パソコンで独立開業した広告デザイナー、外注仲間が重要

【チラシ作りのデザイン事務所で独立した人】

・広告デザインの会社に勤め、帰郷して独立開業

30代前半で広告のチラシや会社のパンフレットを作成する仕事で独立した人がいました。
趣味の知り合いです。
都心にあるデザイン関係の専門学校を卒業した後、何カ所かのデザイン会社や広告会社に就職ました。
地元に帰ってきて、勤め先を変えましたが仕事内容はチラシ広告の作成、地域雑誌制作の仕事をしていました。
ずっと同じ仕事を10年以上してきたので広告の依頼人とのやりとりからカメラマン、コピーライターとの打ち合わせ、印刷会社への依頼、見積もりなどすべてできます。実家のある町の広告デザイン会社に勤めた後、意を決して独立しました。

・仕事の人脈の確保は重要

既に広告デザイン会社に勤めている時に、自分が独立しも仕事ができるような人脈は確保していました。
勤めていたデザイン会社とも円満退社で独立も応援してくれたようです。
人あたりがいいので仕事もとれ、広告主に困ることがなかったようです。

企業が、商品を宣伝する為に新聞の折り込み広告を出しますが、
そのチラシの作成や雑誌に載せる広告作りの仕事を主としてします。
広告の制作作業は一人ではできなく、カメラマン、コピーライター、記事を書く人、イラストレーターなどの外注さんも必要です。
広告作成の仲間が必要になります。

地域にそういう仕事をしている個人事務所がかなりあるのです。
その人達は、作業する部屋、パソコン、FAX デジカメ位があれば仕事ができる為、資本金は大変僅少で独立でき、後は技術職なので依頼さえ取れればやっていけるようです。
パソコンを使った仕事で独立開業している人は多いのかも知れません。

その人は、求人広告や会社のパンフレットの作成もします。

スポンサードリンク

【外注仲間は、お互いに仕事も出し合うのでお客さんでもある。】

・仕事仲間で仕事を回しあう

その仲間の誰かが仕事を取れば、必然的にみんなに仕事が回ってくるのです。
みな一人だけの個人事務所をやっていて、一人では何から何までできるわけでないので、自分ができない仕事は、外注仲間の人達に仕事を回すのです。
外注仲間は、お客さんにもなる のです。

独立した知人は、チラシ広告のデザイン・構成を担当する仕事なので、まとめ役みたいな感じで広告の作成をしているようでした。

例えば、印刷屋さんがどこかの商店から、売りだし広告を出して欲しいと依頼を受けます。
チラシを、どのように作ったらいいかということを
依頼した商店に、広告デザイナーの知人を連れて印刷会社の社員が話を聞きに行きます。
広告デザイナーがチラシ案を作成し、その後カメラマンやイラストレーターなどに仕事を依頼します。

また、カメラマンがどこかで会社のパンフレットの作成依頼を受けたら、カメラマンからもそのデザイナーに仕事の話が回ってくるのです。

スポンサードリンク

いい関係で仕事ができています。
最初、広告デザイナーって聞いた時はどんな仕事をするの?と思いました。
そして、パソコンで、折り込みチラシや商品広告を作成すると聞いて、
パソコンだけで仕事ができるのか?
個人事務所でやっていけるものなのか?
と不信に思ったり、心配したりしましたが、
割とみんなで仕事を回し合って、うまくいっているようです。

・簡単に開業できるということは変化・競争も激しい

ただ他でも同じようなことをやっている女性の人がいて、この間まで結構稼いでいたのですが、その人は行政の市民向けの新聞等の作成一本でやっていました。
行政が市民新聞を廃止してしまい 仕事が全くなくなってしまったと、その母親が言っていました。
仕事先を多く持っていないといけない と思いました。

その知り合いの広告デザイナーの人は、
何カ所か仕事先があるので全然仕事がなくなりません。
いつしか助手や見習いさんも雇っているようになっていました。

【個人業や作成業は不規則な生活に成りがち、健康管理は重要】

締め切りがある仕事の為、徹夜になることもあり不摂生になりがちです。
作業が始まると、パソコンでチラシの作成作業を何時間もし続けます。
運動不足、肩こり、目の疲労、けんしょう炎にもなるとのことです。
健康管理は重要です。自分の体も自分で管理する必要が出てくるのです。
健康でなければ個人業はできません。

・広告デザイン業をやる上で

私が知人の広告デザイナーといて思ったことは
広告作成は、消費者の購買心理や今何が求められているかのなども知っている必要があるようです。
社会経済面でも、地域の商売などのこともよく知って、幅広い知識と色々な業種の知合いが必要だと思いました。

パソコン作業の仕事は元出がなくて、開業しやすい為、値段競争に陥ってしまいがちです。
この人はしっかりとした仕事関係者との結びつきがあるので、仕事にも値段で困ることがあまりないようなのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加