仕事、転職の為、田舎から都会に引越する場合のお金や生活の悩み

【仕事の為に都会に引越する場合の一人暮らしのお金の心配】

・田舎は仕事が少ない

当たり前かも知れませんが、都会にくらべ田舎は仕事がぐんと少ない です。
全国の求人が載っている求人雑誌が昔はありました。
やってみたいと思う仕事は都会に多く私の住んでいる田舎にはありませんでした。

コンビニに行くと地元の求人誌がありますが見てみると、
都会の求人誌は厚く
田舎に行くほど求人誌は薄い です。

仕事は都会に行かないとないかもしれません。
ですから、地方から都会に就職する為に移住する人が多いことも理解できます。

・都会で仕事をする為の一人暮らしにかかるアパート代や食費代を考えて

大学に通う為に都会に出てきて、卒業した後も
都会の市役所に勤められたり、
大手企業に就職できたりすれば給与がたくさんもらえますから、
そういう優秀な人達は都会で成功して暮らすこともできそうです。

お金がなくなったら、若い時は親から援助が受けられる人もいるようで
給与が上がるまで援助を受けられる人もいると思います。

しかし転職で都会に出てきた場合、最初はに入らないと暮らしていけないと思います。

都心に移住するとアパート暮らしになりますが、
すぐに仕事が見つかっても、アパート代が数万円もかかり食費がかかるので、
初任給が20万弱では生活して行くのが大変です。

アパート代、食費、通信費など が かかり、それ以外の出費もありますから、
都心で仕事をする為に出てきて、
人並みのアパート暮らしをしていたら
お金は貯まらないので、ずっと貧乏なままになる可能性も高いです。

転職早々、地元に帰りたいと思う人が結構います。

ボーナスが出ればそこから貯蓄ができていくと思いますが、
男の一人暮らしだと食事に困ります。

自分で作ることができないので、
コンビニ弁当やカップ麺やたまに外食になるのでお金がかかります。

仕事で都心に出てきた男で、
一人暮らしをしている人は、貯金どころか生活がやっとだと思います。

私もそうでしたし、友人達もそうでした。
友人の中には借金で困って、実家に戻って親に払ってもらった者もいます。

就職で都心に出てくる場合は、
会社をきちんと決めて、寮完備や住宅手当をくれる会社に入らないと、
お金で苦しむことになります。

スポンサードリンク

・寮完備という条件で就職する場合の確認をきちんとしておく

寮があると言っても怪しい場合があります。
一部屋のアパートに何人もまとめて生活させられることもあります。

広い田舎暮らしをしていた人が
6畳の部屋に数人で住まわされると、それだけで相当なストレスになると思います。
田舎に帰りたくなる ことも多いと思います。

・一人一部屋であるなどの確認

会社の寮で、何人部屋かなどきちんと確認しておかないと、
お金と時間をかけて引っ越してきて、仕事をするどころでなくなってしまうこともあります。

特に労働時間が長く 上下関係の厳しい職種や会社だと
会社にいても、 寮に帰ってきても
嫌な先輩の命令を聞いたり、意地悪をされたりして辛い思いをすることも考えられます。

集団生活をすることは強い意志が必要だと思います。
もちろんいい人達に恵まれて
寮に帰ってきても楽しいいい人と暮らせることもあるはずです。

どうなるかはわかりませんが、
悪い方のことも考えて、心の準備をしておく必要もあります。

(友人の経験)
友人が都会のやや大きな会社に就職が決まりました。
行ってみたら寮といっても アパートの一部屋を借りて
そこに同じような地方から来た人を数人で住まわせていたのです。

友人は一人一部屋と当然に思っていたので、絶望感でいっぱいになったと言っていました。
田舎から出てきてなれない都会で人がいっぱいで疲れ、
会社でも一番下のこまずかい、労働時間も長く
家に帰ってきてもこんな狭いところでは 心が休まりませんでした。
都会の会社は寮完備といってもこんな話はたくさんあります。

また、その会社を辞めたら寮は出ていかなければなりません から、
お金を貯め、次の就職先を見つけておかなければ 住むところもなくなってしまいます。


【アパートを借りる時、退去する時の 問題点】

・アパートを借りるには 保証人も、お金もかかる

アパートを借りる際、失業していると借りることはできない と思います。
アパートを借りる時には入居審査があります。
家賃の支払いがきちんとできるかどうか確認されます。

入居審査は、勤め先があることが最低条件になりますが、
仲介に入る不動産会社や大家さんの要望によって、審査内容は異なります。

大家と面接するところもあります。嫌なものです。

昔は大家さんが大変威張っていました。貸してやると言わんばかりの態度でした。
いまは不動産投資をする人がたくさんいて、
アパートが余っている状態なので、厳しい入居審査は少なくなってきたようですが、
入居者は勤めていなければ貸してくれないと思います。

さらに保証人が必要です。
親がなることが多いです。兄弟でも結婚しているとなってもらえない場合もあります。
そんな時は保証会社が入ってくれますが保証料を払わなければなりません

また入居時には、前家賃外の他 敷金が家賃の1か月分以上、不動産会社への手数料1か月分かその半分かかるので
家賃の3か月分以上のお金が入居時にかかります。

権利金は取らない場合も増えてきましたが、
都心の人気があるマンションだとまだ取られると思いますから、
入居時にそれ以上の大金が必要になります。

また掃除代を請求してくる不動産屋もいます。
なんで掃除代を取るのかわかりませんから、不信に思ったら確認した方がいいです。

敷金の返金についてもきちんと確認が必要です。
家財があれば、引越業者への支払いも出てきます。
若い独身なら家財も少ないのでレンタカー(軽トラ)を借りて自分で引越できると思います。
私たちは引越業者を頼まないで自分たちで引越していました。
女の人は父親や兄弟、男の友人に手つだってもらっていた人もいるようでした。

・アパートを出る時にも お金を請求されることもある。敷金問題

入居の時は、入居審査、保証人が必要ですが、出る時もたくさんのお金を請求されることもあります。

クロスを汚した というのがよく言われます。
数年間も借りていたら仕方がないと思いますが、通常の利用で古くなるのは自然のことです。

そう言うことに関しては、借家人の費用弁済は問われないと思うのですが、
クロスの貼り替え代、何かの修理代や掃除代を請求してくる不動産屋もいます。

敷金と相殺されても、全然足りずにもっと請求してくる不動産屋もいます。
借家人の使用が極端に悪い場合等は、自分で修理する必要も出てきます。

退去時の不動産トラブル、敷金の返金トラブルに関しては、
専門家や行政に相談するといいと思います。
あるプレハブメーカーの集合住宅はデザインもよくていいのですが、
退去時に多額の修繕費を取られることがよくあるようです。

「次の人にきれいに住んで欲しいから仕方がないでしょう。あなたが使ったんだから元のようにきれいにしてください。」と言われますが、

「そういう自然損耗も考えて家賃計算しているのでしょう。
そいうことも家賃に入っているのではないでしょうか?」
という反論もできるかもしれません。

入居時に出る時のことも確認して、信頼がおけそうな不動産屋に仲介してもらうべきです。
その為にも負い目がないようにきちんとしたアパート生活が必要です。

転職して都会のアパート暮らしをする、と今までとは違う難しい法律問題や生活資金の問題、
転職の難しさを思い知ることとなります。

スポンサードリンク

【都会に引越する前に生活費、給与などのお金のことを考えておく】

・生活する為のお金のことをしっかりと理解しておく

田舎に仕事がないから都心で働く、と簡単に考えてはいけないこともあります。

仕事探しや転職で都会に出る場合、
都心での生活のことをよく考えてから行動するべきです。

生活する為にはかかる費用があります。
家賃、食費、水道光熱費、衣服費、その他の出費を考えなければいけません。

住宅費は(アパート代は)給与の三分の一以下でなければといいますが、
少ないほどいいのは当たり前で、もっと少なく四分の一以下に、食費は単身で6万円程度はかかってしまうと考えていた方がいいかも知れません。
水道光熱費だって1万円位すると思います。

昔は風呂なし、共同便所の四畳半アパートで家賃月1万円から1万5千円!
という物件もありましたが、今はそんな古いアパートはない と思います。
みんな風呂付のアパートです。銭湯が随分なくなりました。

風呂付のアパートは駅から遠くても5万円位はかかるのではないでしょうか。
地方都市ならもっと安い物件もあると思いますが、
地方都市だと車両が必要になりますからお金がまた掛かります。

ネットで調べられますから 就職地の家賃がどのくらいかかるか調べるといいと思います。

土地の値段は地方によってかなり違いますが、アパート代がそんなに変わらないようです。
もちろん東京などの大都会は家賃も大変高いです。


・転職で都会に引越を考えている場合のアドバイス

転職に関して

予想される生活費と貯金予定額以上の、給与がもらえること。
悪い会社でないことの確認(ブラック企業でないことの確認をする)
絶対に2年以上仕事を辞めない決意、
毎月貯蓄ができ、ボーナスは全額貯蓄するようにしっかりと収支計画を立てる

そういう決意をして 都会で働くことを考えるべきです。

都会に転職をする場合、一生都会で暮らすつもりか
いずれ田舎に帰ってくるつもりかも考えて行動すべきです。

お金を貯めたり楽な生活を考えるなら、遠くの大都会で仕事を探すより、
自宅から少し離れたところに地方都市があるなら、そちらで仕事を見つけた方がいいと思います。

地元に戻りたくなったり田舎に帰りたくなることもあります
そんなに遠くなければ旅費も安く土日に実家に帰ることもできます。

無理してでも通えるなら仕事に慣れれば通えることもあるし、
仕事に慣れてくればなんらかのいい方法が出てくると思います。
遠い大都会の生活は田舎者には合わないことも多いと思います。

周りの年配の人に聞いてみるとわかりますが、
以前若い時は大都会で働いたという人が周りにいると思います。
都会暮らしが合っていたらそのまま住んでいたはずです。
田舎に戻ってきたということは、こちらの生活の方が良かったからかもしれません。

スポンサードリンク

関連記事 ≫ 就職、転職、進学で引越する時。2月3月は引越手続きが大混雑

転職時、給与も寮も話が違う。引越して来たのですぐに辞められない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加