転職や仕事探しの悩み一覧

就職先がない。どこも雇ってくれないから自分で商売を始める

転職を繰り返すと、仕事探しに疲れてしまうこともあります。 人員整理により辞めさせられたり、仕事の契約が解除されたりして、 年齢がいって勤め先が見つからない場合があります。 そうなると、もう、自分で商売を始めちゃえ! となる場合もあります。 しかし無計画ではうまくいかないかもしれません。

転職は勤務している時、辞める前に次の勤め先のことを考えておく

転職を考えている場合、今勤めている会社の取引先などに、求人がないか聞いてみると良いかもしれません。 また学生時代の友人は同じ職業の人が多いと思いますので、 学友と仕事の情報交換を常にしておくことも良いと思います。 辞めてしまうと人との関係が途絶えてしまうので、 勤務している時にそれとなく求人情報を得ておくといいです。

60歳定年後のシニア世代の仕事探し。同年代の人がいる職場

60歳代の人が再就職先や仕事を探す場合、 年齢的な風格を生かした仕事や 同じような年齢の人が働いている職場を選んでも良いと思います。 同じような年頃の人達と一緒に働けると、会話ができるし、 お互いに健康面を気にし合えていいと思います。

同じ年齢の人が働いている会社が良い。学生や主婦に向いたバイト

学生や主婦がアルバイトを探す時、同年代の人が働いている職場を探しているといいかも知れません。 本業でずっと働き続けるわけでないのなら 気持ちのわかる年齢の近い人がたくさんいる仕事場だと、話が合って楽しくバイトできると思います。 職場は人間関係も大事です。

中高年からの国家資格や技能検定を考える、転職や開業に必要か

国家資格や検定試験が、就職に有利なこともあり、開業するにも必要な場合もあります。 しかし資格を取ることばかりに労力やお金を費やしてしまい、 とっても仕事に役立たない場合もあります。そんなことをしているなら 資格を必要としない職業でどんどん働いてお金を稼ぐ方がいい場合もあると思います。

住宅地図のリサーチの仕事や道路交通量の調査のバイトの経験談

リサーチ会社で調査の仕事をやったことがあります。 住宅地図に記載されている家の持ち主の名前と、 実際に住んでいる人が正しいかどうか調べます。 表札やポストから名前を確認するだけでいいのです。 知らない街を隅々まで歩きまわって、お金がもらえて楽しいバイトでした。

通勤距離が短い時、自宅から会社が近い時のメリット、デメリット

転職の際、職種や給与額などの条件の他にも、自宅からの距離もよく考えた方が良いです。 自宅から近い方が良いことが多いかもしれませんが、近すぎると困ることもあるかもしれません。 会社が近いことのメリット(利点・長所)やデメリット(欠点・短所)を考えてみました。

辞めた理由や転職の理由を聞かれてどう答えるか(上司が嫌だから)

転職の際に面接を受けた時、必ず聞かれることがあると思います。 「前の会社はどうしてやめたの?」と。 返答によっては、採用されないことになってしまうと思うと悩んでしまいます。 またすべての面接官が立派な人とは限りませんから、わかってもらえないこともあります。