sigoto51一覧

内向的か外向的か自分の性格と職業に気づかない:カメラ店の仕事

カメラマンだった人が、スタジオを兼ねた写真屋(カメラ店)を始めたことがあります。 お店にいて、じっと客を待っていてもお客さんは来ません。内向的な「待ち」の仕事よりも、 自分から出向いていく外向的なカメラマンの仕事の方が向いていたようです。 結局元の行動的なカメラマンの仕事に戻りました。自分の性格にあった職業形態に気づかなかったようです。

スポーツ洋品店の女性経営者の仕事内容:ミシンで在宅ワーク・副業

スポーツ洋品店の女性経営者がいます。この人は20代で起業したのです。 開店して30年位経つようです。その人はミシンもできるので、スポーツクラブのお客さんに刺繍も頼まれるようです。 縫製工場が減ったせいかミシンができる人がいないので、他からも依頼があり、副業でも稼いでいます。

社会保険労務士の就職先、仕事先を考えてから受験勉強を始めるべき

社会保険事務の手続きは簡単になったので、社会保険労務士の仕事は減ったように思えますが、 雇用契約問題や人事コンサルトの仕事は多いようで、社会保険労務士の知識は社会的に大変必要です。 しかし、社会保険の知識が必要だからと言って社会保険労務士の資格を取れば就職先がたくさんあるとは限りません。 労務士の資格取得を考える前に、労務士の求人状況や仕事先があるかどうか調べてもいいと思います。

妻の友人に生命保険の営業がいるとお金がない。生保レディを見習え

奥さんの友人に生命保険の営業の仕事をやっている人がいると、 生命保険にかなりのお金をかけている場合が多いです。 旦那さんに稼ぎがあっても、毎月の生命保険料でお金がない家庭がありました。 なんでそんなに保険ばかりはいるのかなあと不思議です。 夫婦仲が問題の場合もあるようです。

人手不足の時期は転職のチャンス。良い会社・良い仕事を探せる時

今の仕事に不満があり、やりたい仕事でもなく、 いつ辞めてしまうかわからないが我慢して勤めているとしたなら、 人手不足の時期は、転職のチャンスかもしれません。 好転できるとしたら人手不足の時がねらい目かも知れません。 転職先を調べてみるといいです。

季節の変わり目に体調不良、頭痛で仕事に行けない。自律神経が原因

季節の変わり目の暑くなったり、寒くなったりして気温の変化が激しい時期や、梅雨の時期に 体調不良や頭痛になり、仕事に支障がでることがあります。 花粉症にもなり、仕事ができなくなったり、 仕事を休んで寝込んでしまったりする人もいるのではないでしょうか?

定年退職後の夫婦の生き方、趣味、生活は…いつも家にいる夫が嫌

定年退職して、妻とゆっくりしようと思っても妻の方が毎日家にいる夫が嫌になることもあるようです。 やがて家にいることにも飽きてくるし、趣味だけでは時間があまり、金はあっても行き場がない人もいるようです。 やっぱり職業が必要なのかもしれません。

お金を貯める、奨学金を返すなら地元就職をすべきだ!まずお金

大学生の就職を考えている場合や実家を出て仕事をしている場合、 お金を貯めたいのなら実家のある地元に住み、地元企業に就職するといいかもしれません。 親元にいた方がお金がかかりません。 奨学金で大学に行った人は、お金のことだけを考えると地元就職の方がいいと思います。

仕事や転職に必要とされる職業の経験、資格、技術、営業力は何だ

転職したり、独立したりする場合に、自分の財産として身につけた能力があると思います。 職業の経験、資格、技術やコミュニケーション能力が自分の財産になると思います。 私の職業経験等から、仕事に必要な能力をまとめてみました。

嫌な人の仕事をやり続けることは辛い。辞めるとホットする

嫌な人の仕事や嫌な人といっしょに仕事をすることはとても辛く思います。 なんでこんなに威張るのか、命令してくるのか、無理やりさせようとしてくるのか? 自分が威張られたりしたら嫌じゃないのかな?と思います。お金がないとこういう人にいつまでも使われていて嫌です。

浄化槽の管理の仕事も、人間関係で辞めたい。人の言葉の方が汚い

うちの浄化槽を管理してくれている会社の従業員に仕事のことで不満が無いか聞いてみました。 こういう仕事は、キツイことは言われないから心は楽かと思っていたら、 全然そうではありませんでした。自律神経失調症になるくらい辛い思いをしているそうです。

就職先がない。どこも雇ってくれないから自分で商売を始める

転職を繰り返すと、仕事探しに疲れてしまうこともあります。 人員整理により辞めさせられたり、仕事の契約が解除されたりして、 年齢がいって勤め先が見つからない場合があります。 そうなると、もう、自分で商売を始めちゃえ! となる場合もあります。 しかし無計画ではうまくいかないかもしれません。

前の会社の商品や客を引き継いで商売を始める時。50代のゲーム屋

以前勤めていた会社でやっていた仕事と、同じ仕事で独立する場合や、 前の会社から仕入れたり、顧客を引き継いで今後自営業をしていく場合に、 それがうまくいかないこともあります。 会社を辞めたらもう部外者です。 以前の会社をあてにしての独立開業は、うまくいかない場合もあります。

転職は勤務している時、辞める前に次の勤め先のことを考えておく

転職を考えている場合、今勤めている会社の取引先などに、求人がないか聞いてみると良いかもしれません。 また学生時代の友人は同じ職業の人が多いと思いますので、 学友と仕事の情報交換を常にしておくことも良いと思います。 辞めてしまうと人との関係が途絶えてしまうので、 勤務している時にそれとなく求人情報を得ておくといいです。

error: Content is protected !!