好きな仕事でも長時間労働は辛い。勤務時間が長い会社は嫌で辞めたい

【 雇用される ということ 】

会社に勤めるということは、
社長に自分の時間を拘束されることになります。

社長の為に、
自分の人生を使われることになります。
その代償が給与(お金)です。

お金をもらう為には、
その代わりのものを差し出すことになりますが
それが自分になります。
卑屈な考え方ですが、実際にはその筈です。

社長の言う通りに自分を動かすことになるから、
社長はお金を払ってくれます。

お金を払うのに、自分の命令を聞かなければ
お金なんか払ってくれる筈がありません。

雇用されたら、
雇用時間は社長の命令を聞き

自分を社長の言う通りに動かさなければならないのです。

自分のしたいようにすることはできません。

そして、拘束される勤務時間が長いと、

我慢ができなくなります。

長時間労働

・仕事の範囲内での自由

拘束されると言っても
ひもで縛られるわけではありませんが、

勤務時間中は
・この工場から出てはいけない、
・ここで、これをしなければ行けない、
・こんなことをしてはいけない
という制限を受けます

・9時から17時までは、
工場で組立作業をしなければならない。
・作業時間中はレーンから離れてはいけない、
・就業時間中は勝手に工場から出てはいけないと
行動が制限されます。

販売業なら
勤務時間中は課長の命令を聞いて売り場にいて
お客さんに愛そうをふりまき、
買い物の便宜を図らなければならない。

就業時間という時間は、
他人に自分が支配されることになります

この労働時間が長いと 人は
苦しんでしまうのではないでしょうか。

一日のうちに、
自分の好きに行動できない時間が長いと
その仕事が嫌になって続けられなくなると思います。

自分は寝たい、DVDを見たい
今日は天気がいいから公園で散歩したいと思っても

仕事中だから寝るわけに行かない、
疲れているからもっと寝たい
と思ってもそれが許されません。

嫌なことでもしなければならないのが仕事です。

嫌なことを長時間にわたってやり続けることは
いくらお金の為とはいえ、
長くは続けられないと思います。
勤務時間は、こき使われる時間でもある

スポンサードリンク

【 嫌な上司と長時間一緒にいるのは辛い 】

・話が違う仕事内容

ある20代の女性は、商業高校を出たので
事務の仕事がやりたいと思っていました。

卒業して勤めた工場には、
経理事務として採用されたのですが

経理はやらされず
ずっと工場で組立作業をやっていたそうです。

いつになっても

経理の職をさせてもらえないので、
事務ができる仕事を探していました。

そしてやっと経理事務ができる仕事がみつかり
雇用してもらえることになりました。
その工場を辞めて転職をしました。

・やっと勤められたやりたい事務の仕事だったが…

転職した会社では、雇用内容通り
事務仕事をさせてもらえました。

売上や仕入れの記録をしたり、
注文商品の出し入れの記録などをします。

問い合わせの電話もかかってくるので
その応対もします。
この事務の仕事は 机をみんなでくっつけて

学校の求職の時のように
みんなと向かい合わせにして事務作業をします。
その机の一つが 社長の奥さんの席になります。

その部署で権限を握っているのは、社長の妻です。

その社長の奥さんが
いちいち文句を言ってくるようになりました。

一日中、向かい合わせの机にいる奥さんと
顔を合わせていなければならないのです。
電話の応対の仕方、
帳簿の付け方など仕事上の注意も

普通とは違う
独特の応対方法をするように指示されました。

商業高校で
接客マナーや簿記を習っていますが、

それとは違った、その奥さん独特のやり方があるそうです。
それは、その会社にいたら常識とは違っていても、

経営者の言うことを聞かなければなりません。

自分が教わってきたことと
違うことをするのは嫌な感じがしたそうでしたが、

それが経営者の希望なのだから

仕方がありません。

・社長の奥さんの個人的な用もさせられる

その若い女性は、勤務時間に
奥さんの個人的な買い物にも生かされるし、

事務所と同じ敷地にある
社長夫婦の自宅周りの掃除も
させられることがあります。

これも雇用されていると

しなければならないことなのだろうか?

と疑問に思う時もありました。

・嫌なことを言う奥さんと一緒の毎日が辛い

また、その奥さんは
感情的なことや個人的なことも
いちいち何か言ってくるのです。
「あなたは、ガリガリだから、女らしくない」
「もっと太った方がいいんじゃない?」
「変な服着てるわね。良くそんなもの買うわね」
「その髪型、なに? 芸能人のまねしてんの?」


嫌いな人に言われると、
たいしたことでなくても

とてももっと嫌に聞こえます。

奥さんが感情的なことを平気で言うのです。

そんな嫌なことを
いつ言われるかと思って働くことは
辛いと思います。

月のうち日によって忙しい期間があります。

その時には残業もあるし、
休日出勤もしなければなりません。

残業代が、出ない時もあります。

「早く帰れる日もあるのだから、
たまに残業してもらってもいいわよね」

その若い女性は
嫌なことを言われ、 嫌な人の命令を聞き
嫌な人と一緒に毎日何時間もいることが
耐えられなくなってきました。

スポンサードリンク

・嫌な人と長い時間を過ごすことはできない

誰でも
文句を言われても、言い返すことができず
嫌な人と毎日何時間も顔を合わせていることが続くと

精神的に参ってしまうと思います。

やっと勤めることができた事務の仕事ですから
何とか頑張りたかったようです。

ここを辞めたら
事務の仕事はもうないかもしれません。
朝の9時から18時まで
嫌みな奥さんに拘束されていることが
耐えられなくなってきました。
これがもっと短い時間だったら、耐えられたかもしれません。
その女の子は1年勤務した後辞めました。

会社によっては、上司や経営者夫婦に
就業時間中ずっと威張られっ放しになる場合もあります。

仕事に疲れた女性

・転職先は運送会社にした女性

その若い女性は、
事務の仕事がいいと思っていたのだけれど、
勤務時間は どこでも8時間以上ある。

事務の仕事は部屋の中にいて
ずっと同じ人を顔を合わせていなければならない


嫌な人と 長時間も
机を向けて過ごすことは耐えられない

運送の仕事ならいつもでかけられるので、

同じ人と一緒にいることがないので
いいと言うことです。

自分は何時間も部屋に閉じこもっていたり、
コツコツと作業をしたりすることが
向いていないタイプだったかもしれないそうです。

考えてみれば、
工場の作業も事務の仕事も
何時間も部屋に閉じこもって
同じような作業をすることでした。

勤務時間は
通常8時間という長い勤務時間です。

さらに残業があればもっと長くなります。
そんな長時間
嫌な人と一緒にいるのは苦しいことです。

それが上司だと逆らえず、
意地悪な事を言われても言い返すことができず、
命令されっ放し、威張られっ放しでは
体は持たないと思います。
仕事は 長時間労働でない会社を選びたいです


好きな作業でも

嫌な人と8時間以上一緒の仕事だと
その会社に行くことは辛いと思います。

仕事は好きな仕事でも、給与が良くても
長時間労働は辛いと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加