の電気工事屋さんに勤めている

中年の電気工事士の人の腰痛の話です。

うちの工事をやってもらった人で、

車の改造が趣味でよく話していた人なのです。
テレビのアンテナがおかしくなってしまったので

修理に来てもらいました。

その日
腰が痛くて歩くのが辛い」と言っていたのです
いつも元気なのですが、

今日は足を引きずっている位腰が痛いと言うのです。

アンテナを直すために、
はしごで屋根に登ろうとしたのですが、
はしごを持ってくるのも大変そうです。


やっとはしごをかけたものの
登るのは痛くて無理そうでした。

その為今日は辞めて、後日来ることになりました。

聞くと、普段から腰が痛いそうです。
誰でも体を痛めたら仕事はできませんが、
工事仕事は体を動かしっぱなしの
腰が痛いと作業ができず、
会社にいても、仕事ができない ので帰ったようです。

この人の車のシートは、
レーシングドライバーのような固定式で、
運転席に座ると身動きが取れません

ずっと、そのままの体制で乗っていなければならない のです。

それも腰痛の原因ではないかと思いました。
仕事で体を使い
趣味では体を長時間固定しているので、
腰の筋肉に良くないのではと思います。

使いすぎることも、
動かさないことも筋肉には悪い筈です。

スポンサードリンク

・社長が、腰痛で休みがちな従業員を仮病と疑い愚痴を言う

その後、電気工事会社の社長とお奥さんで
アンテナの修理に来てくれました。
前日来た車の改造が好きな工事士の人は、
しばらく休むことになったらしいのです。

年中、腰が痛いと言って休むから
しばらく休んで よく治せと言ってやったよ。」

「いつも腰が痛いと言って、
仕事を休むから現場作業ができなくなるんで困るんだよ」

「お客にこっちが怒られる」

本当に痛いのかどうかわかんないよ、仮病に思えるよ。」

「休みの時はずっと車に乗って
どこかに行っているようだけど、
そんな時は腰が痛くないのかな? 不思議だよ」

「元気に見えるから、仮病と思われても仕方がないよ」

「仕事に来るのが嫌なんじゃないの?」

社長と奥さんとで愚痴をこぼしていました。

腰痛などは、
見た目にはどのくらい痛いのかわかりません。


風邪やケガと違って
他人にはその苦しみが分からないのです。
腰痛など表面に苦しそうなものがでないので
気そうに見える こともあり、
仮病を疑われてしまうこともあるようです。

こんなことを聞いていると
その電気工事士の人は本当に腰が痛いのかな?
と私までも疑ってしまいます。
でも、この前のうちに来た時のようすを思い出すと
本当に苦しそうでした。

・電気工事士は日給月給で休むと給与がもらえない。

日給月給の人と、月給制の人とでは、
働き方と給与制がことなります。

日給は、働いたら働いた分の給与をもらいますが、
働かなければ給料はもらえません。

日給月給は、時給が決まっていて、
その日、何時間働いたから、
いくらの給与と言う計算をするのが日給で、
1か月分をまとめてもらうから月給になります。


時給1000円で一日、8時間働き月に22日働くと176,000円
アルバイトと同じような給与計算だと思いました。

仕事に来なかった日の分はもらえません。
ノ―ワーク・ノーペイ
それは当然だと思うのですが


月給制
の人は、月いくらですから、
そういう場合休んだらどうなのだろうと思いました。

友人でいい会社に勤めている人は、
休んでも月給だから変わらないというのです。


その代わり、月によっては既定の休みが少なく、
出社日数が多くても給与は増えないようです。
欠勤しても月給はもらえるというからいいな、

そういう会社もあります。


普通は月給でも、
休むとある程度の減額があるようです。

私が勤めるような会社では、日給月給でしたから
欠勤するとその日の分はもらえません。

アルバイトの給与と同じでした。
給与計算は会社によって違うようです。

労働契約書または就業規則があるので、
欠勤の取り扱い、
遅刻早退やボーナスの取り決めについて書かれています。

スポンサードリンク

・仕事を休んで給与が減って、ローン返済ができない

その電気工事士の人は、
かなり休んでしまったので、
給与が減った と言っていました。

車2台を持っていて、
かなり改造にお金をかけていたので支払いが大変そうでした。

ローンがある人は、よく考えないといけません。
将来の収入を当てにして借金をし過ぎると、
後で休んだ時に払いきれなくなってしまいます。

ローンは最低必要なものだけにして、
ローン計画を立てないと
思わぬ欠勤により給料が取れなくなった時、
生活に困ることになります。


その工事士の人は1台売却したのです。


【体を壊して、働けなくなったら大変だし、お金がないと不安だ】

しかし、腰痛で働けなくなると、
さぼっていると思われるようで嫌です。


精神的にも辛くなると思います。

体が調子悪くなり休むと

体の心配も、お金の心配も、 これからの生活の心配も
起きてしまいます。

健康を害した時に、
≫ ローンはするもんじゃない
≫ 貯金は大事だと
≫ 働かなくてもお金が入ってくるようにしなくていけない
≫ 株式投資、不動産投資などのお金を増やすことも考えておかなければいけない

と思うのです。


お金がない」、「仕事がなくなる」、という不安はとっても嫌です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加