仕事上の悩みや問題一覧

高齢化問題は事業者も仕事も。皆年寄りになって寂しい街並み…

街は多くの高齢者の方であふれています。だれでも時間が経てば老人になります。自営業者も高齢者が目立ってきています。 トラックの運転主も年配の人が多いようです。自分もまだまだ頑張らなければなりません。年を取っても働けることはいいことだと思いました。

売店で学んだ事:足の裏が痛い、自ら仕事を作れ、売り方、応援される人に

高速道路の売店でアルバイトをした20代の時がありました。 売店の仕事は立ち仕事で足が痛くて辛かったのですが、今思うと他の仕事をやる上でも、 商売をやる上でも、色々勉強になりました。 販売の方法、仕事に対する姿勢、周りの人達の考えなど大切なことを学べました。

合わない仕事は続けることができなかった。工場勤務は我慢できない。

自分に合わない仕事で辛く苦しい日々のこと(工場作業は自分は辛い)32 ディスクリプション 私は工場の流れ作業の仕事が我慢ができないほど苦しくて、とっても辛いのです。 ですが工場作業位しか仕事がありませんでした。どうしも我慢ができないのですぐに辞めてしまうので「思えは仕事が続かない奴」と言われ悲しかったです。 絵を描くのが好きな人もいれば嫌いな人もいる筈です。同じように工場作業ができる人とできない人がいる筈です。

花粉症がひどくて仕事にならない。休んでも治らないけど休みたい。

鼻水、涙目、目がかゆい。花粉症で辛いです。 時期的なもので我慢していればいずれ治りますが、仕事ができなくて辛いです。 なんで、いつもいつもなってしまうのか?もう嫌になります。 最近は花粉症の人が増えてきたよので気持ちを分かってくれる人が増えて助かっていますが、ならない人がうらやましいです。

過敏性腸症候群で仕事に行けない胃腸の弱い人。治った人もいます。

胃腸障害に過敏性腸症候群というものがあり、排便が頻繁にあったり腹痛で苦しみ続けたりする病です。 ストレス病らしく最近ますます増えてきたというのです。男の人に多く女性でも最近は増えてきたようです。 比較的新しい病名ですが、新しい薬ができたのでそれで対処できるとのことです。

不動産業の賃貸営業の1月2月3月の引越シーズンの仕事内容

不動産の賃貸住宅の営業は、1月2月3月はもっとも忙しい時期です。 アパートの入居の仕事と退去の仕事がいっぺんにあって忙しい時期になります。 アパートを探しているお客さんがたくさんいますが、引っ越していく人も多いのです。そんな時期の仕事内容の話です。

ガソリンスタンドの仕事バイト:暑いし寒いし手荒れでキツイかも

ガソリンスタンドも人手不足です。無人のセルフスタンドが増えてきました。人手不足、人件費の値上がりが原因です。 スタンドでの仕事も辛いことがあるので、店員も大変です。 夏は暑すぎるし、冬は寒すぎます。手荒れもひどくヒビが入ります。それでもガソリンを入れてくれるのです。

就職、転職、進学で引越する時。2月3月は引越手続きが大混雑

毎年1月2月3月は、引越をする人がたくさんいます。 多くの人の移動時期です。 新社会人になる人の就職や進学で引越する人が大勢います。 引越に関係する仕事をしている人も大忙しになります。 不動産や引越業者、運送業者、通信電話会社、家電屋さんなど大変忙しくなります。引越をする人は急いで準備しないと間に合わなくなります。

運転手が腰痛で退職。ストレス性の腰痛もあり腰痛は増えている

腰痛患者は増加しているようです。職業が原因で腰痛になる場合も多いようです。体が悪くなると収入のことが心配になります。 働きに行かないと生活ができなくなります。そいう心配事も腰痛の原因になることもあるようです。 ストレスから腰痛になることもわかってもらえるようになりました。

威張る歯医者、そこで働く歯科衛生士。歯医者さんでの仕事事情

歯医者さんで働く人は歯科衛生士さん、歯科助手さん 歯科技工士さんや薬屋さん、歯科機械屋さん、コンピューター関係の会社の人もいます。 歯医者さんの売上次第で自分たちの収入がきまります。その中で主に歯科衛生士さんのことについて聞いたので書いてみました。