1日で辞めたり試用期間で辞めたりしたので給与は取りに行けない

1日勤めてみたらこの仕事は自分には続けられそうにないと判断する仕事があります。1日で嫌になる会社もあります。 たった1日、しかも試用期間ですが、働いたのです。その1日分の給与を親は取りに行けと言いますが私は請求できませんでした。

音楽大学を卒業したピアノ講師の仕事や就職事情とピアノ教室の開業

音楽大学を卒業した若い女性、奥さんや男の人に仕事の話を聞いたことがあります。 音楽大学を出ると楽器や音楽に関する仕事に就くようですが、給与が低い場合もあるようでした。 ピアノ教室を開いた人もいました。音楽の仕事も色々な事情があるようです。

面接は問合せの電話をした時から始まっている。電話でのマナーに注意

求人雑誌などを見てこの会社に就職しようかと思って、 面接の日時を聞いてみようとか、知りたいことを聞いてみようかと、会社に問い合わせの電話をすることがあります。 問合せの電話でも面接する時と同じ気持ちで電話する方がいいと思います。

学生時代の思い出に観光地やリゾート地でする楽しいバイト経験談

学生の春休みや夏休みの時期に観光地のような遊び場で働くと 楽しみながらアルバイトができていい思い出になるし 、社会勉強の経験もできます。 同じような年頃の人達も多いので、友人もできるでしょう。 若いアルバイターもリゾート地で住む込みで働いてみると道が開けるかもしれません。

4月は人事異動が多い時期、出世や栄転、左遷先で働いている人達

人事異動により出世したり栄転したり左遷されたりすることもあります。 栄転する人はいいですが、左遷されることは辛いと思います。 私は左遷よりもさら悲しいアルバイト人生を長くやっていました。 バイトより下の身分はありません。ボーナスも保障もありませんでした。

仕事や事業や出張時に使う営業車、貨物自動車について考える。

仕事をする場合に車は使います。顧客先に行くにも、配達をするにも、 日常生活にだって使います。仕事で使う車も値段は高いですから、慎重に選びたいです。 買う前にレンタカーを利用してみるといいです。また出張時にもレンタカーは便利です。

看護師は怖くて強くてすごく稼ぐ。(病院の規模による仕事内容)

知合いの奥さん達に看護婦さんがたくさんいます。いい人も悪い人もいます。 看護師は働く病院の規模で働き方や給与がかなり違うようです。 もと不良の看護師も結構いてこんな人が看護師やっていていいのかという人もいれば、 本当にやさしくて親切な看護婦さんもいます。

何もできないが起業したい。人を動かす力があれば事業はできる。

自分は何もできないが起業したいと思う人もいると思います。 自分では料理もできないし、作成する技術がなくても それで会社を始めたい場合もあると思います。 できる人に協力してもらえば起業できます。 また教えてもらえれば、できる仕事もあるかもしれません。

色々な事情による転勤・転職。お金の為、生活の為、閉店の為の転職

みなさん様々な事情で単身赴任で転勤したり、仕事替えをしたりしています。 不況が原因で支社閉鎖などによる勤務地変更や勤めていたお店が閉店する為に仕事替えをすることになる場合もあるようです。 転勤や転職など精神的な苦労もありますがみんな頑張って働いています。

老後が心配。働かなくても稼ぐ人のよくある資産運用とずる賢い金持ち

働かなくてもお金がある人はたくさんいます。 多額の年金がもらえている人もいいですが、それ以外にお金がある人は資産運用も若い時からしっかりとしているようです。 事業で稼いでいる人達もいます。自分はどうしたら安心した老後が迎えられるか不安になっています。

4月入社後に即転職。辞める人、帰郷する人、復学する人、失恋した人

4月に入社してすぐに辞める人、仕事替えを考える人、復学する人、田舎が恋しくなる人、 田舎に置いてきた交際相手のことで頭がいっぱいな人色々な人がいます。 寂しい別れもあれば、期待通りでない仕事でがっかりする人も、くやしさをばねに頑張る人もいました。

生保レディーはしつこいので嫌われる仕事では?(生保の営業方法)

保険の営業の人は、4月は新社会人から契約を取ろうとしたり、担当の会社の従業員に紹介を頼んだり、 既存の契約者には見直しをしつこく迫って頑張って営業しています。 契約を取らないといけない仕事なので大変ですが、長く勤めている人はどういう営業方法をしていてどんな考えでいる人なのでしょうか?

自分さえよければそれでいい!人の仕事を盗み取る為に近寄る女性

人柄のいい男の人に近づいていって、 その人の仕事のやり方、 知識を盗み見ようとしいているように見える女性がいました。 自分さえよければ他人のことはどうでもいいかのように、その人にへばり付いて時間を取らせていました。 それを情熱と取ら得るべきでしょうか?

error: Content is protected !!