4月に新社会人が入社する前に少しでも早く転職して先輩になる

【2,3月は求人が少ないので退職しない方がいい】

私が若くてよく仕事を替えていた時には、
2月3月は、いい就職先はなかった気がします。
求人雑誌も 2月や3月号は薄くて
募集している会社はいつもの月よりも
少ない気がしていました。

職安(ハローワーク)に行っても

「4月に新人が入るので、
2月や3月は求人は少ないから 就職は難しいよ。
5月位になればまた出てくるよ」
と 職員に教えてもらったことを思い出します。

しかし、現在は人手不足の為
2月や3月でも求人はたくさんあり、
そこそこ良い会社でも募集があるかもしれません。

入社時期の関係で

先輩後輩になる場合があるので

新年度に入った4月以降に転職するつもりなら、

ちょっと早く
2月、3月に転職してもいい気がします。

走る会社員

【ちょっとでも早く入社していれば先輩】

4月には
学校を卒業した新社会人が入社してきます。

その1カ月くらい前の
2月や3月に転職して会社に入っていれば、
4月には後輩ができるかもしれません。

1カ月でも先に会社に入っていれば、

先輩になります。

会社での上下関係は、一生続くので、
その会社にいる限り、ずっと先輩でいられます。

後輩や下の者がいると職場の生活環境はいいです。

せこい考えかもしれませんが、
会社に自分より下の地位の人や
後輩がいることは

社内では、助かることが多いと思います。

私は転職が多く、いつもシタッパでしたから
その辛さはよくわかります。

後から新人さんが入ってくると楽です。

まして、これから一生
この会社でやって行こうと思う場合なら、

後から入ってきた人は

ずっと自分の後輩になります。

1カ月でも先に入社していれば、
その人よりは会社のことを知っています。

社員達のことや取引先の人達のことを
親切に教えてあげることができます。

教えてあげれば、

普通は立派な先輩になれると思います。

スポンサードリンク

【後から入社してきた人には親切にする】

わずかでも先に入社していれば先輩です。

さらに年が上なら人生でも先輩になります。

後から入ってきた新社会人には、
会社のことでも
社会のことでも親切に教えてあげるといいです。

そうすれば教えてくれた良い先輩になれます。
自分が新社会人になった頃や
学校を出て初めて会社に入った時の頃を
思い出してみるといいです。

こんなことをしてくれた先輩がいて
ありがたかったとか

こんなことを仕事関係者にしてもらえて
うれしかったことを

新社会人の人にしてあげればいいと思います。

スポンサードリンク

【 私が感謝した先輩社員の思い出 】

私は、社会に出て働き始めたころは、

残業がとてもイヤでした。
早く帰りたかった、
とにかく早く家に帰って休みたかったのです。

そういう時、会社にいた年配の人達は、
「早く上がりな」

「若いんだから家に帰ってやりたいことがあるだろう」

と言って 帰らせてくれました。

やさしい対応をしてもらえて
ジーンと来るものがあったのを覚えています。

会社の年配の先輩の中には、
若かった私を早く返してくれた人達がいました。

やさしくされて、うれしく思いました。

早く帰らせてくれた先輩社員達や、

若いんだから仕方ないと
失敗したことを大目に見てくれた人達がいました。

私も、そのようにして後輩にしたわれる先輩になりたいです。

【 5月頃に転職すると若い先輩がいるかも 】

逆に、ちょっとでも 入社が遅ければ

後輩になってしまいます。

4月に新社会人になった若い人達がいる会社に

5月頃に転職して入社した場合

この間まで高校生だったような子が
先輩社員になってしまうこともあります。

あまりにも若い人に後輩として扱われるのは嫌です。

若い子でも、
自分より少しでも入社が早ければ
先輩社員になってしまいます。

自分の方が、年齢がかなり上の場合、
高校生の様な若い人を先輩として受けいれるのは辛いです。

しかし、転職した会社のその業務について経験があり
その仕事ができるなら関係ないでしょう。

実力でねじふせてしまえば問題ありません。

そういう年齢の問題

先輩後輩の関係

組織で生きていくには

かなり気にかかるところです。

通常は
入社期間が長い人の方が仕事もできる為、
出世が早くなると思います。

中高年からの転職は、
歳下が上司になることもあって
年下の上司や先輩もいる場合が多くなるので、

口の利き方とか、態度も気になります。

4月に新人社員が入ってくることがわかっているなら、
こういうことも考えて

転職計画を立ててもいいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加