アルバイト探し、正社員になれる仕事先やバイト先を探す

【アルバイトで仕事を探す】

・アルバイト、パートを探す場合

臨時的な働き方をしたい時や
一定期間だけ働きたい時に
アルバイトやパートをすることが
多いのではないかと思います。

アルバイトやパートをする理由
・失業の期間に一時的に収入が必要
・臨時収入が欲しい場合
・転職前にどんな仕事なのか体験してみたい
・長期間は働けない
・覚えたいことをアルバイトで会得たい。
・主婦など 一日のうち少しの時間しか働けない。

という働く側の事情があると思います。

また 雇う方でも
正社員で採用したいが、
正社員を雇うほどお金も仕事もあるわけでない会社や、
どんな人なのかわからないので
しばらくアルバイトとして働いて様子を見たい

という会社も あると思います。

働くことに、

雇う方と 雇われる方の 事情があり、
それにあった働き方が アルバイトやパートだと思います。


・失業の期間に一時的に収入が必要な場合

勤めていた会社を辞めた場合や
勤務先がなくなってしまった場合に、
急なことで

次の勤務先がすぐに見つけられない場合があると思います。

失業保険をもらっている人ならまだいいですが、

失業保険も対象外になっている時は、
収入に困ってしまいます。

正社員の働き先が
急には決められない時
見つからない場合には
臨時的な仕事としてアルバイトをやればいいと思います。

アルバイトなら、正社員よりは雇ってもらいやすいと思います。
しかし、アルバイトという臨時的な仕事であっても、

毎日何時間もすることですから

どんな仕事をしてよいか、

急には決められないかもしれません。

本業を探しながら、臨時の仕事も探すことは大変です。

インターネットで、自分がやれそうな職業や
自宅近辺のアルバイトの情報を調べてみるといいです。


業界TOPクラスのアルバイト情報サイト【マッハバイト】


・臨時収入が欲しい場合

会社に勤めながら
プラスワンの仕事を
増やさざるを得ない時があると思います。
家庭の事情などにより、
一時的に生活費が足りない場合が誰でも起こると思います。

そんな時 こちらの事情にあった

働き先や働き方を

満たしてくれるアルバイト先を

すぐに見つけることは難しいかもしれません。

≫サイト内 関連記事
お金がない時、生活費が足りない時、足りない分はアルバイトで稼ぐ

事前に 下調べをしておくことも必要ですし、
いいアルバイトがあったら

連絡をもらえるようにしておくと便利です。

臨時的なアルバイトでも
見つけることが大変ですから、
インターネットで探すことに慣れておき
アルバイト事情や
アルバイトサイトの利用を知っておくといいです。


・妻にパートに行って欲しい場合

夫がアルバイトに行けなくても、
奥さんにパートに行ってもらいたい時があると思います。
しばらく専業主婦をやっていたので、
パート先を一人で決めることに不安がある人もいると思います。

家事をしながら働くことは、
時間的な制約があり働く時間を選ばなければなりません。
また職安に行ってこんな仕事があるとわかっても
夫婦や家族で相談しながらでないと
応募することもできないかもしれません。

こんな仕事がいい、こんな労働条件がいいということを
奥さん一人で決めるのも大変だと思います。

仕事のことは、夫の意見も参考になると思います。

夫婦や家族で相談しながら、

調べられたり応募できたりするので、
インターネットでパートを探すのは便利です。


【アルバイトを利用して仕事体験を積む】

アルバイトを求める会社の多くは、
人手がとにかく足りない場合
一時的に忙しいので繁忙期や

忙しい時間だけ働いて欲しい場合、
正社員を雇うほど給与が払えないし、

長く仕事があるわけでもない場合だと思います。

本来なら正社員として採用した方が、
雇う方も雇われる方もいいと思います。

しかし お互いに しばらくの期間だけ

働いて欲しい、働きたいという事情があるから
臨時従業員としてアルバイトを選ぶわけです。

そういう特別な事情があるので
正社員と違った理由で、
アルバイトの応募をしてみてもいいと思います。
転職を考えて、

今の勤務をしながら働いてみたい時に
アルバイトはいかがでしょうか。


・転職前にどんな仕事なのか体験してみたい

転職を考えている人や、失業中の人は、
やりたい仕事 や 見つけた仕事が

自分に合う仕事かどうかわからず
不安になることもあると思います。
やってみようという意識があるなら、
未知の職業に挑んでみる場合、
最初はアルバイト従業員として
働いてみるといいかもしれません。
できないのは当たり前です。
未経験ですから。

雇う方も未経験だから
できなくて仕方がないと思ってくれる筈です。
そんな最初からできる人はいません。

給与は正社員より安いですが、
仕事に関してきついことを求めてくることはないでしょう。

あまりにきついことばかり言ってくるようなら

次の仕事先を見つければいいと思います。

アルバイトですから、
ある程度は気楽に仕事体験ができるはずです。


・できるようならアルバイトから正社員の道もある

アルバイトとして臨時従業員として働いていて
この仕事は面白そうだ、
正社員としてやってみたいと思った場合や

アルバイト先の会社も、
この人なら正社員として働いてもらいたい
となる場合もあると思います。

今すぐには従業員の空きがないが、
退職予定者がいる場合や、
急に従業員に空きが出た場合に
正社員として採用してもらえるかもしれません。

正社員で働きたいけれども、

アルバイトの募集しかない場合に、
会社に採用の話を聞いてみるといいです。

面接して、最初は臨時従業員で構わないが、
自分の勤務態度や仕事の出来具合によっては
正社員にしてもらいたい
という意志を伝えておくといいのではないでしょうか。

アルバイトで働く利点は、考えればあると思います。




【私のアドバイス:アルバイト面接の経験より】

アルバイトの面接であっても、
正社員の面接と同じつもりで対応して下さい。
雇う方は、アルバイトであっても
一緒に働く仲間であると思って採用の面接をしてくれます。
一緒に働く人が、変な人だと嫌だし、
バイトだからと言って遊び半分で仕事をされるのも嫌です。
バイトであっても、臨時的な勤めであっても、
真剣に働く意気込みが欲しいです。

男の人だと、アルバイトを募集していても、
年齢的に20代から50代の現役世代だと
断られることもあります。

そのことを覚悟しておいた方がいいと思います。

私は、20代の時、正社員の募集の他、
アルバイトでも 結構断られた経験があります。
「なんで、正社員にならず なんでアルバイトをするのか?」
と聞かれることが多かったです。

どんな仕事が自分にできるかわからなかったし、
いろいろな仕事をやってみたかったなどの理由がありました。
だからアルバイトなら、
できそうになかったら、
すぐに辞めても文句を言われないと思っていました。
そんな気持ちでしたから、
相手によく思われなかったのだと思います。
アルバイトの募集であっても、結構断られます。
アルバイトであっても、
雇う方は真剣に人材を見てきますから

アルバイトで働きたい理由を
しっかりと言えるようにしておくといいです。

正社員の採用の面接と同じようなことを聞かれます。


【アルバイトサイト:マッハバイトの利用方法】

アルバイトサイトの利用の方法
このアルバイト探しサイトは、仕事の種類も勤務地もかなりあります。

マッハバイト

バイトが決まると祝い金!バイトさがしはマッハバイト

職種(勤務地(全国の区、市) 労働条件などから
働きたい会社を選び
会社ごとの案内の枠の中にある 応募画面に進む をクリックします。
氏名 性別 生年月日 電話番号 現在の職業必須 メールアドレス
を入力して応募になります。

そしてその会社の募集要項の中に
「この求人は1,000円の採用祝い金がもらえる!」
と言うものがありますから

この額が初日の勤務が終わったら申請してもらえます。
少額ですがうれしいです。

業界TOPクラスのアルバイト情報サイト【マッハバイト】

≫関連記事 転職の方法や手順:転職の成功には、自分を知り仕事の情報を得ること

60歳の定年退職後、皆どうしているのか?再雇用か転職か独立か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加