派遣で大手の工場で働いた経験談。派遣は給料が良かった

【派遣会社で大手の製造工場で働くように言われた】

・勤務地 / 大手電機メーカー製造工場

昔ですが、ある時求人雑誌をみると、
工場の製造作業員の仕事の募集がありました。
工場仕事はもう嫌だと思っていたのですが、
時給の額や日当金額が 高いのです。
しかも、勤務地は
大手の電気メーカ―の製造工場です。
大手は時給がいいのかと思って
求人を出している会社を見ると、
その大手の電気メーカーではなく
聞いたこともない会社でした。

なんで違う会社が
大手の製造工場の従業員を募集するのか不思議でした。
もう工場の仕事は嫌でした。
でも、時給がいいので電話連絡し、面接に行きました。
マンションの一室がその会社らしく、
応対してくれた人は親切だった記憶があります。
即採用になって
早く仕事に言ってくださいという感じでした。

「この会社は、あの大手の電気製品の会社でないのに
どうして、ここで採用されて
あの大手の電気製品の会社に勤めるのですか?」

と聞くと

「採用はうちで、働きに行くのは、大手電気製品の会社だよ」

「派遣だからね」


「仕事の指示も、仕事も全部、向こうに言ってあるから、
あっちの担当者(大手工場の従業員)に、
○○社(派遣会社)から来た、

うちの会社のことを言えばいいようになっている」

「派遣」ということを初めて知りました。

スポンサードリンク

・派遣先の工場で、製造作業を普通にする

大手の工場は入り口に守衛もいて、
「私は、○○社(派遣会社)の従業員で今日から働きに来ました。
○○担当の○○さんのところに行くように言われました。」
派遣会社の社長に言われた通りに言うと、
守衛に何とかと言う場所に行くように言われ、
担当者に合いました。

名前だけ言うと
自己紹介もなにもなしに、
大手の電気メーカーの刺繍の入った上下の作業服と帽子を渡され、
何の説明もなく、
そく工場の流れ作業の場所に案内され
流れ作業をする
ことになりました。

事務的に処理された感じでした。

すぐに、係りの人の指示で、レーンに配置され
何かの部品を組み立てた記憶があります。
製造レーンの班長に言われた作業をして、
10時になるとサイレンがなり一斉に休憩です。
15分休むと、
次は12時、3時に休憩があって
5時半ごろ終業になります。

大手の製造工場で働くのは初めてですが、
工場は大変大きく、
いくつも作業工場の建物があって、
大きな食堂もあり
休憩施設も立派なものがありました。
大手の会社はすごいなあと思いました。

派遣は
派遣先の会社に雇われているわけでもないのですが

派遣先の製造工場の正社員と同じ仕事をする のです。
派遣先の人の言うことを聞いて
派遣先の社員の指示に従い、
派遣先の従業員と同じように働くのです。

・給料は町工場で直接雇われた時よりも、派遣の方が良かった

今まで地元の工場で働いたり、アルバイトをしたことがありますが、
派遣の時給はそれよりもいいのです。

いいといっても町工場の時給が大変安すぎるのです。

求人雑誌の時給がよかったのでが、給与をもらえるまで

本当に広告通りにもらえるのか?と心配でした。
しかも給与は、2週間ごとに出るというのです。
2週間目の金曜日に
派遣会社に給与をとりに行くことになっていました。

派遣会社に行くと、いい感じの社長がいて、

私は自分の名前を言うと、社長が給与袋をくれます。
確認すると
確かに、求人広告の通りの給与が入っていました。
バイトで直接工場に雇われるよりも
時給がいいのは本当でした!



その派遣の会社には、
同じ派遣先の工場で働いている人が、2人いました。
話を聞くと、その人達も自分が何の仕事をしていいかわからず

とりあえずアルバイトをしていると言っていました。

当時私より1つ年下の人でした。
同じような人が

他にもいるんだと思うと安心しました。

みんな自分の仕事のことで悩んでいるんだ。

スポンサードリンク

・下請け工場の社員も働いていた

派遣先の大手の製造工場の中に、
違う作業着を着た人達がいました。

その人達も毎日その工場で働いているのです。

何か黙々と働いているような感じがしました。
休憩時間に聞くと、
下請けの工場の社員でした。
自分達の工場で仕事がなくなったり
大手の工場(下請けから見たらお客さんの会社)が
忙しくなると、
派遣されて
こちらの大きな工場で働くように
言われてくるらしいのです。


また、この手の大きな製造工場は、
他の派遣会社からも工員が派遣されて
働きに来ていることも知りました。
同じような立場の人達がたくさんいて
心強い気がしました。

大きな製造工場には、
その会社の正社員と
その会社で雇われたアルバイトと
さらに
複数の派遣会社から派遣されてきた人
下請け工場の従業員など
様々な立場の人が働いています。

・工場の作業の仕事内容

工場仕事は、
2時間ごとにずっと同じ作業をし続けます。

2時間立つと休憩時間があります。
ベルトコンベアーにのってきた部品を
組み立てたり、
コードをつなげたりして
一日中黙々と作業をします。

町工場での作業は、
灰色の油がしみ込んだような暗く狭い陰湿な工場での作業でした。
大手の工場は広いので圧迫感がありません。
大手の控除の室内は灰色であっても
町工場より汚れてなく、
明るくて人も多いので、町工場よりも雰囲気はいいです。

・大手の工場は働く人がたくさんいていい

お昼時間の食堂は、若い女の子たちもいるので
少しは活気がありました。
大手の工場は、働いている人が
大勢人がいるので、中には仲良く話せる人もいます。
話しが合う人も同年代の人達もいました。
やっぱり働くなら大きなところがいいなあ
と思いました。

帰りに大手の工場の門から出ます。

自分も
こんな大きな会社の従業員になったような気分でした。

後で気づいたのですが
高校時代の同級生が正社員で
この大手の製造工員として働いていました。
高校を卒業する時なら
こんな大きな会社でも、高校が推薦してくれたんだと
思い出しました。

でも、やっぱり製造工場は自分にはあいません。
早く今日が終わらないかと、毎日毎日思っていました。

【派遣会社で工場仕事をする場合のアドバイス】

工場で働くなら、町工場よりも
大手の工場の方が働く環境がいいです。

または、バイトなら
派遣会社の募集で行った方がいいです。
給与も派遣会社を通した方がいいです。

また大きな会社の方が、

泥臭い人間関係もあまりありませんでした。

辞める時の話ですが、
今までなら雇ってくれた経営者に会うのが嫌でしたが、
派遣は辞めるのも楽でした。

派遣会社に「辞めます」の連絡をするだけでした。

派遣会社は辞めることも気楽でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加