同じ職種での転職は経験者の為優遇される。でも注意点や短所もある

【同じ仕事(業種)で、別の会社に転職する場合】

転職の場合、同じ仕事内容
勤める会社を変える場合があります。
(職業は買えないけど、勤める会社を変える場合)
現在勤めている会社は自分のやりたい業種なので、
この仕事を続けたいのですが
事情により勤務する会社を変えたい場合があります。

理由は次のような場合があると思います。
・給与が安い
・経験を積んだので故郷に帰る
・その会社の上司や同僚が嫌で我慢できない。
・もっと待遇のいい会社に行きたい
そんな転職の仕方にも長所と短所がある気がします。

スポンサードリンク

【経験者として転職した場合の長所と注意点】

求人の募集では、
経験者募集」、「経験者優遇
というものもあります。


雇う会社では
経験者がいないので仕事ができる人が欲しいとか、
慣れた人やできる人に
すぐ作業に入って欲しい場合があります。

一から教えている時間も余裕もない会社は
経験者を欲しがります。

経験者の場合、
即仕事を任せられるので会社としてはありがたいです。

それに、その人の技術ややり方
自社の戦力として新しく加えられれば
よりいいサービスができるようにもなるので
会社としては
経験者を入れれば成長ができます。

転職者も、自分のできる職業が生かせますから

経験者を雇うことは
会社にも転職者の両方に都合がいい気がします。
ただ経験者なので、
未経験者よりは、給与をたくさん払わなければならない
というデメリットもあります。

しかし、未経験の場合だと、
教える時間も必要で、
仕事ができないのに給与を支払うことの方が辛いと思います。

経験者なら、
すぐに、売上に結びつく作業ができるので

経験者に対しては

未経験の人よりは
高い給与をあげても利益は上げられる筈です。


ですから、
転職は、経験のある職業の方が良い気がします。

同業種の転職

【以前の勤め先の企業秘密は言うべきないかも】

・転職の守秘義務、モラル

経験者として会社替えをすると、
以前の会社の仕事について
聞かれることが当然にあります。


転職先の先輩社員や同僚から
勤務中の何げない会話の中に
「以前どんな仕事をしていたの?」

「なんで辞めちゃったの?
向こうの方が給与いいんじゃない?」
「あんないい会社なんで辞めちゃったの?」

と雑談ぽい質問を受けるかと思います。

新しい勤務先の人と早くなじむ為には、
ある程度の話はしなければならない場合もあります。

「以前はこんな仕事をしていました」
「こんな感じでやっていました」
などと
仕事をする上で話しをした方が良いこともあります

しかし、
以前の会社の社長達に 意地悪をされたから辞めたとか、
嫌がらせを受けて辞めた場合でも
以前お世話になった会社の悪口になるので
言わない方がいいかもしれません。

・注意点! 以前の勤め先の企業秘密は言うべきでないかも?

転職先の経営者は、
「あっちの会社は、どんな取引先があったの?」

「前の会社は、どんな材料使っていた?」

「外注はどこ?仕入れ先はどこの会社?
どうやって作っていたの?」

「お客はどうやってみつけていた?」

以前の勤め先の秘密
聞いてくる場合があるので
それは言っていいのかどうか難しい所だと思います。


もし以前の勤務先の
仕事内容や取引内容をペラペラ話してしまうと
モラル違反になるような気がします。

そういうことは
言わない方がいいような気がします。

転職先で、以前の勤め先の会社の内容をペラペラ話せば
受け入れてくれるかもしれません。
好かれるかもしれません。
でも、言わない方がいい感じがします。

スポンサードリンク

【同じ業種で転職が多いと信用されないかも?】

・転職が多い熟練の歯科衛生士さん

知り合いの歯医者さんは、
従業員が結婚するので辞めることになり、
歯科衛生士さんを募集しました。

求人広告を出し、しばらくして
2人の衛生士さんが面接に来たそうです。

1)一人は、30代の人で、若い時に歯医者に勤務していたが、
子供ができたので、退職して
しばらくは主婦をやっていた歯科衛生士さんです。
仕事はしばらくやっていなかったので、
慣れるまで時間がかかりそうです

2)もう一人の人は40歳ですが、
こちらは20代からずっと歯科衛生士の仕事をやり続けている
ベテランさんです。

しかし、多くの歯医者さんでの勤務経験があるのです。

歯医者は、歯医者同士の知合いがいますから、
履歴書をみると、
その女性が勤務した中に知っている歯医者さんがあったそうです。

何カ所もの歯科医院での勤務経験があるので
色々と業会についても詳しそうです。

・経験が多くても、転職が多いと・・・

40歳の衛生士さんは、
何カ所かの歯科医院の勤務経験があるので、
仕事はできるかもしれない。

でも、なんでこんなに
歯科医院の勤務替えをするのだろう?
と不思議に思いました。

「この人はきっと、うちもすぐに辞めて
他の歯医者さんに勤務するんだろう」
とその歯医者さんは思いました。

そう思うと
この経験豊富な衛生士さんを

雇用するのは辞めました。

自分の診療所の状況も
次の転職先でペラペラ話されそうだし、

こんなに多くの歯医者の勤務があるのも

何かありそうだと判断しました。

同じ業種で転職が多いのも経験ととらえられずに
信用できないととらえられた感じです。
雇ったのは

1)のしばらく歯科衛生士の仕事をやっていなかった女性の方でした。
久しぶりなので、
最初は教えなければならないので面倒かもしれないが、
その人の方が
信頼がおけそうだと先生は判断したようです。

経験者でも 近隣の多くの同業者に
勤めたり辞めたりを繰り返していると

経験があるというよりも、

「またすぐに辞めてしまう人」

「信用できそうにない人」

と思われてしまうこともあるようです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加