転職するなら求人が多い時期がいい。ボーナス前は退職しないこと。

【仕事を 辞めてはいけない月や時期がある】

・業種、職種によって仕事が忙しい時期、暇な月がある

販売業、飲食業は、通常は月末が忙しいのではないでしょうか。
経理課も売掛金や買掛金の集計の為忙しいし、給与の支払いなど月末は閉め日があって忙しそうにしていると思います。
その経理課たちの人が集計した後、お金の精算が行われますから、その後に各会社や、従業員たちに実際にお金が回り、精算と消費活動が始まると思います。
その為、給与日の集中する月末にお店が忙しくなると思います。

土日が忙しいのは、お金に関係なく次の日が休みで出かける時間が多いからだと思います。

そういういつも忙しい時期は決まっているようで、職種によっては多少忙しい月と暇な月が異なるかもしれません。

年末年始などはどんな仕事でも忙しく、だいたいどの仕事でも同じような時期にみんな忙しいと思います。

仕事をしているとわかると思いますが、自分の仕事も忙しい時期(月や曜日)と暇な時期がある筈です。

販売業、飲食業は、年末年始、月末、土日祝日の他 ゴールデンウイーク、夏期のお盆時期 シルバーウイークなどのイベントごとの季節は忙しい筈です。
建設業、土木、製造業などは、4月、9月が忙しく、年度末は最高に忙しいと思います。

その為そういう時期は、求人が多いので仕事が見つかりやすい と思います。
仕事が忙しく人手が欲しければ、企業は人を募集する と思います。
忙しいから従業員を雇おうと思うはずですから、忙しい時期は求人の募集も多く、仕事を見つけやすい筈です。

色々な会社が忙しい時になら、退職しても正社員やバイト、派遣など何らかの形でも求人の募集が普段の時期よりもあると思います。

スポンサードリンク

【辞めてはいけない月、時期】

・ボーナス直前に仕事は辞めてはいけない

7月前や12月前は、募集が少ないかもしれません。
ボーナス前に辞めたらボーナスがもらえませんから、見え見えでもボーナス支給日前に辞めてはいけません。
会社を辞める場合、多くの人がボースをもらってから辞める と思います。ボーナスがもらえるとわかっていて、その直前に辞める人はいないと思います。
そして辞めないから、その頃は求人の募集も少ない筈です。

皆、ボーナスをもらってから退職する筈です。
ですから ボーナスがでる7月や12月の前は求人が少ない筈なので、
仕事を辞めても募集は少ないと思います。

求人が少ないので、ボーナスがもらえない人でも その時期に辞めるべきでない と思います。

11月、12月は辞めてはいけない。傷心的になりがちだから

10月以降になると陽も短くなり、夜が来るのが早くそして夜が長いです。
おまけに寒くなります。
セロトニンの分泌料も少なくなくなる為か落ち込みやすく寂しくなりがちです。
夕暮れを見ると寂しくなるので、ふせがちになります。中高年になると体の衰えも感じるようになり余計に寂しく思えてきます。
こんな寂しい季節に職をなくしたら悲しくて耐えられません。

11月12月に無職になってはいけないのです。年末年始に無職はきつ過ぎますから、この時期は仕事は辞めず我慢して、2月位までは勤めるべきです。

秋に仕事がないと、精神的に本当にきついです

スポンサードリンク

【失業給付金がもらえるなら】

雇用保険に入っていると、失業した場合、給与額や保養保険の加入期間に応じて失業給付金がもらえます。
加入期間が1年以上だと給付が受けられますが、給付金額はもらっていた給与や勤めた年数により金額がことなります。(自己都合退職は3か月位もらえませんが)
金額が少なくても、もう少しで勤務期間(加入期間)が1年というその直前で辞めると失業給付がもらえませんから、もう少しで1年経つならそれまで頑張って勤めるべきです。
たとえ1万円でも失業給付金がもらえるのともらえないのとでは、無職期間は全然違うはずです。
お金がない時の1万円はでかいです。

*受給要件は、過去2年間に12ヶ月以上の被保険者期間があることなどの要件があります。詳しいことはハローワークで確認して下さい。

【私の経験、退職していい月、してはいけない月】

収入のことを考えたら退職していい月、辞めていい時期なんかないですが
どうしても我慢できずにやめる場合、やりたい仕事を見つける為にやむを得ずに仕事を辞める場合には、求人が多い時期に辞めないと仕事が見つかりません。

私は結構職安や求人誌を見ていて、
「今回は募集が少ないな」
「あれ?アルバイトの募集が多いなあ」と思う時期があることに気づきました。

3月4月始めはまったく募集がない です。
あってもきつい仕事や人気のないいつも募集が出ている会社しかありません。
新卒が入社してくるので募集は少ない筈です。

4月末位になるとゴールデンウイーク時の短期のバイトの募集が増えます。
このGWはホットしました。ゴールデンウイークだけの短期のバイトはかなりあります。
7月中旬から8月まで夏休みの時期の短期バイトの募集も多いです。
6月と9月位に求人が増え、年末年始は短期のアルバイトがまたあります。
この時期も助かります。

仕事を辞めると、次の仕事がなかなか見つからなくて恐怖に襲われるのですが、
短期のバイトでも職につけて、少しでも収入があると大変安心できます。

辞める時は求人がある時期を調べてから辞めるべきです。

本職の仕事が見つかるまでの、その場しのぎの短期のバイトでも募集があれば助かるはずです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加