会社で馬鹿にされる人は高級品を身につけ自分を大切にしてみて

【自分を大切にする人は馬鹿にされない】

・自分を高める

会社には、目立つ人、人が寄ってくる人、

好かれる人、嫌われる人がいます。

人の集団に入って普通にしているだけでも、
馬鹿にされる人、軽く見られる人 なめられる人がいます

そう言う人は、
会社組織や、会社の中の営業チーム、部署などの
集団の中にいることが苦手な場合があると思います。

嫌なことを押し付けられたり、八つ当たりされたり

悪くないのに責任を押し付けられて
悲しい思いをしていることがあるかもしれません。
他人から軽く見られないようにするために、
怖い格好をしたり、
人と接しないように人を避けたり、

話たりしないようにする人もいます。

しかし、それでは会社に行けないし、
商売もできません。

人に軽く見られたくない場合や、

他人に大切にされたい場合は

自分で自分のことを大切に扱い、

自分を高めたりすると
他の人も馬鹿にしずらくなり、

侮ったりはしないようになるようです。

スポンサードリンク

【 服装について 】

・きちんとした服装でいる人になるべき

汚い格好や、
いつまで着ているんだと思われるくらい
ヨレヨレの背広を着ていたり、

Tシャツの首回りが伸びきったものを着ていたりしていると

人に馬鹿にされるかもしれません。

そう言う人と
きちんとアイロンのかかったシャツを着て、
いつもピシッとした服装をしている人とでは、
見た目が全然しがいます

スーツの陰

服装に気を使わない人や
おしゃれなど どうでもいいと思っていると、

周りの人に、

無神経な人、だらしない人、どうでもいい人と
思われてしまうかもしれません。
服装って、人格判断の要素になります。

・いつも同じ服は着ない、服装や身なりも重要

嫌味な人の中に、

気取っておしゃれな服を着ている人も多いと思います。

人は、中身が大事だということもありますが、
ある程度 服装にも気を使えるようでなければ

人柄が良くても、

馬鹿にされてしまうこともあるようです。

いつの時代の服装かわからないような
古めかしい服装も

アンティークでいいかもしれませんが、

場合によっては

汚らしいとか、だらしないと思われたり、

お金がなくて服が買えない人と思われる
馬鹿にされてしまうでしょう。

古着は着こなしが難しいようですから、
中途半端に古い服は、お金がないと思われます。

おしゃれに関心がない私も、
ある程度 洋服にも気を使わないといけない
と最近気づきました。

「服なんかなんでもいいや、人間性が大事だ」
という主張も、

お金を稼いでいる人なら 説得力もあるでしょうが、

稼ぎがない人が言うと
そんな格好でいるから誰にも相手にされず、稼げないんだ

と言われそうです。

ぼろぼろの服だけどまだ着られる、
捨てるのはもったいないと
古い服ばかりきていると本当に
古臭い人で、お金がない人になってしまいそうです。

【 貴金属を身に付ける 】

・高級品、光るものを身に付ける

高級品を身に付けていると
稼ぎがある、お金持ち、仕事ができる、すごい人脈を持っている人、
と相手が勝手に解釈してくれるようです。

確かに、お金があるから高級品を手に入れられる筈です。

商談においても
高級品を身にまとう人が勧める商品や企画は
良いものに違いないと思ってしまいます。

高級品を身にまとっている人は

実際に稼いでいるように見えるので、
発する言葉にも信頼性が増してくるし、
態度にも行動にも威厳があるように思えます。

・高級腕時計をした若い営業マン

外国の王冠のマークのある高級時計をしている
若い営業マンがいました。

キラッと光る大きな腕時計が目に入ってきます。

そういう高価な物を身に付けていると
「何か違う?」と感じます。

その時計のことを聞きました。
若者は

「腕時計のことを、聞かれることはたまにあります」

「良い時計しているねとか言われます。父親のですけど・・・」

私も、若いのにそんな高価な時計をしていて何だろう?
と思いました。

こういう人は、やっぱり馬鹿にされず、

一目置かれるのかもしれません。

そして、私との商談において話題になったことは事実です。

別に嫌みな感じもしませんでした。
「いったいこの若者は何者なのだろう?」と思ったのです。

高級腕時計

父親のものであっても、
そんな時計に何十万円もかけられる人だから

その父親は
何か偉い人なのかなあと思ってしまいます。

腕を動かすたびにピカッと光るので目立ちます。

高級時計は威圧感があります。

・キラッとした貴金属を身につけて自分も光らせる

女性だとあまり派手でない指輪やネックレスをしたり、
宝石のブローチ等をつけるといいかもしれません。

男は、ネクタイは必需品です。

ちょっと高くて、センスのいい腕時計や
輝いたタイピンやカフスボタンなどをするといいかもしれません。

・トラックの運転手の太い金のネックレスの効果

トラックの運転手はなめられない為に

金の太いネックレスをしています。
高そうです。

その太い金のネックレスをしている人は

怖い人が多い気がします。

「ちょっと、威圧感があって、やだなあ」と思っても

本人には「馬鹿見たいだぞっ」とは言えません。

それは怖いからです。

金のネックレスの効果があったことになります。

自分を高価な物で着飾ることをしていると人は

馬鹿にしてきません。

私も太い金のネックレスやブレスレットをしてみたいです。

これをしていれば馬鹿にされない気もするし、

自信がついた気になりそうです。

スポンサードリンク

・メガネ(だてメガネと言う言葉もある)

メガネをかけると賢そうに見えるそうです。
私が子供の頃には、メガネをかけている子は
勉強ができるという印象がありました。

今の時代は目が悪い子が多いので、
メガネ効果は薄れてきた感じですが、

それでも
格好の良いメガネをかけると
賢そうとか、威厳があるように見えると言われています。

キリットしたメガネを

自分の武器に加えるといいです。

私の知人は、仕事で、数十人の人の前で、
話さなければならないことがある時、
メガネをかけて話すそうです。

メガネ効果を使おうと思った他に
レンズにちょっと色が入っているので、

こちらの顔が見えずに都合がいいと思ったようです。

講義の後で、他の人から
メガネをかけていると、普段と違って、
かしこそうに見えるし、専門家風に見えた
と言われたと言っていました。

メガネ効果はあるらしいです。


いつも会社やお客に馬鹿にされて
嫌な思いをしている人は、
ちょっと見た目を変えて見ると
一時的なだけかもしれませんが
効果があると思います。

または 上記の知人のように人前で話す時とか、
特別な場合にだけでも
外観を飾ることをやってみるといいかもしれません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加