クリスマスの12月に無職は辛い、バイトもボーナスがなくて悲しい

12月、クリスマスの時に無職だとかなり辛いです。バイトしていればまだいいですが、 それでも正社員の人達がボーナスをもらっているのに 自分はもらえないので大変かなしかったです。私はそんな経験をしています。 仕事がない、お金がないということは 寒い時期ほど辛いです。

配置転換による50代の転職事情:給料が上がるが喜べない中高年

40代から50代にかけて会社員は給与が上がって行きます。 長年の成果の表れでよかったと思える人も多いようです。 しかし会社によっては、給与が高い人に対して、転勤や配置転換をさせるような場合もあるようです。 できない職種に追い込まれて転職せざるを得ないことになってしまう場合もあるようです。

自分に合う仕事を探していたバイト時代は金も仕事もないので怖かった

私は、自分が一生やって行く仕事は何がいいのかわからず、アルバイト生活をしていた時代があります。 自分に合う仕事を探すことは楽しいのですが、なかなかバイトがみつからず仕事もお金もないのでとても不安でした。バイトは時給が安いのでいつも貧乏でした。

人の仕事を羨んで転職失敗:調理師よりも営業職の方が稼げると思った

今の自分の仕事は辛く、労働の割に給与が少なくて思うような暮らしができなくて悲しくなる場合があります。 そんな時他人の仕事や給与とくらべると自分の仕事が嫌になり、他の人がやっているような仕事に転職したくなります。 でもよく考えて行動しないと転職に失敗してしまいます。 

サラリーマンの妻は夫の社会保険の関係で130万円までしか働けない

サラリーマンの妻は社会保険を全く支払わなくて保険証はもらえるし、年金ももらえます。 しかしパート収入が130万円を超えると自分で国保や国民年金を払うことになってしまいます。 夫の給与だけでは生活できない為、その妻が130万円よりも稼がないと生活できない場合どうしたらいいか悩んでしまう場合があります。

やっと就職したのに3ケ月でもう辞めるの?:会社と社員の就労の苦悩

社員を雇うには会社は求人広告を出し面接し、その後も教えなければならないのでお金と時間がかかります。 それなのに3か月位で辞められてしまうと損失になります。 また新人社員にとっても辞めたらまた就職活動をしなければならないのでそれまで無収入で大変です。 そんな場合どうしたらいいでしょうか?

30代50代の転職:昇級しても少な過ぎて50歳になっても生活が苦しい

ある会社で昇級がありました。すると30代の若い社員が辞めてしまったのです。 昇級してもこんな少しの給与じゃ10年後20年後の給与も低すぎる。40代50代になってから転職するなら今転職しないと間に合わなくなる。 と思って退職してしまいました。

学校と会社は似てる:会社員で出世や成功するには学生時代を思い出して

学校の学生生活と会社の社員生活は似ていることが多い気がします。でも学校と会社とでは違うところもあります。 似ているのだから学校で学んだことを応用して会社員生活に利用すれば社員で成功し出世するかもしれないと思いました。

会社員の悩みは将来自分の仕事がなくなる、休む人の分仕事が増えた等

会社員の最近の悩みに、人口減少やコンピューターの導入により自分の仕事がなくなってしまうということがあります。 また福利厚生の充実により休みが増えたので、 誰かが長期休暇をとると他の社員の残業時間が増えて辛い思いをする場合が出てきています。 会社員も楽ではないと思います。