女性の手に職としてワープロ仕事をしたり、パソコン教室で起業する

【ワープロ・パソコンができるので再就職できた女性】

・ワープロを教える仕事をしていた女性

知り合いの中年の女性でワープロソフトを教える仕事をしていた人がいました。
まだパソコンが普及される前に短大時代の授業でワープロの操作方法をやったそうです。
タイプライターやワープロの操作ができると女の学生の就職は当時有利だったようです。
その通りでした。その人はピアノを子供の頃からやっていたのでワープロの操作もすんなりとできたようでした。就職先はワープロソフトの指導をする会社でした。

その後、ウインドウズパソコンが出て、多くの人がこれからパソコンを覚えなければならない時代になったのです。
1990年代後半からは多くの人がパソコンを覚えるのに必死でした。
企業も一斉にパソコンを使い始め、会社員はパソコンを覚えなければならなくなりました。
請求書の作成、社内文章、FAXで送信する際もメールもワープロの能力を必要とされました。
その頃、彼女はワープロソフトを教えていましたから、その波に乗って仕事は大変忙しく、給与もよかったらしいのです。
ワープロを教えられる程パソコンができる女の人は、あちこちの会社からも誘いがあったようです。

時代が合えば仕事はあり、給与もいいようです。
会社がコンピューターを数台買い、社内教育としてパソコンを覚えることになりますが、
パソコンの操作はワープロ入力と同じようなことなので、ワープロができる人だと、ウインドウズの基本操作を覚えれば、ワープロの指導はすぐにできるようになります。
ワープロソフトを開かせれば、いつもやり慣れた、ワープロの操作方法を教えればいいのです。

依頼された会社に行ったり、どこかの会場を借りたりして主に企業相手に、ワープロの基本操作、見本となる請求書などの文章作成を教えていました。
ちょっと前まで、ワープロの操作ができるとかなり稼げたようです。
実際に私でさえ目上の方からパソコンを教えてくれと依頼が来たこともありました。

スポンサードリンク

・退職した後もワープロの仕事が来る

今となってはもう誰でもワープができますから、ワープロを教えてくれという企業はだいぶ減ってきたようです。
子育てがあるので、家庭に入り主婦をやっていたのですが、昔の仕事関係者からワープロ作業の内職の仕事が来るようになりました。
会社等のパンフレットやこれから出そうとする商品の広告やイベントなどの広告を作成するのが仕事です。

家にいてもバイト収入が取れるようになりました。

時代にあった仕事に最初のころからたずさわっていると、その後も仕事が取れるようです。
先駆者の利益と言うものでしょうか、良い波に乗ったようで、会社を辞めた後も仕事が取れていました。

・その後に就職の話も来た

彼女の住んでいる町に大手のパソコンソフトの保守・操作指導を請け負っている会社の支店がありました。その支店が廃止することになりました。

そこの地域にいくつか、保守契約している会社があるので、
彼女に担当して欲しいと依頼がきました。
正社員で指導員という立場で誘いがあったのです。

しかも近くの支店は遠いので週に何回か行くだけで、後は自宅から近くの契約している会社に指導や相談に行くだけでいいと言うのです。
給与も納得できる金額で仕事内容もワープロができれば、基本操作はなんとか覚えられるようでした。

ワープロが教えるほどできるということは、今の時代にあった「手に職」があるということで、最初の時期にやっていると人脈もあり、教えてきた経験がたっぷりあるのでいい仕事に付けることもあるのです。

【パソコン教室で独立開業した女性】

・パソコン教室を経営している40代女性

この女性の経歴はしらないのですが、仕事で表計算ソフトの特殊機能をつかった契約書の作成をする講座を受講した時の講師でした。
インターネット関係の講座、表計算ソフトの操作や図面のソフトの講習を、
一般の人や企業に教えています。
最初は、指導の従業員さんかと思っていました。

話し方はてきぱきとして、パソコンソフトのことは熟知している感じで、機敏なのですがちょっと冷たい感じがしていました。
もう少しやさしくしてもいいような気がしましたが、そうした方がいいようなのです。
やさしくしていると、いつまでも生徒が自分で覚えようとしないからです。

パソコンの教室たくさんあって、チェーン店や、フランチャイズのパソコン教室もたくさんあり競争が激しいです。
初心者向けのパソコンの操作方法、インターネットの仕方、ワープロ・表計算ソフトの操作方法を教えています。
また上級者向けの表計算ソフトや、図面のソフトの操作方法も教えているようです。

この人が教えているのは、主に業務用の表計算ソフトの操作方法や特定の図面ソフトの操作のようでした。
競争のパソコン塾があるのにも関わらず、経営し続けられるのは
お客さんが、 一般の人よりも 特定の会社員、建築業者、不動産業者が多いから なのかもしれません。
対象が業者ですと特殊だし、定期的研修に利用してもらえます。

スポンサードリンク

・商業ビルの一室を借りてパソコン教室をやったことがよかった。

その教室はビルの一室で、そのビル内には、他に会社が入っているのです
そこの会社の従業員が教わりにきます。

さらに、そのビル内の会社とパソコン指導契約をしている ので、
会社がパソコン操作で困った時には彼女が助けに行くのです。
また従業員用のパソコン研修も定期的に行っています。

従業員の新人研修の時の仕事もあります。
女子従業員が事務で入る時のパソコン研修に利用してもらえ、
また男性従業員が入社したら営業計画書、報告書など、この女性の教室で指導を受けることになっているのだそうです。
企業向けの契約書の作成に表計算ソフトを使うようで、表計算ソフトの難しい機能はなかなか覚えられませんから詳しい人の助けが必要なようです。

パソコン教室をやる為に借りたビルに、企業が入っていたので
定期的な仕事がとれ、その会社の関係者も業務用のパソコン操作を覚えられてとても都合がよかったのです。

こうゆうこともあるのかと驚きました。

現在は仕事をするにはパソコンが欠かせない時代ですから、パソコンに詳しい人は仕事も有利です。

しかし今の若い人たちはパソコンが誰でもできるので、
誰でもできるようなソフトを教えるのでは今の時代には起業は難しいと思います。

特殊なソフトに詳しいとか、今のように場所がいいとか、なにか特殊な条件があえば教育の仕事はいいのかもしれません。
この女性はいつも忙しいとのことでした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加