学生時代の思い出に観光地やリゾート地でする楽しいバイト経験談

【学生やアルバイターの特権 観光地楽しみながらアルバイト】

・観光地での住み込みのバイトの楽しさ

学校が終わり、仕事をするようになると、会社の都合によって、
転勤や配置された職場が、
知らない、行ったことがない場所になる場合があります。

いままで自分が住んでいた町を離れて 引越ししなければならないこともあります。
正社員として、生涯その知らない土地で働くことになる場合もあります。

しかし住んでみればどんな地域でも「住めば都」かもしれませんし、
自分の好きな仕事や入りたかった会社なら、場所はどこだっていいかも知れません
知らない地域に働く為に引越しして行くことは、大きな会社に勤めるとあります。

学生時代などの若い時に、
知らない土地に行って働く経験をしてみてもいいかも知れません。

ずっと住むわけでなく、短期的に知らない土地で、
しかも観光地で働くことができる場合もあります。

学生時代の夏休み、春休み、冬休みに、
観光地やリゾート地で短期間のアルバイトをしてみてはどうでしょうか?
働く場所は、どこにでもあるような普通の町でなく、
みんなが楽しみに旅行で行くような所です。

観光地に住み込みで働いているなら、仕事が休みの日にその観光地で遊べるし、
同じような学生やアルバイターたちが働いているので友人もでき、
話安い楽しい職場で働きやすいと思います。
バイトが終わったら、今度は観光や遊びで行くことができます。

行ったことがない人よりも、その観光地やリゾート地の遊びや、
良い場所、秘密の風景が見られるところなど
地元の人しか知らない場所も知ることができます。

不謹慎かもしれませんが、働くだけでなく、
自由で、遊びも含めたアルバイトができる特別な働き方だと思います。

働く以外の楽しみもあります。

スポンサードリンク

・住み込みや泊りになることも多いので向かない人もいる

近所の人なら普通のバイトですが、観光地やリゾート地でアルバイトをすることは、
仕事場に、住み込み になることがあります。
知らない場所で病気になってしまうと、働き場所に迷惑をかけてしまうので気遣いします。
健康な人向きの働き方です。

寝る場所が変わったり、居住環境が変わったりすると落ち着かない人や
布団などの寝具が変わると寝つきが悪くなる人や
生活環境の変化に対応できない人は辞めておくべきです

サバイバル魂があるとか、旅行好き、
外向的な性格でさっぱりとした人でないとできないと思います。

≫関連記事 バイトルでアルバイト先を探す。未経験、短期、日払いあり


【夏休みの時期に避暑地でアルバイトをした体の弱い友人】

友人が20代の夏休みの時期に、避暑地の観光地(長野県)で
短期間のアルバイトをしました。
住み込みで、喫茶店とお土産屋で働きました。
この人は都会育ちの人で、子供の頃から やや喘息です。

体調が悪くなると、治療器具のようなものを加えて吸い込んでいたこともありました。
でも普段は普通に元気です。

仕事が主たる目的でなく、他の地域で暮らしたことがないので、
他の地域に住んでみることに関心があったのです。

働く癖に不謹慎かもしれませんが、遊びや旅行気分もあったようです。
山に囲まれたところで空気がいいので、楽しかったと言っていました。
お年頃ですから、観光地なので出会いも求めたらしく、それなりの知合いができたようです。

開放的な気分になり楽しみでくるお客さんを相手にする仕事で、
弱い体の人でしたが 2か月位楽しく働けたそうです。

今しかできない働き方で、面白かった と、良い思い出になったし、
知らない土地でも働けることが分かったと言っていました。

彼は、その後、他の会社に就職し、知らない地域に配属されましたが、
この観光地での住み込みで働いた経験がある為、自信があり引っ越して行きました。

私は、いくら楽しい観光地での仕事でも、知らない土地で住み込みで働くことは嫌です。
性格によってできる仕事とできない仕事があると思います。

スポンサードリンク

【離島の観光地のホテルに派遣された女性】

女性の友人で、彼女も自分は何の仕事をすればいいのかわからなくて、
人材派遣の会社に登録して、住まいの近くの会社で期間を区切って働いていました。

ある時、彼女から絵葉書が届きました。

どこかの島で働いているとのことです
ホテルで料理の助手の仕事をしているらしいのです。
人材派遣の会社に、ある離島の観光地のホテルで住み込みの仕事を紹介されたのです

地元から出て暮らしたことがないし、どんなことがあるのか、短期間だし、行ってみようと思ったらしいです。

仕事期間中の島に行っている時に、電話で話したことがあるのですが、

「離島の観光地は、夜は大変退屈で、何もすることがない」、
「いつも職場の人しかいなくて、何もなくて飽きる」と言っていました。

「来た時は自然や海がきれいで良かったけど、いつまでもいると飽きてつまらない」
と言っていました。

そう言っていましたが、半年以上か一年近くその離島で働いていました。
何もなくて退屈だと言っていたくせに、海に囲まれた自然の中にずっといると
そこの暮らしになじんで暮らし安くなるのかもしれません。

田舎のしがらみのあるところに帰ってくるのが嫌になるかもしれません。
その後も、他の観光地に働きに行ってしまいました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加