生活費が足りない時は、生活用品や貴金属をリサイクルショップに売る

【生活用品を売って生活費に充てる】

・お金が足りない時はどうするか  給与が足りない、

ボーナスが思ったよりも出ない、
今月は思ったより出費が多かった、
事業の売上がない
今月生活するのに、お金が足りないということもあります。

お金が足りない時どうすればいいのか?悩みます。
みんなに、お金が足りない時どうするか聞くと

預金を下ろすとか、蓄えの中から払おうとしますが、我々は貯金なんてありません。

親に借りる という人もいます。
といっても親も
もう年で、国民年金しかもらっていません。親だって貯金はとっくにありません。

そんな人が多いのではないでしょうか。


・借りたら返さないと行けない

少額で一時しのぎなら、友人に借りるかと思うのですが、
自分と同じような筈だから、友人だって持っていないでしょう。
同じような状態だと思います。お金で友人関係を怖しくたくありません。
友人の奥さんにも
嫌な顔をされるに決まっています。

都合がいいのは
クレジットカードや銀行のスピードローンなどだと思います。

私もアルバイト時代に、サラ金みたいなところで1万円借りたことがあります。
利息が怖い のでバイトの給与が入ったらすぐに返しました。
遅延するとすごい延滞金がとられますから怖かったです。


借りたら返さなければなりません。

今月足りないのに、同じ収入と出費だったら来月も足りないに決まっています。
返済できるわけがありません。

生活費が足りない場合 翌月に返すことは無理です。

スポンサードリンク

【持っている物を売って生活費に充てる】

・持っている物をリサイクルショップに売る

生活費が足りなくなって、車を売った人もいました。
若い時には無謀なローンを組んでいた人がいて、
仕事を辞めて返済できなくなって
車を手放さなければならなくなった人がいたことを思い出します。

やはり お金が足りなくなったら持っているものを売る ことがいいようです。

ちょっと前私もお金が足りなくて困ったので、
古物屋に生活用品を売りに行くことにしました。

本、古着、テーブル、健康器具、ゲームソフトなどを
リサイクルショップに持っていきました。

何でも扱っているような全国展開しているリサイクルショップに持って行ったのですが

全然お金になりませんでした。

木製の健康器具だけが800円で売れた程度で、後は処分だと言われ、
自転車のペダルをこぐダイエット器具やベットは持ちかえってくれと言われてしまいました。

面倒だけどインターネットで販売した方がお金になるかもしれません。


・記念コインなどを買い取ってもらう

お金がないので仕方なしに、記念コインやわずかな貴金属なども売りに行きました。

記念コインや貴金属を売るのに、リサイクルショップは数カ所回りました。
お店によって買取り価額が全然違います。
どこでも同じではありませんでした。
外国の記念コインで、その買い取り店では値がつかないものも、
他に持って行ったら500円位で買い取ると言われました。
聞いてみるものだと思いました。

もう一件聞いてから売ろうと思って、今度は時計などの貴金属が多く売られている買い取りショップに行ったら、
なんと9000円に変わったのです。

外国の記念コインでもそうでしたが、
その買い取り店によって得意なものがあるようです。

リサイクル店は、そこで売っている物について詳しいのだと思いました。
中古のマンガやDVDがたくさん売っている中古のリサイクルショップに、
記念コインを持っていっても価値が分からないのかも知れません。
こういうところは希少と思われるマンガ本を売りに行けばよいのだと思います。


・年配の人は、貴金属や記念コインなどをしまい忘れていないか

親に記念コインが売れたことを言うと、
これを持って行って値段を聞いてきてくれるように頼まれました。
金の古めかしい指輪でした。

金は、貴金属の買い取り店で買い取ってくれると思います。

既に、うちの親は金の指輪やコインを持って
ショッピングモール内の買い取り店なども何カ所か回り、値段を聞いていたのです。

親は買った値段より低いのでがっかりしています。

ついでに、その他にも金目のものはないかと確認し、
あったらお金に替えようと言うことになりました。
親は探し出しました。
オリンピックや変な国体とか何かの記念コインセットはいくつかでてきました。
いくつか変なものを持っていたのです。

なんでこんなくだらないものを買うのか聞くと

昔は持っていれば価値が上がると言われ、
記念コインなどを買う人が多かったのだということを聞きました。
そう言えば 自分も記念切手や古いコインを集めたのは
価値が上がると言われたからだと思い出しました。
そういう時代があったので、年配の人は昔のことを思い出すべきです。
記念コインなどどっかにしまい忘れているかもしれませんから、探してみるといいです。

ちの親は他にも、変な指輪やネックレスが出てきました。


・貴金属の買い取りショップや質屋へ

家にある金目のものを出して、親と一緒に買い取り店に行きました。

貴金属の買取りショップを2,3カ所回りましたが、お店によって値段が違います。
相場があるから、それで評価すればどこの買い取りショップでも同じになる筈なのに
お店によって買い取り額が違いました。

親が納得しないので売りませんでした。

買い取り店を回っている時に
貴金属やブランド品の買い取りのことが書いてある質屋の看板を見ましたので、
そこに行ってみました。

この質屋には、貴金属の重さを精密に測る計器があって
金の指輪などを渡すと 洗浄してから計量するらしいのです。
買い取り額が一番高かったのです。

この質屋に、持って来た貴金属とコインをほとんど売りました。
さらに親が細い金のメガネを持ってきていました。

若い時に買ったらしく、 重たくてデザインも好きでないらしいのです。

金のメガネを渡すと、レンズは外されてしまいました。

計量し、数万円と言われ、買った時よりも安いけど使わないからいいやと言って
売ることにしました。

この質屋が買い取り額が一番高かったのです。
いらないものは売れる時に売ってもいいのかもしれません。
一カ月分の最低生活費位のお金が入って助かりました。

知合いの投資家にその話をしたら
「まだ売っちゃいけないよ 相場がるんだから 相場に合わせて売らないといけないよ。」

でも相場が下がる時もあるから
もういいと思った時売らないと素人は機会を逃してしまいます。
うちの場合はお金が足りない時だったし、余計なものも処分できてすっきりした気分でした。

スポンサードリンク

【リサイクルショップには得意部門がある】

・売るものに合わせて買い取りショップを選ぶべき

物の買取額は、お店によって違うことを知りました。
お店によって得意分野がある のかと思いました。

そのお店で売っている物を見ればわかります。

古着をたくさん扱っているところで
記念コインを持っていっても買い取ってもらえないし、価値もわからないと思います。
記念コインを高値で取ってくれたお店は、高級時計、装飾品を多く売っているところでした。
こうゆうところに健康器具を持っていっても値段はつかないかもしれません。

リサイクルショップで売っている物をよく見て判断すればいいと思いました。

トレーディングカードやゲームも買い取りショップによって値段が違いました。

個人経営のトレーディングカードショップやゲームショップは
マニアックなものがわかるはずだと思い、高値で取ってくれるのかと思って行くと、
当てが外れ、買い取り額が大変低い場合もありました。

買い取りショップに行く前に、
オークションサイトでどのくらいの値段で売れているか確認してから
持って行くといいかもしれません。

また買い取りショップで売れなかったトレーディングカードでも、
ネットオークションに出すと値段がつくこともありました。

・売る物の相場をインターネットなどで調べてから売る。

大型の買取りショップでも、トレーディングカードやゲームソフトは買い取ってくれるのですが
大型の買取りショップ同士でも、お店によって買取額が違います。

ゲームソフトも売れて千円以上で引き取ってくれるものもありました。
捨てようと思って物がお金になると嬉しいです。

生活用品を売る時はインターネットで下調べも必要ですし、
何件かリサイクルショップを回ってみるといいです。
雑誌や紙、本は、中古屋よりも廃棄物処理業者の方が高値で引き取ってくれました。
0円が2000円位になったこともあります。
スーパーではポイントをくれるところもあります。
色々調べると、自分に合った換金方法が見つかる と思います。

生活用品を売る為にインターネットのオークションに出品したり、
買い取りショップに物を持ってくことは、時間もかかり疲れます。

家の中を探したり、整理をすることになるので、結構、疲れます。
しかし 家の中はきれいになりさっぱりして小銭も入る ので、
生活費に使う為のお金が足りない時は、
家の中の不要になった生活用品を売るといいです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加