転職や仕事探しの悩み一覧

退職や転職した年は住民税も国保も支払えない。安いアパートに引越だ

会社を辞めた場合には、次の会社に入社するまでは、住民税や国民健康保険料、国民年金を自分で払わなければなりません。 次の仕事が見つからないとお金がないので、税金を支払うことがとても苦痛です。 また転職して給与が下がると安いアパートに引越しなければ生活が苦しくなってしまう場合もあります。

求人広告に載っていた時給や労働条件の内容が違う、話が違うぞ

最近アルバイトは時給が高くなっているし、労働日数が少なくてもバイトの募集があるようです。 しかし面接に行き話を聞いたり、実際に働き始めたりすると、求人広告の記載内容と違う場合があります。求人広告と話が違うぞ!と怒りたくなる時もあります。

80歳を超えても働く。迷惑・邪魔にされずに働ける仕事はあるか

60歳で定年退職してからも年金では生活できませんから、 公務員以外は70歳になっても、80歳になっても、働かないと生きて行けません。 しかしシニアの働き方は、 若い人と同じように働くことができません。迷惑がられる場合もあるのです。

自分に向いていない仕事は、即辞めるべきか、続けるべきか

誰にでも、自分に向いている仕事と、向いていないと思う仕事があると思います。今の仕事をこのまま我慢して続けるべきか、それとも他にできそうな職業に転職してみようかと考えることがあると思います。でも自分に向いている仕事とか、合っている仕事とか言うのはどういうことを言うのでしょうか。

いつ辞めてもいいように臨時の仕事先を確保しておく:配膳人も

我慢ができずに急に仕事を辞めてしまう場合もあります。すると次の仕事の給料日までの長い間収入が入りません。 それでは困るのでいつ辞めてもすぐに仕事ができる臨時の職場を見つけておくといいです。女性だと配膳人に登録しておいてもいいかもしれません。 ●済

内向的か外向的か自分の性格と職業に気づかない:カメラ店の仕事

カメラマンだった人が、スタジオを兼ねた写真屋(カメラ店)を始めたことがあります。 お店にいて、じっと客を待っていてもお客さんは来ません。内向的な「待ち」の仕事よりも、 自分から出向いていく外向的なカメラマンの仕事の方が向いていたようです。 結局元の行動的なカメラマンの仕事に戻りました。自分の性格にあった職業形態に気づかなかったようです。

社会保険労務士の就職先、仕事先を考えてから受験勉強を始めるべき

社会保険事務の手続きは簡単になったので、社会保険労務士の仕事は減ったように思えますが、 雇用契約問題や人事コンサルトの仕事は多いようで、社会保険労務士の知識は社会的に大変必要です。 しかし、社会保険の知識が必要だからと言って社会保険労務士の資格を取れば就職先がたくさんあるとは限りません。 労務士の資格取得を考える前に、労務士の求人状況や仕事先があるかどうか調べてもいいと思います。

人手不足の時期は転職のチャンス。良い会社・良い仕事を探せる時

今の仕事に不満があり、やりたい仕事でもなく、 いつ辞めてしまうかわからないが我慢して勤めているとしたなら、 人手不足の時期は、転職のチャンスかもしれません。 好転できるとしたら人手不足の時がねらい目かも知れません。 転職先を調べてみるといいです。

定年退職後の夫婦の生き方、趣味、生活は…いつも家にいる夫が嫌

定年退職して、妻とゆっくりしようと思っても妻の方が毎日家にいる夫が嫌になることもあるようです。 やがて家にいることにも飽きてくるし、趣味だけでは時間があまり、金はあっても行き場がない人もいるようです。 やっぱり職業が必要なのかもしれません。

お金を貯める、奨学金を返すなら地元就職をすべきだ!まずお金

大学生の就職を考えている場合や実家を出て仕事をしている場合、 お金を貯めたいのなら実家のある地元に住み、地元企業に就職するといいかもしれません。 親元にいた方がお金がかかりません。 奨学金で大学に行った人は、お金のことだけを考えると地元就職の方がいいと思います。

仕事や転職に必要とされる職業の経験、資格、技術、営業力は何だ

転職したり、独立したりする場合に、自分の財産として身につけた能力があると思います。 職業の経験、資格、技術やコミュニケーション能力が自分の財産になると思います。 私の職業経験等から、仕事に必要な能力をまとめてみました。