経理業務、事務仕事の悩み:繊維会社のキツイ奥さんの下で働いて

【経理事務の仕事で繊維会社に勤めた時の仕事内容】

・経理事務の目的

会社における経理の仕事は、みんなが働いた結果のお金の集計や計算になります。
慎重に処理し、働いた分の請求はしっかりとし、間違った処理をして会社に損失を出してはいけません。

1)経理の目的は会社の儲けを計算することと、
会社の資産や負債がどれだけあるかを集計することです。
どのくらい儲けているか、(あるいは損しているか)と、
どのくらい財産があるかを集計します。

2)税金を支払うため の所得計算の元として、収支の集計をします。

収入と費用を集計して、どの位儲かっているかによって、
従業員に支払える給与やボーナスが決まるし、
会社のものを買うにも、
経営の判断をするにも利益の算出ができないと困ります。
その判断の元となるのが
損益計算や財産状況の集計事務になります。
お金のこと ですからかなり重要な仕事になります。

電卓1

・経理事務の仕事・・・お金の管理は大変です。

大手の会社のことはわかりませんが、
中小零細企業の経理は、
現金や預金、売上、仕入などを主に集計、管理します。


外部の取引先に対して、
仕入れや経費の支払管理と売上の請求、入金管理をします。

材料や商品の仕入れの支払いの伝票と
売上に関する伝票が 営業から回ってきますから、
仕入れ先ごと、得意先ごとにその記録をします。


その他社長などから経費の使用明細が上がってきますから、

現金出納帳に書きます。

当座預金などの小切手の管理が厄介です。

小切手を切っても相手が
銀行に換金手続きにいつまでも行かないと
処理が止まってしまい、
預金残の確認をしておかなければなりません。

また手形の処理が厄介です。
だいたい受取手形は銀行で割り引きますから、
その処理管理も面倒です。

支払手形の管理も大変怖く、
決済期日に当座にその分のお金を入れておかなければ
不渡りになってしまいます。


受取手形でも支払手形でもあると
お金の管理が大変なのです。

月末頃は、売上や仕入代や給与などの支払の集計があります。
棚卸の集計をする会社もあります。
月末頃は残業が増えます。これは辛いです。

ただでさえ、ずっと一日中座り続けて
パソコンと電卓での事務作業をしていて、

さらに残業までするので、辛いです。

経理の仕事は、月末は苦しい と思います。

・経理は会社のことは何でもしている立場になります。

雇用契約時に保守義務を約束させられると思いますが、
それは重要な約束です。
経理は会社の金庫番になります。

その会社の売上も仕入れ先も外注もすべてが分かります

経理課の人はその会社のことを何でも知ることになります。

その為、特に重要な部分は、
だいたい奥さんがやって、
他のこまかいことを他人従業員が処理すると思います。


他人に売上や取引先との関係、
特殊材料の入手など秘密にしておきたいことを知られては
経営者側が不安になると思います。

また従業員の給与の計算、振り込み手続きもしますから、
誰がいくら給与をもらっているかもわかります。

・経理の仕事の慢性痛(肩こり、目の疲れ、腕のしびれ)

経理事務の仕事も一日8時間労働です。
ほとんど一日中座りっぱなしです。
経理の仕事や縫製の仕事は、
同じ姿勢で長時間細かいことをします から、
人によってですが、体が痛くなる ようです。

1)男は、おしりが痛くなります
バイクに乗っている人や
ヘラブナ釣りをやった人がよく言うのですが
座りっぱなしになるとおしりがしびれてきて、
そのうち、おしりのほっぺと骨盤のあいだが大変痛くなります。


女の人はおしりが痛くなりにくいようです。
対策はやわらか座布団です。

2)目が痛くなる、ずっと机の前位しか見ていませんから目が痛くなります。
パソコン作業も多いので、ドライアイになる人も多いです。
目薬は必要で、目医者さんによく行くようになると思います。

3)肩こり、背中痛、頭痛が慢性的になります。

パソコン作業や事務作業で
一定の姿勢で長時間作業をしているので、肩が凝ります。
肩から首の筋肉が凝り固まって
肩こりや首痛が慢性的になります。頭痛になる人もいます。

これで経理の仕事を退職する人もいます。

男の経理の人では、
外回りや何かの打合せをする仕事も兼務していると、
体を動かすので
慢性通に悩まされることは少なくなると思います。

女の人では、お茶くみや来客の相手をしたり、
買い物、銀行へ行くなどの
事務仕事以外の仕事をして凝り固まるのを防ぐ
といいと思います。

一日中座りっぱなし
パソコンの処理をしっぱなしは
血行が悪くなっておかしくなります。

スポンサードリンク

・経理の女性でお茶くみを嫌がる人は損!

経理の仕事の中にお茶くみがあると思います。
「お茶くみの仕事は、女を馬鹿にする」

とか言い出した女性が昔いたようで、
一時的にお茶出しを
女子事務員がやらないような風潮になった時がありました。

事務室と経理をやる部屋が同じ場合が多いので、
事務所に、上司が来ても、
お客さんが来ても挨拶の為に席を外さないし、
お茶もいれない女性もいますが、
そんな言葉をうのみにしては自分に取っては損失です。

目上の人を発見したら、
こちらから挨拶したり、お茶を入れたりして
積極的に人と触れ合うべきです。

上役の人と話せるチャンスだし、

取引先と人脈を作るチャンスでもあります。
経理課は会社を通じて色々な人と出会えるチャンスの場ですから
積極的にお茶入れはすべきです。

流しで湯呑を洗う仕事も肩こり防止に少しは役立つと思います。
変にプライドの高い人に、
お茶入れを馬鹿にする人がいますが、
そんな人がいても気にせず、
男でも女でも自分からお茶くらいいれるべきです。


ただお客さんからすると女の人が入れた方が、
気分がよさそうなのです。


人にかわいがられる女子事務員を目指した方が、
自分の為だと思います。

80歳になる男の社長がいますが、
その人の会社に行くと、
お茶もお茶菓子も社長が出してくれます。


恐れ多いし、気を使ってもらえてうれしいです。

そんな人は嫌いになれません。

・経理事務の仕事は、嫌な人と一日中同じ部屋にいることになるかも!

簿記検定があるだけでは、その繊維会社の経理事務はできません。
経理の実務経験を経て、
その会社のやり方になれるまで時間がかかります。

経理の仕事は、
肉体労働でもあり精神労働でもあり、安い給与で、
責任も重い仕事だと思います。

経理の仕事は細かい仕事で重圧のある精神労働です。

お金のことを処理するので神経を使います。

外仕事をしている時、
事務室で仕事をしている人は、「いいなあ」と思っていました。
しかし、中仕事は 外の肉体労働に負けずに辛いです。

経理の部屋で、同じ人と一日中ずっと一緒にいるのです。

感情的な奥さんとずっと一緒にいて、
嫌みや愚痴を聞かされることもあると知り合いの事務課の人が言っていました。
ノイローゼになりそうだと・・・、

ずっと監視していているようで、ヘアースタイルがどうのこうの、
服が何とかとか、いちいち監視してくるので、
嫌になると言っていました。

全部の経理の仕事がそうでないですが、
そういう嫌な人とも
ずっと狭い部屋にいなければならない場合もある
ということです。
とくに経理の仕事は女の人が多いので、
そういう女独特の嫌みみたいなものがあります。

・繊維会社の会計事務の特徴 (取引先が多く、手形の管理が大変)

糸や生地、半製品の仕入れ先が
大変多いので業者ごとの処理が大変です。
取引先の会社との力関係によって閉め日、支払日も違います。

支払い方法も異なる場合があるのです。
「これは現金で」、「こちらは振り込み」、「これは支払手形で」

「こちらは裏書手形で支払う」など様々です。

さらに会社の事情により、
その支払方法が突如変更になる時もあって、
もう何が何だか分からなくなる時もあります。

こういう変更も、
社長の奥さんの気まぐれな気分でやる時があるのです。

嫌になります。

繊維会社は、手形取引が多く、商品を販売してから、
それがお金に変わるまで何か月もかかること多いのです。


商品を引き渡して、
1か月分を集計し請求して、
しばらくして受取手形をもらいます。


手形がお金に変わるまでのその期日(決済日)が、
4か月から6か月と非常に長い期間なのです。


その為その期間、
手形のことをいつも気にしていなければなりません。

当然割り引いたり、裏書したりしていますが、
手形が実際にお金になる日まで手形のことは
覚えておかなければなりません。
面倒です。

その為、連鎖倒産も繊維会社は多いのです。
(手形はもらってもすぐにお金になりません。
決済日と言ってその日に銀行に持って行って
初めて通帳にお金が入ります。)

その他、電話が多い、運送屋がよく来る。

スポンサードリンク

【私たちの経験談(社長の奥さんがきつくて、わがまますぎる)】

・事務職は、ずっと同じ人と狭いに事務室にいることになる。

私が勤めた個人業的な繊維会社は事務所が一つで、
経理も営業も全部一緒の部屋です。
中小企業以下の会社はみんなそんな感じだと思います。

社長とも奥さんともずっと一緒にいます
この人達は使う側ですから自由に行動しています。


雇われた側は、拘束されます。
雇われているから当たり前ですが、
その部屋に、
終業時間が来るまでずっといなければならないのです。



感情的な経営者夫婦と
ずっと一緒にいなければならないのです。

仕事がうまく行かなくなったり、
お金の周りがうまく行かなくなったり、
取引先と仲が悪くなったりすると、

機嫌が極端に悪くなる経営者夫婦がいるのです。

そういう人と一緒に
同じ部屋にいなければならないのがとても辛いです。

経理の仕事は社長の奥さんが仕切っていることが多いので、
奥さんに指示されますが
感情の高ぶりが激しく
キーキー言う人だったので、嫌でした。

(最近知ったのですが
私はこの手の人がたいへん苦手らしいのです。)

・気分屋ですぐ怒る社長夫婦とずっと一緒にいるのが辛い

事務所に電話がかかってきて、
社長が出ればいいものをもったいぶって、
出ないので、私がでます。
それがお客さんの場合、
丁寧に話しているつもりでも、
計算のことで頭がいっぱいの時は、
うまく応対できないこともあり、
「話し方が変だってんだよ!何回言ったらわかるんだ!」
怒鳴り散らす社長だったので嫌になりました。


この夫婦は給与を払って召使でも雇っているつもりなのか?
と自分がみじめになりました。

また、夫婦喧嘩をした時だと思うのですが、
こちらに八つ当たりしてくる社長夫婦で嫌になります。

そういう会社は他にもありました。
繊維会社の事務やコンビニのような内勤は、
従業員に当たる人がいるようです。
内向的な人は文句言われやすいように思えました。

奥さんの言った通りに処理したのに、
「違っている!」
奥さんに処理したのを見せて、
これでいいと言われてやった場合でも
後日「こんな処理をして、あんたはどうしようもない!」
と怒るのです。

たまにこの手の困りごとを聞くことがありましたが、
自分もそういう経験をしました。

仕事でこんなに変なことを言う人は初めてだったので、
気持ちがおかしくなりました。

機嫌がいい日、悪い日があって、
いつもみけんにしわがよっていて
化粧ばっかりして、銀行員やどこかの偉い人が来ると

いい格好をして、二重人格のような人でした。

【経理事務の仕事のアドバイス】

1)一日中座りっぱなしの仕事にならないような職種、業種を選ぶといいと思います。
事務の他にも業務がある方がいい です。

2) 簿記検定、FP、労務士、パソコンの資格を持っているといいです。

3)経理課は従業員の福利厚生の事務手続きもしますので
労働保険、厚生年金、健康保険の事務の仕事も覚えおくといいです。

4)できるだけ大きな会社の経理がいいです。
上記のように規模の小さい個人会社だとお金のことで
経営者夫婦の八つ当たりをされるある場合も多いようです。

5)社長の奥さんの部下にならない方がいいです。
気に入ってもらえればいいです が、相性が合わなければやっていけません。

6)男の人はその会社の経理課長になると粗末にされません
経理で入ったら我慢して我慢して、その会社の金庫番を目指すといいです。
給与もよくなり転職にも有利です。
人脈も作れるし、自分が独立開業する時にもその業種の経営経験ができます。
金融機関との交渉経験もできます。

スポンサードリンク

【関連資格】簿記検定 ビジネス実務 労務士 P検定 エクセル 電卓検定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加