家庭教師は軽いバイト気分でやれない!経験談とアドバイス

【家庭教師のアルバイトの仕事内容】

家庭教師を頼みたい場合

1)通常の授業の補講として頼みたい場合があります。
授業の予習を中心として
学校の授業よりも先に進める為の学習をする場合と
学校の授業の復讐として頼みたい場合があると思います。

学校で教えてもらったことが理解できない生徒は多いです。
すべての生徒に理解ができるように教える授業を
学校ではできないのかもしれません。

また、学校の教員が、
自分の知っていることをだらだら話すだけの
教員の場合があります。
生徒が理解しているかどうかなど関係ありません。
理解しやすい話し方をしようという気にもならない教員もいます。

そういうことでこまっている学生に対して、
塾や家庭教師が役に立つのではないでしょうか。
2)進学の為の受験を意識した家庭教師があります。
学校の授業のことよりも
受験対策の家庭教師を求める人達も多いと思います。

家庭教師

【学生の家庭教師のバイト】

大学生が家庭教師をやる場合には、進学対策よりも
学校の授業の補講として教える方がよいのではないか
と思います。
学校で使っている教科書や定期テストを参考に
わからないとことを聞いて弱点を教えます。
自分の得意科目なら小学生、中学生位までなら
どんなところでも教えられるはずです。

学校の授業の復習、
わからないところの理解をする為の家庭教師の方が、
受験対策の為の家庭教師より負担が少ない と思います。
こちらの方がアルバイトの家庭教師向けだと思います。

そしてその子に学力があるようなら、
学校の授業よりも進めれば、いいような気がします。

予習を中心にやるのは、
学校の授業に完全についていっている生徒が対象となるので、
過去に学んだことができていることが前提になりますから、
学力が高い子向けの家庭教師になります。

たぶん学力が高い子向けの家庭教師は教えるのは楽で、
アルバイト料金等も高いと思います。

学校の成績がよくないから
家庭教師を雇う場合もあります。
この場合には、勉強慣れしていない生徒や
親が無理に押し付ける場合もあるので、
苦労すると思います。
課題をだしてもやってくれないので苦労するかもしれません。

「あなたを雇っても、全然成績上がらない!」
とクレームが来るかもしれません。

また、小中学生までの家庭教師は楽です。
あまり難しいことは出てこないと思いまので、
いい大学生に通っている人なら、
義務教育の強化なら復讐しなくても
教えられるのではないでしょうか?
高校生に教えることとなると、
かなり学力が必要になってくるので、
日頃も学習をしていなければいけません。

スポンサードリンク

【受験対策としての家庭教師】

受験を意識しての家庭教師は、学生や社会人が
アルバイトでやる家庭教師としては難しい気がします。

プロの家庭教師の仕事だと思います。

志望校の受験の状況は、頻繁に変わります。
そういう学校の情報を知っている必要がでてきます。

さらにその生徒の学力に応じて、
他の学校へ変更することも考えなければならないし、
他の学校の入試に関する情報も知っていなければなりません
学校によって出題傾向がありますから、
同一種類の大学の受験に関する知識研究が必要です。

経験も必要ですから、
きちんとした職業として家庭教師をやらないと
できないと思います。
中途半端な気持ちで受験用の家庭教師をしてしまうと、
生徒に迷惑をかけてしまうので辞めた方がいいです。

【中学生に対する家庭教師の経験談】

・中学3年生の人生相談になってしまう。

生徒によっては、学習よりも
人生の悩みを聞いてくれる大人を求めてくる子もいます。
勉強よりも
学校生活の不安、友人との付き合い方の問題、
親との不仲、将来の心配事が多く
話を聞いてくれる人を求めてくる子もいます。

そんな子供だと、学力が上がりません。
これや厄介です。
生徒の悩みを聞いてあげれば、生徒に好かれますが、
成績が上がらないので親が不振になってきます。

お金をもらっているこっちも、
学力が上がらないと申し訳ありません。

家庭に入りこんで子供と話していると、
子供には思春期の色々な悩みがあることがわかります。

生徒のペースにならずに
うまく勉強を教えなければなりませんが、
生徒がまったくやる気がないと
全然教えることができないのです。

・個人契約の家庭教師のバイト代はいい

家庭教師の会社での
家庭教師のバイトや塾の講師のバイトは、
思った程給与が高くありません。
生徒側は、大変な金額を支払っています。

生徒の家庭と直接やりとりする個人契約の方が、
家庭教師代は当然に高いです。

塾が間に入ると、塾に儲けをたくさんとられてしまい、
安いバイト代になってしまいます。
家庭教師の経験を積んだら
直接生徒を取った方がお金になります。

ただし家庭教師の会社にで働いた場合には
派遣先と、
個人契約をすることが許されていない場合もあります。

効率のいい家庭教師や講師のバイトは、
インターネットで探して
登録しておけば連絡が来るようです。
また、自信があればHPやブログで
家庭教師のを広告してみてもいいのではないでしょうか。
家庭教師の仕事は仕事の取り方次第でお金になる筈です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする